所長 森下のひとりごとブログ 

土地探しからの家づくり。ランドマークが提案します。 

奈良県で、家づくりをするランドマークです。

このたび、S様の倉庫の建築のため、土地探しからしています。

 

ご希望エリアは、なかなか絞り切れない中、

親交のある老舗の不動産業者さんの元付の、不動産情報があり、

まず、その資料を取り寄せしました。

IMG_3826.JPG

このように、土地の地図や、面積、金額、用途地域、下水・上水など、

まず必要な項目は網羅された情報が届きます。

 

そこで、必ずしますのは、現地に行き、その状況をつぶさに確認することで、

IMG_3259.JPG

IMG_3260.JPG

様々な角度からの写真を撮り、現況を踏査します。

IMG_3261.JPG

この敷地は、前面道路に側溝があるので、その橋の架け直しをすることにして、

その費用の計上や、道路法24条施工承認申請が必要になります。

S22C-617040920430_0001.JPG

  S22C-617040920440_0001.JPG

 次に、登記簿を取り、公図、地積測量図もとりますが、

この物件は、地積測量図があるものの、「残地」扱いで、実測面積や形状が

判らず、建物の企画ができませんので、

S22C-617040920441_0001.JPG

市役所の資産税課で「地番図」をとりました。

 

後日、ご説明しますが、登記の公図や、地積測量図で敷地の実測図の

状況がわからない場合があり、

その場合は、市役所の「地番図」を取ります。

 

市役所は、おそらく航空写真をもとに地番図を作成してますので、

ほぼ実測の参考になります。(若干の誤差は覚悟で)

S22C-617040920442_0001.JPG

その図をスキャンして、TIFFファイルから、このCADのデジタルデータに

変換します。

この、ラスターデータである、紙ベースの図をCADのベクターデータに変換できる

のは、弊社のCADの特徴で、高価ではありますが、

敷地図や、開発造成工事の企画に威力を発揮します。

 

この結果、登記面積は、566㎡ですが、実測はおそらく591㎡である誤差が

判明しました。

S22C-617040920450_0001.JPG

ただ、あまりに希望からは大きすぎでしたので、2分轄して売っていただくように、

分轄の計画図を作成し、

S22C-617040920461_0001.JPG

その図に、建物の配置計画を入れてみました。

 

売り主に、敷地分轄の交渉をして、いただくように打診していただきました。

希望の規模と金額の土地を購入することにできるのは、設計事務所ならではに

なります。

 

結果ですが、この直後、この敷地を分轄せずに、全体を購入したいという、

「不動産購入申込書」を差し入れた第三者があり、

購入できませんでした。

 

このことから判ることは、

希望の土地を得る為に、建築士の事務所は有効ですが、

希望の土地が見つかった場合は、

できる限り早く企画をして、ご判断いただき、

「不動産購入申込書」を出す必要があることです。

 

弊社の分譲地の場合は、売り主として、「売り止め」は可能ですが、

他社の物件は、競争になります。

 

このたびは、購入できませんでしたので、継続して、土地探しをすることになります。

 

このように、土地探しも、不動産会社にお任せ、紹介ではありません。

しっかり、ご提案させていただき、ご一緒の土地探しになります。

<奈良県の家づくりは、土地探しからランドマークにご相談ください>



橿原市のK様、伝統的な街並みの中で建築中です。 

奈良県橿原市で、工務店直接の一戸建て住宅を建てるランドマークです。

橿原市の伝統的な街並みの中でK様の家づくりが佳境に入ってきました。

01IMG_2885.JPG

近くには、このような旧旅籠の建物がある街並みの一角になります。

02IMG_2928.JPG

K様の現地打合せのために来ましたが、時間がありましたので、

見学をすることに。

今は、橿原市の所有になっているようで、常設の展示場になってます。

03IMG_2907.JPG

2階はその旅籠の客間で、大きな続き間でした。

窓の外の肘掛け手すりの造りが旅館らしく、いい雰囲気を醸し出してしています。

04IMG_2681.JPG

そして、そのK様の家は、その街並みの中で建築工事がされています。

05IMG_2729.JPG

この3階建てのデザインは、100年前のアメリカの著名な近代建築家、

フランク・ロイド・ライトの様式で設計しました。

まさに、伝統的建築群にふさわしい風格の家です。

(養生シートを撤去したところを早く見たいところです)

06IMG_2719.JPG

そのフランク・ロイド・ライトの代表的作品、「落水荘」をモチーフにしたデザインで、

07IMG_2713.JPG

特徴の長ーーーいバルコニーが特徴のデザインになります。

_Q0Y6861修正.JPG

その商品、「アザレア」の展示場は、名古屋のメーテレ八事総合展示場にあります。

08IMG_2696.JPG

長--いバルコニーに面した窓(連窓)の内部は大きな吹き抜け空間で、

この足場床を撤去しますと、その表情が現れることになります。

09IMG_2706.JPG

3階にもバルコニーがあり、耳成山や葛城山など、素晴らしい景観が眺められます。

 

100年前のアメリカの建築家フランク・ロイド・ライトが、現在の日本にいたら・・・・

そのコンセプトで建築し、正統な、「フランク・ロイド・ライト財団」のライセンスで建築し、

証としての、同財団の固有のシリアルナンバーの認定証と、オーナーズプレートを

付与されるのは、この地では、正規ライセンスを持つランドマークだけです。

プレート_01.JPG

工務店直接契約の、ランドマークの家は、

_DSC8640.JPG

価格と安心の価値が高い家になりますが、

同等の価格で、このような、価値のある家も建てることができます。

ぜひ、無料相談にお越しください。

<フランク・ロイド・ライトのライセンスの家はここです>

<工務店直接契約の一戸建て住宅の、無料相談にお越しください。>



橿原市のS様、基礎工事の完成です。 

奈良県で、工務店直接契約で、注文住宅を建てる仕組みのランドマークです。

橿原市のS様の基礎工事が完成しました。

IMG_3639.JPG

この近鉄新口駅徒歩3分の好立地に、新たな家ができつつあります。

process_pop.jpg

 

今まで、このように、順々に家づくりを、

ご一緒に進めてきた成果が、現実の建物になります。

IMG_3644.JPG

このように、迷路パズルのような基礎ですが、

ご覧いただきましたように、基礎には切れ目を入れてありますので、

床下点検から床下に入りますと、家全体に移動できて、

メンテナンスがしやすい構造になっています。

IMG_3647.JPG

このように、段差のある擁壁部分も設計どおりに施工してありますが、

擁壁に近い部分は、擁壁があるために杭が壁の構造芯に施行できない部分が

あり、その部分は杭芯を偏心することで対応しています。

・・・・一般的なことです。

IMG_3654.JPG

基礎外部への配管も事前に仕込みができていますが、

こういった、各種納まりについては、お客様とミリ単位の打合せを進めてきました。

IMG_3657.JPG

基礎の設計地盤面の高さについては、着工時に施主様と打合せをしていて、

打合せどうりの高さで施工しています。

屋敷は道路より高いほうが良いのですが、あまり高くしますと、

玄関への階段の段が増えて、必ずしも良いわけでなく、その爲にも

施主様と現地で確認が必要になります。 IMG_3652.JPG

玄関ドアのための切り込みもできています。

この葛本町分譲地は、まだ、販売中ですので、近鉄の駅直近の住宅を

ご希望の方は、ご相談ください。

<奈良県橿原市の家づくり、分譲住宅用地はランドマークにご相談ください>



生き残り、存続し続けることが、お客様への責任です。 

奈良県各地で住宅を作り続けるランドマークです。

私は、夜型人間で、この年になっても変わりません。

20170215_020823.JPG

いろいろな課題を抱え、日々奮闘しています。

手持ちの建築設計のプラン・・・

お客様の銀行融資の方法・・・

ネットの対応・・・、ブログの更新・・・

新商品の企画開発・・・、研修会の出張・・・、各種建材メーカーとの商談・・・

本の取材受けや原稿造り、推敲・・・

お客様との報告連絡・・・

建築設計、開発工事、宅造工事設計、建築法令相談処理、役所協議・・・・

・・・・・・・・・・・

IMG_2521.JPG

とても贅沢な悩みですが、1日が24時間では足りず、

深夜にレストランで、モバイルPCを持ち、作業しています。

 

おかげさまで、今期の業績は、過去最高を大幅に更新です。

弊社の取り組みにご理解いただき、その仕組みの価値が浸透しつつあることで、

お客様皆様のおかげと感謝感謝の日々です。

しかしながら、全国的には、未だ出口のない不景気が続いています。

 

私がよくお世話になる深夜レストランは、営業の縮小が続き、

24時間営業のJレストランは、奈良県内で大和高田店以外は24時間がなくなり、

IMG_3130.JPG

同じく、24時間営業の奈良市柏木のGレストランも24時間営業をやめ、

IMG_3238.JPG

大和郡山市の24時間のY牛丼店も閉店。

IMG_2672.JPG

30年来お世話になったガソリン店も、県内の7店すべて撤退。

天理市の大型電気店Yが新築後、開店直前に撤退。

大阪のファミリーレストランFの奈良県内の3店すべてが撤退。・・・・

不景気でなく、人材不足説もありますが。

 

しかし、元気な会社もあります。

IMG_3496.JPG

今は、ガソリンは新規出店の出光で給油しています。

新しいことを生む、この店の活き活きした 「気」 をお分け頂きたいところです。

 

弊社としても、元気に家づくりの仕組みを発展し、会社が存続することと、

ランドマークの家づくりを継承していく責任があります。

_DSC2241.jpg

_DSC5780.JPG

工務店への直接契約できる仕組みを維持して、発展継承する責任。

_DSC8265.JPG

_DSC9121.JPG

弊社の家づくりに賛同する工務店の社長さんは、

30代など、皆さん若くて元気です。

 

今後のメンテナンスには、ご安心して対応させていただきます。

これからも発展して、お建ていただいたオーナー様の家のメンテナンスなど、

責任を持ち、対応させていただきます。

 

また、フランク・ロイド・ライト正規ライセンスとシリアルナンバーを付した家は、

今年も新デザインの商品ができました。

 

この4月、世田谷の展示場2か所の開業に合わせ、商品企画を進めます。

ご期待ください。

アーバンタイプの家:インテグラル(駒沢展示場)や、

ロビー邸をモチーフにした優美な家:ノーブルシップ(瀬田展示場)です。

5月にも、ご紹介させていただきます。

_Q0Y6074.jpg

(この写真は、既存の商品、ラッタンバリーのダイニングです)

さらに、地震保険で1/2しか対応できない制度を超え、

最大で1億円の地震対応の大手保険会社との提携とその地震対策工法。

_DSC912100.JPG

・・・新しい、ことが目白押しで続きます。これからも。(^_-)-☆

<奈良県の家づくりは、工務店直接契約のランドマーク。価格と安心の価値。>



葛城市のK様、完成写真撮影です。 

奈良県葛城市で家づくりをするランドマークです。

建物完成に伴い、写真撮影をしました。

InkedIMG_3514_LI.JPG

この、大きな軒の出と、伸びやかな大きな窓のフォルムは、

私のお気に入りです。

InkedIMG_3520_LI.JPG

今日も、ぱーぷるの写真家、藤本さんに依頼しました。

ラーメンやお寿司など、食べ物の取材が多いようですが、

建物写真も得意分野になるようです。

IMG_3511.JPG

端正なデザインは、お薦めのもので、

雨に濡れない大きな、深いバルコニーもお薦めです。

IMG_3506.JPG

建物と一緒に、ご家族の集合写真も撮影させていただきます。

ご家族の大切な記念ですからね。

IMG_3523.JPG

いろんなアングルで撮影をされます。

私も、子供の時から、カメラの趣味がありますが、

私にはこのように、脚立を使うまでの発想はありません。

さすがですね。

 

これは私の写真ですので、

この先生の写真ができましたら、そのデータをお届けすることにしています。

<奈良県の家づくり、注文住宅一戸建ては、工務店直接契約の弊社へ>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン