所長 森下のひとりごとブログ 

奈良市のYY様、基礎工事が進んでいます。 

奈良市で注文住宅の家づくりをするランドマークです。

YY様の家の敷地の地盤調査に基づき、建物を支える杭工事を

無事に施工できました。

IMG_6469.JPG

基礎は、外周部が壁用の立ち上がりがある布基礎の一部になり、

内部は、建物の間仕切壁部分の土台を支える基礎梁になりますので、

それぞれの基礎下面に合わせて、杭頭を整えます。

IMG_6470.JPG

それぞれの杭頭の高さが微妙に異なるのが写真でもわかります。

この杭の上にべた基礎の工事を、基礎工事業者で施工します。

IMG_6491.JPG

昔は、基礎は木製の型枠で施工しましたが、今は、メタルフォーム(鋼製)と

なり、接続部を正しく合わせると、きっちりとした精度の高い形状になります。

IMG_6501.JPG

IMG_6502.JPG

基礎の内部は、コンクリートの床版になりますから、昔の家のように、

ムカデや蛇の棲家にはならず、衛生的で、安心です。

また、基礎がこのように乾燥していますと、木の耐久性にも良く、

蟻も生息できません。

IMG_6503.JPG

基礎内部の梁に切れ目が多いのは、床下のメンテナンス用に、

1か所の床下点検口から床下に入ってから、建物の下全体に行けるように

する為です。

IMG_6496.JPG

外周の道路は、水平でなく、敷地との高低差が発生しますが、

外構造園工事の際の対応は計画済で、今日は、その寸法の確認の為にも

1次造成工事の観点で、現地確認をしました。

IMG_4963.JPG

このYY様の基礎には、特許「減震ベース」を施工する準備をしています。

この減震ベースとは、小さな地震には作動しませんが、

阪神大震災級の大型地震が来た際に、

例えば、800GALの地震加速度を、300~400GALに減震するもので、

建物はもとより、内部の人を守るものになります。

IMG_4964.JPG

建物が残っても、内部が壊滅的に壊れたり、家具が吹き飛びますと、

ご家族様の生命が危険にさらされます。

 

ランドマークの家は、地味ながら、建物と、中の人命を守る

優しく強力な家になっています。



ランドマークがお届けできる、家づくりの魅力 

奈良県で、工務店直接契約の家づくりをするランドマークです。

_DSC8747.JPG

ランドマークは、ほかにない仕組みで、お客様にその価値を提供しています。

その価値は、次の数々の特徴からになります。

<A>工務店に直接に契約できる価格と安心の価値。

    工務店に工事を依頼するのは、とても難しいことです。

    皆さん、街の工務店の看板をくぐって、数千万円の家づくりを依頼できますか?

    施工実績や、店の信頼性、施工能力、有資格者の有無など。

 

    ランドマークでも、多くの工務店の中から、ご紹介できる大工さんは本当に限ら

    れています。

    今までの工務店の工事内容、打合せの能力、対応・・・・・・

    取引停止をした工務店も多くあります。

 

    工務店との直接契約の価格と安心の価値をお届けできるのは、建築士の

    会社、ランドマークだからこそという使命感を持っています。

 

<B>健康に良い安心の家、満足感をご提供できる家の仕様。

    特許ウレタン遮熱工法

    エアコンに依存しない、自然の風を取り込み、生活できる家を目指しています。

    エアコンの風は、乾燥したり、温度差で体にダメージを与えます。

    できる限り、自然の空気の中で過ごしたいですね、お子様のためにも。

 

    それができるのが、大きな断熱効果のある、特許の遮熱工法。

    特許ウレタン遮熱工法と呼びますが、その構造の中で、酷暑の夏に、

    意欲を発揮するのが、分厚いアルミ2重シート。

    家の壁全面、屋根の全面に貼り、大きな家全体をアルミでくるみます。

    家全体が、アルミのクーラーBOXに入れたようになります。

 

    詳しくは、別にご紹介していますが、

    当地では、ランドマークが、指定施工会社としての認定があります。

 

<C>強大地震に、安心の工法と、ほかに類のない独自の地震保険。

    怖い強大な東南海地震。いつかはわかりませんが、必ず来ます。

    今まで、私も経験したことのない、大きな振動が。

 



フランク・ロイド・ライトの生誕150年になります。 

奈良県で、注文住宅を工務店直接契約できるランドマークですが、

巨匠、フランク・ロイド・ライトの生誕150年で各種イベントなど、

いろんなところで催され、

DSCN5013.JPG

これは、博物館明治村のライトの作品、帝國ホテルですが、

東京の帝國ホテルでも、いろいろな生誕150年の記念イベントがあるようです。

 

弊社は、当地で唯一、フランク・ロイド・ライト財団の正規ライセンスによる、

シリアルナンバー付きの家を建てることが許されている会社です。

フランク・ロイド・ライトが、現在の日本にいたら・・・そういうコンセプトの家

_Q0Y1285修正.JPG

「オークパーク」 や、

_Q0Y6861修正.JPG

「アザレア」 が、その家になります。

 

その生誕150年を記念して、フランク・ロイド・ライト財団の本が届きました。

5051.JPG

5054.JPG

20170625_150444.JPG

上が、有名な、ライトのタリアセンの建築学校です。

現在は、そのライト財団がそこにあります。

ここは、毎年、ライトの作品見学を誘われますが、今年も忙しく、行けませんでした。

IMG_6288.JPG

ランドマークでは、奈良市内にて、Y様の家がライトのライセンスで完成し、

外構の工事中です。

S81_5106.JPG

ライトの落水荘をモチーフにした、バルコニーの水平線を強調したアザレアです。

S81_5139.JPG

機能的なアイランドキッチンが家の中心の奥様の位置にあります。

 

橿原市の、K様の家も完成し、外構の工事中ですが、

同じく、落水荘をモチーフにした、アザレアです。

IMG_5994.JPG

_OSG5623.JPG

_OSG5748.JPG

屋内の吹抜けも、居心地の良い家族の家になってます。

_OSG5415.JPG

屋内の物干し場、サンルームや、

_OSG5350.JPG

施主様のご希望の和室の廊下など、工夫が満載です。

 

帝國ホテルでも、ライトの生誕150年の記念イベントが催されてるようです。

        ↓

http://www.imperialhotel.co.jp/j/company/release/2017/wright_150th_anniversary.html

(弊社とは関係はありませんが。)



奈良市のYY様、地盤調査をしました、 

奈良市で注文住宅の家づくりをするランドマークです。

このたび、奈良市のYY様の住宅の基礎工事に先立ち、

地盤調査をしました。

20170620_095235.JPG

20170620_095239.JPG

20170620_095243.JPG

このように、既存建物の解体工事が終わり、きれいな更地になりましたので、

スウェーデン式サウンディング調査という方法で調査を手配しました。

20170620_115405.JPG

この機械で調査をしますが、

この機械の中央にセットした鋼棒に100kgのおもりを載せて、

この鋼棒を回転させ、その30cm沈下する際の回転数で、地盤を調べます。

このたびは、やや弱いものの、標準的な深さと強度で、

ほぼ想定とうりの結果になりました。

調査結果により、柱状改良杭を施工して支持地盤に建物の荷重を

載せるように設計します。

<奈良市の家づくりは、自由設計で安心のランドマークにご相談ください。>



健康家族の家<大きな採風窓と、深い軒の出>斑鳩町の万田様 

健康家族に相応しい、軽快な家です。

この家は、ご家族の健康を重視した家です。

20161103_RM_001.JPG

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<万田様>アンケート

「もう1年たちますが、子供達ものびのびと過ごしています。

有難うございました。」

20161103_RM_029.JPG

●家づくりのきっかけは?

  子供の保育園や、成長で、環境が変わってきた。

●家づくりの際の行動は?

  インターネットで調べ、現場見学会に行き、資料請求しました。

●住宅会社の対応で不満に思ったことは?

  担当者が不安でした。

●ランドマークで、ご決定いただいた理由は?

  工務店の直接契約が気に入った、メールマガジンが気に入った、

 

  本に掲載の情報が気に入った、家づくりの熱い思いが伝わった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<ランドマークより>

思えば、現場見学会からのご縁でした。

家づくりの メルマガ をお送りしながら、土地探しからでしたが、

万田様との打ち合わせを繰り返し、丁寧に家づくりをすることを務めましたが、

街並みでも、他にない存在感のある外観の家で、

使い勝手の良いプランなど、ご一緒の家づくりの成果と、感謝しています。

有難うございました。

                 株式会社ランドマーク  一級建築士  森下弘史

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

_DSC9173.JPG

_DSC7065.JPG

YKKAPが推奨する、「たて辷り出し窓」 は、別名、

「ウィンドキャッチ窓」と言い、このように、

横風を効果的にとり入れることができます。windcatch_img_flow_01_pc.jpg

よくある、「引き違い窓」との違いがご理解いただけますでしょうか。

_DSC9156.JPG

その「たて辷り出し窓」をふんだんに配したのが、M様の家。

1階の居間、2階の寝室は風通しがよく、心地よい家です。

_DSC7085.JPG

まどが連なるのが、「連窓」と言います。・・・・・壮観ですね。

しかも、窓の高さが大きいのがお判りいただけますでしょうか。

一般的に、窓上は床から2000ミリですが、2200ミリと、

高さが200ミリ大きな窓が標準で、お薦めです。

20161103_RM_001.JPG

さらに、軒の出を850ミリと深くするのが、ランドマークのこだわり。

周囲の家と、屋根(軒)の出が、まったく違うのがご理解いただけますでしょうか。

 

存在感ありますね!!!

この違い!!

_DSC7102.JPG

さらに、バルコニーは、1760ミリと、特に大きな屋根で、お洗濯物が濡れません。

お買い物の途中に雨が降ってきても安心ですね。

_DSC7219.JPG居間の床は、「天然桧」で、赤ちゃんが寝そべっても、温かくて、柔らかく、安心。

特に冬に、裸足でも冷えない、優しさがあります。

_DSC6899.JPG

奥様が家の、ご家族の中心に位置するのが、ランドマークのプランの特徴。

その真ん中にいるお母さまに挨拶しないと、子供部屋の2階に上がれないのが

リビング階段。ただ単に、居間に階段があるのではありません。

奥様が家の真ん中の安心感。

その反面、ご主人様は、家族のいない自分だけのホビールーム、書斎を好むものです。

「そんなスペースがあるなら、収納がほしい!」 という奥様の声が聞こえそうですが。

_DSC6909.JPG

造り付けの食器棚は、大工さんの手作りですが、

_DSC6907.JPG

その戸を閉めると、生活感が薄まる居間と一体の空間になります。

_DSC6941.JPG

当然ながら、棚の位置や奥行も完全に、お客様のご希望どうりです。

ここには、電子レンジが入る寸法になります。

_DSC6720.JPG

玄関のシューズクロークの引き戸を閉めますと、

_DSC6722.JPG

来客に靴の棚や、ハンガーにかかったコートは見えません。

_DSC9228.JPG

屋根瓦と外壁のベストマッチングで、小気味良い、素敵な家に仕上がってます。

随所に、施主様の想いのこもった、完全なオーダーメイドの家、

 

工務店直接の注文住宅ができるのが、ランドマークの特徴です。



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン