住宅ローンのお話 

住宅ローンは、ご家族の人生を守る財産です 

奈良県で、住宅を建てる中で、私自身、再認識したことは、

「住宅ローンは、ご家族を守る財産」だったことです。

DS074_L.jpg

ローンは、リスクではありません。

逆に言いますと、ご理解いただき易いのですが、

 

一生、賃貸住宅に住み続けることを考えます。

もし、旦那様が不幸にも亡くなった場合、残された奥様やお子様は、

毎月、今までどうりに月末に多額の家賃を支払わなければなりません。

DS110_L.jpg

当然、家賃を支払わなければ、生活の拠点の家に住み続けることはできません。

 

住宅のオーナーとなり、住宅ローンを抱えた場合は、

「団体信用生命保険」と言いまして、契約者である旦那様が不幸にも亡くなった場合は、

その生命保険で、住宅ローンの残債を払い、その後は家のローンを払う必要は

なくなります。 もう、家賃を払う必要もありません。

旦那様は、無意識でも、残されたご家族様に、生活の拠点の家を残せます。

 

よく、住宅は賃貸か、所有かと比較論をされますが、目先の損得ではなく、

その人生のリスクの回避に着目しますと、決定的な違いがあります。

 

でも、その住宅ローンは、身の丈に合ったものにしましょう。

ローンが通るからといって、過大な返済を抱えますと、家の為に重い人生になります。

 

価格の価値と、設計事務所の安心のご満足は、ランドマークの提唱する、

「大工さん(工務店)と直接契約の家」がお薦めです。、

<工務店との直接契約は、安心できるランドマークへ>



住宅ローンの手続きの流れ 

住宅ローンは、みなさま、はじめて経験する手続きで、ご不安も多いものです。

ランドマークは、新築、増築、改築にあたりまして、その手続きの代行をします。

(複数の金融機関との提携会社になっています)

 

まず、建物計画が決まりますと、その資金の裏付けが建築工事請負契約に必要です

ので、弊社が、家の企画書を銀行に持ち込み、審査を依頼します。

CH084_L.jpg(1)「融資事前審査」です。

事前審査はすぐに結果が出ます。

通常は、1週間以内と言いながら、早い場合は、翌日には結果が出ます。

 

事前審査は1社である必要はなく、仮に借りる場合は、可能かどうかの審査で、

この際に、個人信用情報も審査していただきます。

事前審査がとおりますと、家づくりの資金が確認できたことを受け、

工事請負契約や設計監理契約を交わしていただくことになります。

次にすることは、

 

(2)「融資本申込」です。

融資本申込は、実際にローン資金を受けるために、その具体的な金額や、時期を决め、

申込をするものです。

 

建て替えのように、建物が完成してから、一括して融資を受ける場合もあれば、

分譲地(更地)を買ってから新築する場合は、まず、その住宅用地を買う資金が必要で、

全体の住宅ローンの一部の、土地融資を受けます。

 

また、工事途中の資金の融資も必要です。

着工時金 → 上棟時金 → 完成時の全額の支払、という資金のために、

「繋ぎ融資」という融資を受けて、その支払をされることになります。

CH079_L.jpg(1)事前審査、(2)本申込の結果は、銀行から連絡が弊社にありますので、お客様に

弊社からご連絡しますので、

お客様は、順を追い、ご安心して、手続きをお進めいただけます。

<奈良県で、ご安心の家づくりは、新築・一戸建て・注文住宅のランドマークへ>



融資審査の概要 

奈良県で、いろいろな金融機関の融資審査申込業務をするランドマークです。

その融資の際の審査の概要が、各社若干違いながら、概ね次のようなものになります。

DL080_L.jpg

審査は、

(1)返済比率

(2)カードローン等の他の債務の状況や返済履歴

(3)担保評価

が主なものになりますが、 

 

この際に、

(A)返済能力   毎月の返済額と年収の関係(=返済比率)や年収の安定度

(B)性 格     お金を借りたことがあるか、借りたお金をきっちり返せてるか、

            消費者金融やクレジットでキャッシングした際に、延滞等の事故を

            起こしていないか、個人信用情報で調査します。

(C)資 産     購入する物件の担保評価

このような項目の審査をします。

DL120_L.jpg事前審査の必要書類は、

(あ)本人確認書類

(い)源泉徴収票(写)

(う)健康保険証(写)

(え)自営業者は、確定申告書

などとなります。

 

お客様が、余裕をもって返済ができるかどうか、

もし、返済をしていただかなかった場合の、保全のことを審査するものです。

<家の銀行融資の手続きは、安心して、ランドマークにお任せ下さい>



返済比率など 

住宅ローンには、様々な審査基準があります。

まず、始めに、

 

(1)返済比率

 返済比率とは、「年収」に対する、年間返済額の割合ですが、

 自動車ローン、クレジットカードのキャッシング枠、リボ払い枠、カードローン枠など、

 その他の返済があれば、その金額を合算し、住宅ローンが大きく減額される場合が

 あります。 

 そのような、各種ローンの返済額と年収との割合(%)です。

 

 返済比率の審査基準は、各銀行で異なるようですが、「フラット35」では、

 次のとおりです。

 年収  400万円未満は → 30%以下

     400万円以上は → 35%以下

 となり、400万円が節目になり、400万円以上の年収の方は、それ未満の方より

 とてもに有利になります。

CH049_L.jpg(2)審査金利

 各銀行により、審査金利が異なりますが、上記の「返済比率」を計算する場合に、

 計算する金利は、融資の金利ではありません。

 最近は0.7%台の低金利ですが、返済比率を計算する場合は、だいたい3~4%の

 金利で計算します。

 将来、金利上昇しても返済ができるか審査するので、理にかなっています。

 ただし、住宅支援機構のフラット35など、全期間固定金利の金融期間では、実際の金利

 で計算しますので、現在の低金利では変動金利より、固定金利の方が、融資総額に有利に

 なるものと考えられます。

DL057_L.jpg

<住宅ローンについてのご質問は、ランドマークにお寄せ下さい>



担保掛目など 

住宅ローン融資する場合に、金融機関は、その土地と建物に第1順位の抵当権を設定

(登記)します。

万一、お客様が返済していただけない状況になった際に、その物件を売って、住宅ローンの

残債を回収するためです。

DZ158_L.jpgしかし、売却しても、貸したお金の返済の残金(残債)が全額回収できるとは限りません。

<奈良での、住まいの建築は、ランドマークへご相談下さい>

今は、全額融資の商品はありますが、貸し手の銀行としては、リスクを考慮すると、できる

限り全額の融資にはしたくないものです。

そこで、担保掛目という考え方が発生します。

「物件評価の80%しか融資しない」、「90%しか融資しない」住宅ローンができます。

この80%、90%が担保掛目です。

残りは自己資金が必要になります。

CH013_L.jpgフラット35は、90%が限度ですが、残り10%を含む100%融資を希望する場合は、

その10%分は、金利の高いノンバンクの融資になる例があります。

別な味方をすると、銀行にとって、全額を借りる方より、現金を一部でもお持ちの方の

ほうが、貸し手として、審査上は安心とも考えられます。

<奈良県で、注文住宅を新築・改築される場合は、ランドマークへご相談下さい>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン