所長 森下のひとりごとブログ 

新仕様の一つとして、検討のシラス壁 

奈良県で、家づくりをするランドマークです。

 

家の1階床に「桧」などの天然木材をオプションとしてお薦めしていますが、

それは、人と共存していた樹木ですから、人と樹木とは親和性が高いはずで、

ご家族の健康を考える上で、滞在時間の長いリビングには検討したいものです。

 

次に、その観点から、前々から気になってましたのが、火山灰のシラスです。

太古の昔から、同じ地球にあって、火山と人とは共存してきました。

このたび、高千穂の火山灰であるシラスを建材に開発された、高千穂シラス(株)の

原料の採取場所や、工場の生産過程を確認したく、九州山田工場に出張しました。

 

鹿児島空港に日帰りで行きますので、早朝の関西空港発の便になり、

例によって、夜半に、貝塚の清児の湯につかり、体を休めて、強行軍に備えます。

IMG_8822.JPG

そして、十分に休息して、関西空港へ。・・・・連絡橋に入ります。

IMG_8831.JPG

往路は、眼下に四国の山々を見たく、右側の席をとりました。

IMG_8855.JPG

今日は、やや雲が多いようですが、

IMG_8858.JPG

高千穂連峰もしっかり見えて、天候に心配はないようです。

IMG_8878.JPG

鹿児島空港からは、一番快適で経済的なのは、レンタカーの利用です。

IMG_9151.JPG

九州山田工場は、高千穂とはいえ、鹿児島県でなく、宮崎県になります。

IMG_8955.JPG

ところで、高千穂シラス社の方に、まず案内されたのが牧場です。

昔から、牧場経営者は、なんとなく「シラス」台地で、さらに牧場にシラスを撒いて

きたとのことですが、それは、シラスがにおいを強力に吸う効果があることを

経験的に知っていたかららしいのです。

IMG_8896.JPG

その証として、見せられたのが、この実験キット。

強烈なアンモニアを含む綿を、片方にはシラスを入れた瓶での比較です。

不思議なくらい、シラスを入れた便には、アンモニア臭がしないのです。

IMG_9076.JPG

いきなり、その消臭効果を見せつけられましたが、

まず、採取場所から順に見ていくことに。

 

シラスは、この地の人々には厄介ものでした。

使い道がないのに、雨になると、崩れて処分するにも広大な地面を覆い、

非力な人には悩ましいもの以外の、何者でもないとのことです。

IMG_8887.JPG

それが、今や、シラス壁の材料になるのです。

<一般的ではなく、高千穂シラス社が製品化したものに限りです。>

上は、外壁用の分厚い「そとん壁」ですが、私のお目当てはそれではありません。

IMG_8918.JPG

IMG_8919.JPG

この内装用の「薩摩中霧島壁」や「中霧島壁ライト」です。

普通に、内装に使え、私どものランドマークの家に使いやすいものです。

t-shirasu.JPG

火山灰の特徴のその多孔質で、においや湿気を強力に吸うもので、

内装用の薄い壁、「中霧島壁」というシラス壁は、一般の家に最適です。

高千穂峰イメージ.JPG

この霧島山の天然の恵みとも言えます。

アンモニア消臭.JPG

ホルムアルデヒド消臭.jpg

 

アセトアルデヒド消臭.JPG

メチルメルカプタン消臭.JPG

アンモニアなど、人間の生体から発生したり、食べ物などの臭いなどを

劇的に吸収します・・・・先ほど見せられた、消臭体験キットでもよくわかります。

IMG_9104.JPG

さらに、私が一番気に入ったのが、そのローテクぶり。

採掘して、粉砕したシラスの乾燥は、農業用のプラスチックハウスの中で天日干し。

時々、トラクターで撹拌して数日間乾かすだけ。

IMG_9059.JPG

それを近くの農家がほかの材料と混ぜて、

IMG_9144.JPG

本社工場に持ち込み、顔料を添加して、色合いを出し、袋詰めするだけです。

近傍の農家の副業にも貢献して、ローテクなのは、心地よくほほえましく見え

ます。

IMG_8974.JPG

その、シラスをふんだんに使った「シラス洞窟の家」も見学することに。

IMG_9041.JPG

壁。天井にこれでもかと、シラスを使った家ですが、

調湿(吸湿)効果を肌で感じます。

ここまで、使わなくても、私たちの一般の家のリビングには使いたいものです。

10年前の家でも、食事後の臭いの吸収効果は落ちないようです。

 

天然のローテク素材は良いところばかりではありません。

左官屋さんには、乾燥が早く、塗りにくいものらしいのです。

 

それが、ある意味、良いところなんですね。

あまり、化学薬品で加工せずに、使いずらいが、人に優しい素材と言えます。

IMG_9058.JPG

今日、貴重な一日を割いていただいた、高千穂シラス(株)の山口さん。

ありがとうございました。

IMG_9152.JPG

とても、豊かな気持ちになり、帰途につきます。

いつもここに来るたびに思うのですが、宮崎から鹿児島へのこの高原の道は

快適なドライブをさせてくれます。

<奈良県の注文住宅は、ランドマークにご相談ください>

 



ライトの正規シリアルナンバーの家 橿原市K様邸 

奈良県橿原市で、家づくりをするランドマークで、

工務店直接契約の価格と、設計事務所の安心をお届けする家が、

次々と完成しています。

 

さらに、ランドマークでは、世界的な権威 「フランク・ロイドライト」 の

遺した財団、フランク・ロイド・ライト財団の正規シリアルナンバー付きの家を

建てることもできます。

 

契約に基づき、その指導を受けながら、建築士の森下の想いを入れて、

「ライトが今の日本にいたら・・」 というコンセプトで、設計・監理してます。

IMG_8813.JPG

ライトの住宅の代表作で、米国人が最も好きな家との声がある、「落水荘」

その家を日本に企画された展示場が、名古屋市の八事のメーテレ展示場内に

あります。

_Q0Y6861修正.JPG

_Q0Y7334修正.JPG

<ライトの家づくりを展開するロイヤルウッド社の展示場になります>

 

このたび、橿原市で、K様邸ができました。

ライトの落水荘の伸びやかな水平線のバルコニーなどを配した家です。

17111501.JPG

そもそも、日本と異なり、米国や欧州は、住宅や建築は科学の分野でなく、

文化の領域とされてるようです。

この橿原市の旧家の並ぶ街並みにもなじむ家は、

建った時に最高の現在の日本の家と異なり、米国の家のように、

味わいがあり、年輪を造りだす住み心地の良い住宅にもなります。

1025_ランドマーク建築事務所_002.JPG

バルコニーの前面には、柔らかい日差しの入る、ガラス屋根があります。

ライトの作品の、旧帝國ホテルにも、このデザイン要素があります。

_OSG5520.JPG

_OSG5529.JPG

_OSG5509.JPG

長――――く、続くこのバルコニーは、その水平線のデザインから、

落水荘の趣きそのものです。

_OSG5674.JPG

室内は、家族が集う吹抜けのリビングが、間取りの中核になります。

「奥様が中心の家」 、ランドマークの森下の家づくりの基本です。

_OSG5748.JPG

2階まで続き、居間の周囲にある廊下・階段にはガラスのような透明の手すり。

壁には、蔵書の一部を収納する書棚があり、レンガタイルの壁とともにデザインの

要素になってます。

_OSG5334.JPG

このリビングに続くトレーニングルームにも、ライトデッキという間接照明があり、

天井まである、ランドマークのこだわりたい窓とあいまって、とても明るい快適空間

になります。

1025_ランドマーク建築事務所_023.JPG

_OSG5347.JPG

続く和室は、モダン和風で入り口の廊下床は、石貼りになりますが、この床は

施主様のK様のご希望です。・・・・注文住宅ですからね。

1025_ランドマーク建築事務所_028.JPG

この居間がご家族様が集う中心になり、この大きな吹抜けを中心に、

寝室を配してます。

_OSG5415.JPG

雨天時には、軒の出の大きなバルコニーがお薦めですが、室内干し用の部屋も

忘れてはいません。

_OSG5443.JPG

_OSG5496.JPG

大きなウォークイン・クローゼットと一体の寝室からは、

吹き抜けの居間を見下ろせる窓があり、

家族の息遣いが聞こえるようになっています。

_OSG5858.JPG

2~3階の書庫は細長い部屋ですが、書棚の壁面を多くとる意図です。

_OSG5885.JPG

その3階バルコニーには、太陽光発電設備があり、蓄電池も併設し、

もしもの際に、電気が使える設備になっていてます。

 

売電をしますが、そもそもの目的は売電ではありません。

私の計算では、太陽光発電設備は、儲ける目的では、成り立たないものと

考えています。

 

さらに、この家には、全館冷暖房設備があり、冷暖房のエアコンがありますが、

冬季には、土壌蓄熱暖房として、基礎の下(地球)に、暖房電気パネルを設置して

いて、よくある、暖房はしてるものの、肝心な早朝の寒い洗面所や便所のような

部屋は存在しなく、まさに「全館冷暖房」になります。

_OSG6034.JPG

電動アルミシャッターには、外が見えて、中が見えない仕組みがあり、

「採風」構造になります。

夏場は、窓を閉めて、自然の風が通り抜ける健康の家になります。

 

地震の加速度を半減する減震金物など、ランドマークがお客様に代わり、

予め選定した、価格と性能の良い、バランスに優れた家になります。

17111505.JPG

17111506.JPG

米国のフランク・ロイド・ライト財団由来ののシリアルナンバーは、

このオーナーズプレートにこの家独自の番号として刻印されています。

ライトの家が好きな方は、建築士にも多く、一般の方にも多いのですが、

正統な契約で、シリアルナンバーを付した家が設計・工事できるのは、

当地ではランドマークだけになります。

 

ライトの家も、和風の家も、あらゆる建物のご相談をお受けしています。

 

価格と安心の価値のある家は、建築士の会社の家との想いで。

<奈良県の快適な住まい、注文住宅はご相談ください>



各種建材メーカーとの打ち合わせ:標準仕様の検討 

奈良県で、最も価格と安心の価値のある家づくりを目指すランドマークです。

 

家づくりの初歩は、

家づくりを思いたってから、今までに扱ったことなのい大きなお金をかけ、

新たな住まいにワクワクする希望を持ちながら、

人生をかけ、不安とたち向かうことになります。

DR021_L.JPGネットには、様々な情報があります。

耐震工法、高気密、高断熱、自然素材、激安・・・・・・・・など。

DS054_L.jpg

私たちは、建てた家に理由を付けなければなりません。

何故この家を選んだのか、人生をかけて。

 

健康に良い家、使い勝手の良い間取り、地震対策に大金をかけるなど・・・・・・・・

 

私は、建築士として、バランスの良い家づくりを心掛けています。

例えば、弊社の社用車の軽自動車、

性能が良いと言って、この車に2000ccのエンジンを載せるでしょうか、

スピードの出し過ぎに備えて、180キロで作動する、速度のリミッターは

安全のために必要でしょうか。

DR035_L.JPG

悩みは多いですね。

家については、いろいろな、素晴らしい情報があります。

その部分を切り取ると。

 

弊社は、バランスの良い家をご提供しています。

例えば耐震工法。どんどん、性能を上げると家は倒れにくくなりますが、

私の経験した地震を見ましても、さすがに最近の家は、倒れていないものが

多いですが、内部は、家具が倒れて、ガラスは割れて、冷蔵庫は吹き飛び、

この中の人、赤ちゃんやお母さんはおケガがはなかったのか、心配になります。

IMG_6582.JPG

私のお薦めは、特許減震ベース工法。

建物に受ける地震の加速度を半減させて、壊滅的な地震の加速度を抑えます。

これにより、建物内部の人にダメージを与える家具の転倒などを防ぎますが、

価格が安いのも特徴です。

(特許減震ベースを使えるのは、当地では、その契約より当社だけになります)

 

さらに、「免震工法」のSG工法もありますが、少しの価格差で、熊本などの大地震

でも、ほとんど揺れなかった家ができます。

巷には、高価な免震工法があふれていますが、高いお金をかけることにより、

安心感を得ることは、感心できません。

 

耐震工法で様々な情報や商品、住宅があふれていますが、

ランドマークごおすすめは、その中で、建築主にとって一番良い、

「バランスの良い家」です。

 

耐震工法で、かえって人に深刻なダメージを与える懸念があります。

また、その耐震工法も、構造や原理を見ますと、技術者として、納得できないものが

本当に多くあります。会社の大小にかかわらず。

 

そこで、ランドマークは、「バランスの良い家」を、施主様に代わり、選別して、

ランドマークの家として、ご提供しています。

 

このことで、日々アンテナを張り、新工法や新素材を採用するか、

お客様に代わり、最適な家づくりを検討しています。・・・・「バランスの良い家」

 

この日は、キッチンなどのメーカーの一つLIXIL社の上田様と標準仕様の

2タイプについて打合せをしました。

IMG_8165.JPG

メーカーの売りたい情報を入れた、新仕様の検討です。

しかし、そのまま採用になるか、他社になるか未定ですが、真剣に検討です。

 

また、この日は、クロスのパインブルのトキワ産業の上入佐様が来店され、

価格と性能の価値の高い新商品や、家づくりの提案の説明を受けました。

IMG_8584.JPG

一考に値はします。

 

さらに、この日は、断熱工法について、東邦レオの松井様が来店され、

特にRC構造のリフォームに最適の、高性能の断熱兼外装工法の商品の説明を

いただきました。

採用かどうかは、私なりに検討の課題です。

  IMG_8748.JPG

ネットには、多くの情報があふれていますが、

建築技術者でも、自身の家でも、バランスの良い家づくりは難しいものです。

 

ランドマークの家は、 「売る家」 でなく、ご一緒の 「建てる家」 を念頭に活動して

います。

 

建売でなく、注文住宅ですから、工事中の家の内部を見れます。

ランドマークの森下の言っていたことが本当なのか・・・・工事は安心か・・・・。

_DSC0107.JPG

家づくりは、人生をかけた大仕事です。

建築士として、貢献できる立場に感謝して、

バランスの良い家を企画して、日々、進化すべく、

各種メーカーとの協議のアンテナは張り続けています。

メーカーの営業のご来社は大歓迎です。

 

採用は、そのごく一部になり、なかなか採用しないのには心が痛みますが。

「施主様に代わり」、バランスの良い家を選択し、企画しています。



大淀町のO様の基礎工事が進んでいます。 

奈良県吉野郡大淀町で注文住宅の家づくりをするランドマークですが、

O様の基礎工事が順調に進んでいます。

IMG_8618.JPG

敷地の一次造成工事が完成し、続いて、基礎工事に入っています。

IMG_8617.JPG

駐車場の段差に対する擁壁が出来て、施工の土木業者からは、

「出来形写真」の報告書が届き、設計図どうりに施工できていることが確認

できています。

擁壁の位置も、光波測量により、ミリ単位の精度で施工できています。

IMG_8629.JPG

敷地上部の雨水は、最終桝のある駐車場部分に向けて、

大きな段差に対する雨水桝をあらかじめ設けています。

後からでは出来ません。

IMG_8620.JPG

地盤調査の結果、地盤の表面まで、固い地層になっていましたので、

河川の近くのような、杭などの地盤補強は必要ありません。

IMG_8626.JPG

基礎(建物)内部の湿気を防止する、防湿シートを一面に、入念に敷き詰めて

います。

木造の建物は、湿気が大敵ですが、乾燥状態を維持できますと、

シロアリが生息できませんし、木の腐食もせず、耐久性は半永久的になります。

IMG_8628.JPG

この住宅団地は、元々、斜面だったところを開発造成工事したものですが、

このような地形の場合は、切土でできた宅地と、盛り土でできた宅地が混在

します。

この土地は、地盤補強の必要の無い固い地盤であったことから、切土

であったものと思慮されます。

IMG_8631.JPG

工事に先立ち、色決めや設備の打合せを完了しましたが、

ガスを採用するものの、ガスの使用量が極端に少ない、経済的で

先進的な設備を設置予定です。

おそらく、この団地で、最初ではないかと思われます。

 

この、整然とした、美しい環境の中で、また新しく1軒の注文住宅の家ができます。

<工務店直接契約の家は、設計事務所のランドマークだからこそ>



橿原市のK様、竣工の写真撮影です。 

奈良県橿原市で家づくりをするランドマークです。

K様の家の外部が完成しましたので、プロの写真家に竣工写真を依頼しました。

竣工写真は、工事工程により、内部と外部の2回に分けて撮影しています。

_Q0Y6861修正.JPG

巨匠、フランク・ロイド・ライトの正規ライセンスの家、アザレアを橿原市で

実現しました。

(写真は、名古屋の高級住宅街の八事展示場です)

プレート_01.JPG

ランドマークで、ライトの家をご建築していただきますと、

米国タリアセンのフランク・ロイド・ライト財団の正規ライセンスにより、

そのシリアルナンバーを授与されたオーナーズプレートと、その認定書を

ご進呈させていただきます。

0123_01.JPG

この伝統的な、街並みにも馴染む家は、ライトの「落水荘」の雰囲気で、

玄関は、博物館明治村に保存のライトの作品である、旧帝國ホテルの玄関の

雰囲気をモチーフのデザインにしています。

 

今日は、2回目の撮影で、プロのカメラマンが、奮闘中です。

_OSG5504.JPG

_OSG5522.JPG

この家の2階には、落水荘のような、長ーいバルコニーがあり、その先には、

_OSG5539.JPG

雨に濡れることのない、深い軒の部分があり、ファサードのデザインの要素に

なっています。

_OSG5679.JPG

内部には、大きな吹き抜けの居間があり、

_OSG5719.JPG

ガラスのような、透明の手すり壁が、家族の集まる伸びやかな空間を演出

しています。

_OSG5415.JPG

室内のサンルームには、物干し専用の金物を設置しています。

_OSG5331.JPG

体力を維持するためのトレーニングルームの先には、

_OSG5347.JPG

和室に続く、石貼りの廊下があります。

様々な、その造りは、ランドマークのデザインだけでなく、

お施主様のご提案・ご要望を実現したものです。

 

注文住宅を、一級建築士が直接に打ち合わせをし、ご希望を創りあげる、

ランドマークの家が、また一つ、この奈良の地にできました。

IMG_8572.JPG

 



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン