所長 森下のひとりごとブログ 

感性豊かな、奈良市のM様、おしゃれな住環境の中で家づくり 

感性豊かなM様の家づくりは、

IMG_4939.JPG

おしゃれなレストランや公園の街並みの中で

計画が進められました。

IMG_4934.JPG家づくりは、まず、住環境の選定からで、

建築士の私との、住まい方の想いの共有からになります。

_KIT3677.JPG

この風致地区に、ランドマークの優美なデザインの家が、また一つ。

_A2C7117.JPG

この風致地区の意匠・形態の規制をクリアしたのは当然ですが、

大きな屋根、深い軒、屋根まである大きな連窓は、

住まうことを楽しむことのできるM様との打合せを重ねた作品。

_KIT3732.JPG

ご家族の長く滞在するLDKには、天井まである、伸びやかな窓が

外部空間との一体性を生みだし、中心には奥様の居場所があり、

心地良い団欒の場を確保しています。

_KIT3754.JPG ブラインドは、家づくりの重要な要素で、

_A2C7133.JPG間接照明のライトデッキとの組み合わせも、M様が良く検討されました。

_KIT5773.JPG 小上がりのタタミで、ベッドがない布団でくつろげるようになってます。

_KIT5791.JPG深いバルコニーの屋根は、洗濯物が雨に濡れないもので、

_KIT5614.JPG大きな風呂の窓もランドマークのこだわり。

  _KIT5651.JPG正座をした高さに合わせた窓など、M様と繰り返し、丁寧に打合せた成果が

満載の家になります。

_KIT3655_0199999.jpg暮しを豊かにする家は、建築士と一緒のオーダーの家で、

ランドマークのこだわりの家そのものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<M様のおことば>

自分達の家を持ちたいと思っても、もちろん予算があります。

色々と自分達なりに調べた結果、現実的に考えて、中古住宅か、建売住宅しか

難しいのかなあと思いながら、インターネット上でランドマークさんを知り、

資料請求させて頂いた事が始まりでした。

予算があっても住みたい地域があり、建てたい家があります。

その両方を叶えて下さる建築士さんと出会えた事が、今の心地良い

生活を現実にしてくれました。

私達の代わりに不動産やローンの事も一生懸命に動いて下さった事が

本当にありがたかったです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ランドマークに、心からの評価をいただき、ありがとうございました。

これからも、メンテナンスなど、末永いお付き合いをと、感謝しています。

ランドマーク 森下弘史



明日香村で、K様の家づくりが始まります。 

奈良県で自由設計の家づくりをするランドマークです。

ランドマークの家は、様々なデザインや、住まい方のプランに対応します。

_Q0Y1271修正.JPG洋風の家もありますが、純和風の家もあります。

_DSC2242.JPG

建築士が直接に打ち合わせをする家ですから、楽しい家族のプランを

ご提案しています。

 

この度、明日香村において、K様の家づくりが始まります。

明日香村は風致地区の規制により、和瓦屋根や塗装の壁など、意匠形態に

村らしい家づくりを求められますが、

その伝統の和風の家づくりを楽しみながらの家を造ることになります。

3ecc1c70b601675321836d348b475e66_l.jpg耳成山や畝傍山が望める歴史的な風土を保存する土地で、

地域と溶け込みながら、明日香村の村民になる、家づくりです。

 

田舎の村ですが、意外と交通至便の村で、

特急や急行が、15分おきに停車し、

a8674431945df1e3ec2d5b42acdd00c9_l.jpg

5e6a87e8fad246949cf070406517c3fc_l.jpg大阪阿部野橋へも、乗り換えなしで50分で行けますので、

ゆったりとした大阪への通勤圏と言えます。

スマホで予約しますと、毎日、特急指定席に着席して通勤が可能です。

9405ef551a6b950a29b6fa16d39b66ea_l.jpg和の街並みに相応しい、

190814外観01.JPG和瓦の屋根の家は、

190814内観02.JPGランドマークの標準でこだわりの大きな、高さ2.2mの窓の外には、

建蔽率の規制の厳しい余裕の庭に、樹木を植えて、陽射しと薫風の抜ける、

癒しの住まいになり、家族が感動を共有することになります。

22fdcc29fd93b4e4c21a7e6ad313bb86_l.jpg

明日香村は、主に関東など、遠くの人々に夢を与えるブランドで、

売り土地が少なく、なかなか希望の住まいができませんが、

土地のご紹介からの家づくりをしていますので、ご相談ください。

村の各種の補助金も魅力です。

<奈良県の豊かな住まいづくりは、ランドマークにご相談ください>



なにわ淀川花火大会。観てきました。 

奈良県で一戸建て住宅を建てるべく奮闘していますが、

今日一日は、花火を観て骨抜きをしたいところです。

  IMG_0786.JPGこういうところを観たいと。

 

弊社の協力会社が、淀川右岸の新北野にありますので、車で向かいました。

聞きますと7時半の打ち上げ2時間前に入らないと歩きでも難しいとのことで、

車を近くに止めるべく、新御堂筋を南方で降りようとしたのですが、

南方の降り口は、既に封鎖済でしたので、新大阪で降ります。

でも、まったく駐車場の空きがなく、探しながら、三国方面でも全くありません。

さらに、176号線を豊中方向へ、やっとのこと、庄内で駐車して、

タクシーで向かいます。約5km。

IMG_0710.JPG

周辺は車が寄れませんので、1km手前から歩くことに。

IMG_07150.JPG

ここは、花火の中央の台船の真正面の特等席になります。

堤防敷の会場は満席。

向いは、大阪駅付近のビルが建ち並ぶ都心部になります。

IMG_0716.JPG

暗くなり、いよいよ、始まりそうです。

下の堤防敷の会場は超満員。着席しますと、ほとんど動けないない状態。

これでも9000円らしい。

IMG_0733.JPGその時がきました、ドッカーン。

IMG_0738.JPG

さらに、ドッカーン。・・・真横になる高さがわかります。

音波が真横から、おなかに響くように。

IMG_0817.JPGまたまた、ドドド、カーン!!!

IMG_0767.JPG小休止を繰り返して、

IMG_0875.JPGバーーーン!!

IMG_0953.JPG台船のあたりでも、じゃらじゃらババ―ン。

IMG_0935.JPG

終わりましたーーーーーー

50分の花火が終了してからが大変なんです。

IMG_0835.JPG

帰れません。

会場の外の堤防の道路もこのように。

 

事前にわかってましたので、1時間半待ってから帰ることに。

IMG_0986.JPG

会場の出口、幅約30メートルでも人の流れが止まって、出られません。

通路では30分以上並んだままです。

(来年からは、会場からは1時間半は、待ってからにしましょう)

IMG_0988.JPG

かく言う私も、このマンションから出たのは1時間半後になりますが、

IMG_1004.JPG阪急十三駅付近も人人人・・・、

IMG_1006.JPGDJポリスも活躍。

帰宅したのは、日付が変わってからになりました。

 

小さいお子さん連れの場合は、たぶん、お子様が爆発音で泣いてしまい、

長く居れないと思いますが、途中で、早々に帰宅されることをお薦めです。

タクシーも来ませんし、歩くのも困難です。

  g02.jpg

体は疲労困憊でしたが、素晴らしいものを見て、気分一新で、爽快。

明日から、また、皆様に喜びと感動を与える家づくりに戻ります。

<奈良県の住宅、工務店直接契約の価格と信頼の価値をお届けします>



銀行の住宅ローンは様々です。 

奈良県で一戸建て住宅を建てるランドマークです。

 

多くのお客様が住宅ローンをご利用されますが、

銀行により、その金利など、様々な特徴があります。

332494.jpg

ランドマークは複数の銀行との提携関係にあります。

この度、その中のX銀行の担当者がご来店いただき、金利の資料を

いただきました。

IMG_0701.JPG

この銀行も、提携関係により、お客様に有利な金利を提供いただいてますが、

今まで、特に低い35年固定の金利がありましたが、9月までで、

さすがにそれは10月からは中止となりました。

・・・低すぎたのです。35年固定で。

IMG_0706.JPG

それ以外では、新たに変動では、今まで見たことのない低い金利を出して

頂けだけるとのことです。

446655.jpg銀行の金利や、各種の特典は生き物のように変化をします。

時事の諸課題や金利動向や、競争で、提携関係や、銀行の担当者とでないと

わからない 情報にあふれています。

ただただ金利が安いことだけが、お客様のお得とは限りません。

お客様それぞれの課題に合わせた銀行融資を含む企画をせていていただけます

ので、家づくりはご相談ください。

<奈良県の一個建て、注文住宅はランドマークにご相談ください>



特許遮熱材を、お薦めしたく、仲間たちの勉強会に 

渋野日向子さん、英国メジャー優勝、おめでとうございます。

(^_-)-☆

201908040000351-w500_3.jpg昨夜は、夜中眠れなく、寝不足でした。

win190805hinakoshibuno.jpg午前3時を回ってましたね。

この順位やスコアが更新されて、リアルタイムで入ってきました。

 

ところで、

寝不足とは言いましたが、この時間は普通に仕事をしています。

パソコンさえあれば、いつでもどこでも、設計や企画の仕事ができます。

 

この前代未聞の快挙に気づいたのは、昨夜の早い時間でした。

まさか、もしかしたらと思いましたが。

果敢に挑んだ12Hのワンオン狙いが成功。

日本人として、勇気づけられますし、明るいのが心を和ませられますね。

 

私がこの時間に起きてるのは、今日だけではありません。

私の能力や経験、人脈、弊社の仕組みをお客様にご提供して、

お喜びいただき、感動と幸せの家を作れる幸運を感謝しています。

ランドマークにしかできない家、幸せ家族に貢献できる家になります。

ただただ安さで売り込む家ではありません。

 

工務店直接契約ができる、一級建築士の会社の、価格や安心の価値をつけて。

外観200.jpg

昼間は、建築関係の役所との協議や、関連メーカーとの協議などをします。

さすがに夜中は関係者とはお会いできません。

 

夜しかないのです。

ゆっくりできるのは。

●ランドマークのお客様の家の課題を解決する設計や関係者への手配

●標準仕様の見直しや商品開発

●お客様の土地さがし

●個別の建物のプランや設計図の作成

●ホームページの更新や、ブログの配信、メールマガジンの追加書き込み

●新商品のデザインの検討

その他もろもろ、すべきことは尽きません。

1日が24時間以上ほしいところです。

 

その一つ、商品開発ですが、

ランドマークの家の特徴の一つが特許遮熱工法。

この、効果的な遮熱工法で、エアコンに依存しない家を当地では弊社だけが

建築できます。

 

今日は、その特許を持つウィンゲート社のお仲間の勉強会に出席のため、

京都に向かいました。

IMG_0599.JPG朝からの会のため、夜中から向かいます。

IMG_0603.JPG京都で宿泊して、京都縦貫道路で、福知山方向へ。

 

この特許遮熱工法の大きな特徴は、断熱でなく、「遮熱」です。

断熱材が発熱するのを理解しますと、遮熱のアルミシートの意味が分かります。

太陽光は熱くない.jpg 実は、太陽光自体は熱くありませんし、熱もありません。 電磁波ですから。

 

気温が暑くなるのは、地上の地面や家などの物体が、電磁波の波動を受けて

発熱するからです。

大人より地面に近いベビーカーの赤ちゃんは大変です。

 

しかし、その太陽光から地面の間の、空の上の飛行機の外側の空気は

ー50℃という酷寒の世界です。

これでも、太陽光は熱いと思いますでしょうか。

断熱材が発熱する.jpgそうです、家が暑いのは、屋根や外壁やその中の断熱材が

太陽光の電磁波で振動して、住宅を熱くするのが原因です。

電磁波の中の電子レンジの内部と同じですね。

遮熱%20と%20断熱 の違い001.jpg断熱で大切なことは、太陽光の電磁波を家の中に入らなせないことです。

 

アルミシートで家の屋根と壁5面すべてを囲う特許遮熱工法が、劇的な効果を

ウレタン遮熱⑬.jpg

発揮するのです。

 

特許遮熱工法は、ほとんどエアコンを必要としませんが、あえて使う場合は、

30坪くらいの家では、2階のエアコン1か所か、1,2階各1か所のエアコンを

回す程度で十分です。

夏は、朝、少しだけ温度を下げますと、昼間はほとんど必要ないかもしれません。

 

ランドマークでは、現在、念のため全館空調の研究をしてはいますが、

結論は、ほとんど必要がないと判断してます。

 

また、遮熱のことについて、後日そのノウハウをUPします。

ご期待ください。

<奈良県の断熱性能の高い家はランドマークにご相談ください>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン