所長 森下のひとりごとブログ 

フランク・ロイド・ライトの研修会 

奈良県で、フランク・ロイド・ライトのデザインコードを正統に継承して、

住み心地が優れた、ライトの提唱する、有機的建築を、そのライセンスを裏付けに

住宅建築、展開しているところですが、

 

このたび、フランク・ロイド・ライトの設計コードをあらためて確認する研修会が

あり、神戸へ出張です。

IMG_2537.JPG

途中、尼崎で用事があり、阪神高速から降りて、国道43号線を走りますが、

目的の神戸中心部は、1日駐車すると、とんでもない駐車料金ですので、

手前の春日野道でとめて、阪神電車で行きます。

プレーリーハウス02.JPG

プレーリーハウス04.JPG

このような、フランク・ロイド・ライトの作品の形態をまねるのではなく、

住み心地が良い上に、デザインが優美な基本思想の家ですので、その再確認の

研修になります。

認定証.JPG

プレート.JPG

弊社が、奈良県で建てた家については、米国のフランク・ロイド・ライト財団に

由来すし、その証としての認定書と、個別のシリアルナンバー入りの盾を、

弊社を通じて、施主様に授与されます。

 

当地では、ライトの名前を名乗れるのは、正規ライセンスに基づく弊社、

ランドマークだけになります。

OH_W_R.jpg

OHJW.jpg

このフランク・ロイド・ライトのライセンスの家は、オーガニックハウスⓇの

ブランドになり、全国展開をされています。

 

流行にとらわれることのない、普遍的価値を持った、永く住み続けることのできる

家になります。

 

この研修会で、あらためて、ライトの家の住宅建築思想を学び、

家造りにより、奈良県の皆様に貢献したい想いを新たにしました。

外観2.jpgモルディナや、

_Q0Y1285修正.JPG

オークパークなど、商品系列は多種多様で、いずれも、ライトの設計思想により、

フランク・ロイド・ライト財団から商品化を承認されています。

DSCN3330.JPG

住宅建築に造詣の深い、江口ともみさんをイメージキャラクターとして、

DSCN3316.JPG

応援をいただき、ますます、奈良県でのライトの家造りをする決意をしました。

IMG_2544.JPG

研修会が終了しますと、阪神電車の神戸三宮駅から、車のある春日野道まで、

電車に乗ります。

近鉄奈良駅への直通電車がありますが、今日は車です。

IMG_2548.JPG

ひさびさの、鉄オタの本領発揮で、写真を撮ります。

いつ見ても、不思議な光景ですが、姫路からの直通の山陽電車が、阪神の

梅田まで乗り入れています。

IMG_2558.JPG

たった1駅ですが、これだけで、駐車場の24時間料金が著しく下がります。

鉄オタの「鉄分」補給を兼ねて、満足満足。(^_-)-☆

 

この春日野道駅は、改修工事されて、上り・下り別々の「対面ホーム」ですが、

元は、間に極く狭く見える「島式ホーム」でした。

電車が通過する際は、白線の内側1mもないエリアで、じっと耐えることに

なりますが、通過の瞬間は、恐怖感が頂点に達します。我慢我慢。

よく、今まで人身事故が無かったものと、有名な危険スポットでした。

その名残が今もうかがえます。

_Q0Y7218.JPG

という、鉄分補給の楽しみのある研修会でしたが。

このアザレアという商品の家も、奈良市や橿原市に建っていて、

工務店直接契約の、お得な価格で、展開しています。

<奈良県のフランク・ロイド・ライトの家は弊社にご相談ください>



高市郡高取町のK様、キッチンなどのショールームのご案内です。 

奈良県高市郡高取町で、注文住宅の家造りをするランドマークです。

着工前の打合せを重ねて、今日は、システムキッチンなどの実物の確認のため、

パナソニックのショールームをご案内です。

IMG_8146.JPG

請負契約の際の見積書には、定価の見積書を添付して、その定価の掛け率を

表示しています。

これは、その後、ショールームにご案内の際に、若干の仕様変更や色決めに

伴う金額変更の差額が、お客様にご理解しやすくするためです。

IMG_2526.JPG

奈良市内のパナソニックのショールームには、キッチンや浴室などの住宅設備

以外に、床材や建具の実物見本もあります。

IMG_8163.JPG

カタログは、ランドマークの店には、一式揃っていますが、

実物をご覧いただくことで、写真ではわからない質感が確認できる上、

IMG_2522.JPG

各製品の詳しい説明を、担当者から直接に丁寧にしていただけます。

IMG_2531.JPG

使い勝手や、色の違いなども実物で確認できる上、

キッチンの天板の高さが選べますので、体格と比較し、

カタログではわからないことを体感していただきます。

IMG_8155.JPG

トイレや、浴室もありますが、

IMG_8151.JPG

一部の設備機器は他社で提案していますので、

後日、別のショールームをご案内することになります。

IMG_2528.JPG

ひととおりご覧いただくのは、約2時間になります。

都合で、同行できなかった奥様には、後日、再確認をいただくことになりました。

繰り返し、何回、ご覧いただいても結構です。

工期に合わせて、いつまでにどの部分の色決めをしていただく必要があるか、

ご説明させていただき、丁寧な色決めをさせていただいてます。

IMG_2529.JPG

これが、注文住宅の醍醐味ですし、

急がず、ご納得いただくようにしています。

折角の一生ものの家ですから、当然ですね。

<奈良県の家造り、工務店との家造りはランドマークへご相談ください>



閑静な住宅街に、またひとつ、美し家 奈良市の吉田様 

奈良県奈良市で施主様の注文住宅の想いを実現するランドマークです。

多くの業者の中から、施主様にご信頼いただける工務店を厳選して、

家造りをしていますが、本当に、安心できる工務店で、

自信をもってお薦めできるところは、プロの私でも、なかなか出会いません。

0224ランドマーク_001.JPG

このたび奈良市内で、この優美な家を造り上げたのは、

誠実で、精緻な仕事のできる工務店との合作になりますが、

工務店にお任せでなく、仕様やデザインの協議、決定など、関係者の皆様が

ご一緒に創り上げた成果になります。

門01_01.JPG

やっと完成した今、施主様と私たちの感慨もひとしおで、

達成感を共有して、ともども、喜びの記念撮影になりました。

_OSG7953.JPG

住宅街の交差点の角に位置して、特徴の4連の大型窓は、

内観はこのように見え、

_OSG7977.JPG

よくご覧いただきますと、30cmの出窓にもなってることがわかります。

下から見ますと、

0224ランドマーク_005.JPG

30cmの出窓が、この家のデザインのポイントにもお判りいただけますでしょうか。

_OSG8099.JPG

さらに、2階の窓周りの壁が12cm外に張り出すことで、

外観の日影を付けて、単調になりがちな外観に、豊かなふくらみを持たせて、

独特の優美さを呈して、ワクワク感が出ています。

 

これは、奈良市の風致地区の規制で、本来は設置しようとしていた横の帯

(ボーダー)を禁止されてるからで、変わりに壁のふくらみで横ラインを表現

しました。

 

さりげないデザインですが、設計者の私は、強い色を使わない、

上品で潤いのある形状が好みで、施主様の吉田様とも、

その価値感を共有しています。

風致地区条例の規制が思わぬ成果を生み出しました。

_OSG8093.JPG

その中で、ひときわ目立つ軒天井の美しい木目は、施主様のご希望で、

ネットの写真集から、ご提示いただき、私が材料を提案しました。

きれいですね。

さらに、雨のかからない物干し場として、屋根をあえて前に張り出しています。

建築費は少し上がりますが、納得の設計になります。

このように、軒の出が深いのは、洗濯物が雨に濡れにくいだけでなく、

外壁の劣化を防ぐ効果もあり、こだわりになります。

_OSG8172.JPG

家族の集うLDKには、さりげない間接照明の 「ライトデッキ」 を設けていますが、

きっと、夜は、主照明を消して、間接照明のもとで、寛がれてるものと思います。

_OSG8179.JPG

TV台は、協議の上で、メーカー品番を特定して、TVの背面に、配線を施し、

TV台の下のBOX内の機器につながれるようにしていますので、

配線が錯綜する状態にならず、すっきりしています。

蓄熱暖房は、施主様のご指定ですが、強力で柔らかい暖気で床から暖かく、

_OSG8282.JPG

冬場に裸足でも暖かい、天然桧の床材とともに、体に優しく温かいリビングに

なっています。

_OSG8021.JPG

寝室の壁は、少し濃い色ですが、

_OSG8070.JPG

寝室に続く、書斎の壁の配色も含み、周到に計算された色遣いになります。

 

施主様のお考え次第ですが、一般的ですが、

奥様(女性)は家族の真ん中で、家族の息遣いを感じ、その囲まれる家族の

関係の中を好まれますが、

ご主人様(男性)は、家族は大切ではありますが、家族のいない部屋を求められる

傾向があります。書斎のような。

そうです、子供のころに造った、秘密基地です。

狭い方が落ち着きます。・・・心地の良い規模や天井高さがあります。

_OSG7831.JPG

玄関横のシューズクロークの建具を閉じますと、

_OSG7830.JPG

お客様には、靴やベビーカー、釣竿、ボールなどが見えずスッキリしますが、

その内部には、

_OSG7857.JPG

帰宅時に、お子様が手を洗う小型の手洗いが据えられていたり、

登山グッズを吊る有孔ボードがあり、施主様の工夫満載ですが、

設計者や工務店とも、詳細の施工図で打ち合わせたものになります。

_OSG8233.JPG

完成が近づきますと、このような照明器具をご購入されることになり、

完成引き渡しまで、気の抜けない日々が続き、心地良い疲れが、

引渡し時の達成感で報いられます。

0224ランドマーク_030.JPG

リビングに続く和室との間は、片引きの上吊り戸で仕切られていますが、

引き違い襖でなく、「片引き」とすることで、開口が全開になります。

上吊り戸は、床にレールがありませんので、2室の一体感を出せるものに

なります。

 

いろいろな部分の工夫に、費用のかからないものと、かかるものがありますが、

全体の予算配分が大切で、1点だけ、豪華は考え物で、施主様と、工務店、

設計者のご一緒の家造りだからこそ、ご満足の家になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<施主様の喜びのお声>

御社に連絡したきっかけは、妻がインターネットの広告を見てデザインを気に入った

ことです。私の会社のすぐ近くであったこともご縁を感じました。

土地探しからご対応下さり、候補地を森下様が直接現地確認していただいたことに

好印象を持ちました。

建物の仕様も、こちらの提案を工務店の社長様と共に全て前向きに検討頂き、

納得した家造りができ大満足しております。

今後ともよろしくお願いいたします。

■アンケート項目より(抜粋)

住宅会社の対応で、不満に思ったことは?

   自由設計でない。

   担当者が不安

ランドマークをご決定いただいた理由は?

   建築士が直接に対応していた。

   工務店の直接契約が気に入った。

   メールマガジンが気になった。

   断熱構造など、特徴が気に入った。

   デザインが気に入った。

   家造りの熱い思いが伝わった。

・・・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<ランドマーク森下から>

このご縁に感謝して、およばずながら、全力で設計監理させていただきました。

工務店の若い社長ともども、これからさらに永いお付き合いとの思いです。

今後とも、宜しくお願いします。

有難うございました。

 

なお、このお宅は、フランク・ロイド・ライト財団から、正統に認定をされた

デザインコードの家とし、その証として、シリアルナンバーのある認定書と

オーナーズプレートを授与されました。

プレート-thumb-280x236.jpg

<奈良県奈良市の注文住宅はランドマークにご相談ください。>



新規のご依頼で、住宅の設計・企画を進めています。 

奈良県で、工務店への直接契約の価値をご提供できるランドマークです。

今は、奈良市内、葛城市、大和高田市、北葛城郡、吉野郡、

生駒郡など、各地で土地のご紹介からの家造りの企画を進めています。

 

常に複数の、相談や土地探しの案件の手持ちがありますが、

まずご来店いただき、

家造りの夢や悩み、課題をお伺いして、

早くて7日、じっくりで14日の日をいただき、

企画設計をして、ご提案をしています。

 

そのため、私の頭の中に、複数の設計企画の案件が常に廻っています。

(ご契約までは無料です)

①修正外観002.JPG

このような家の外観や、

20160828外観.JPG

このような、別の家のデザインや、

①平面004.JPG

間取り図、内観図が、私のわずかな脳内のメモリー領域をめぐっています。

 

初回のご面談のあとの流れですが、

ただ、いたずらに、日が経ったり、作業が長いのではなく、

設計そのものは、1日でたいていの作業はできますが、

その着手までの、準備が長く、検討などをする日数になりますが、

企画設計の流れ.jpg

その間の工程は、大まかには、このようなイメージになります。

ご依頼をいただき、いきなり、敷地に入るプランを、プラン集から取り出したり、

多少の修正を加えて、敷地に建物のプランを貼りこむようなことはしません。

 

すべて、一からの企画になりますので、

お一つ一つの家には大変な労力がかかり、丁寧にします。

 

7日あっても、実際の作図の作業は、残り1日になったり、

残り数時間の徹夜作業や、数時間での修正などしていて、

まさに、カウントダウンの中で、残りの時間との闘いをしています。

 

先日、手塚治虫のエピソードを書いたものを見まして、

大量の出稿の依頼をさばき、締め切り間際には、出版社の担当から逃れるため、

東京の山中では見つかるので、関西や九州まで逃げて、作業をしていたとのこと。

(出身は宝塚で、奈良県立医大で医学博士号を取得ながら、住居は東京に) 

 

私のような小者とは、レベルが違い過ぎますが、

締め切りギリギリのことは、判るような気がします。

 

実は、納期ぎりぎりに追い込まれますと、脳内の活動が爆発的に活性化されて、

超人のようになり、「無理かな」と思った課題やプランも、

その活性化された脳内のメモリー領域で解決するものです。

(心身ともに楽にすると、良いものを産むとは限りません)

 

後で見ますと、なぜこのような計算や企画ができたのか、わからないものも

多くあり、 

結果は、不思議と良いものが出来てきます。

20170215_035903.JPG

この深夜のレストランや、

IMG_0006.JPG

昭和の味の残る喫茶店などで、寛ぎ、構想を練る、一見無駄のような時間で、

意外に、思わぬ素晴らしいプランや考えができてきます。

 

昔からの夜更かしや徹夜の癖が抜けてはいませんが、

私に信頼で依頼いただくことや、好きなことで貢献できることの喜びで、

_DSC9106.JPG

日々、感謝して、活動しています。

そのためもあり、資料請求をいただきますと、資料はお送りしますが、

企画などは、ご来店いただいてからに限定しています。

逆に、ご住所などがわかりましても、 一切の訪問営業をしていません。

「売る人」でなく、ご一緒に「創る人」になりたいと、

売り込まれないような、お互いに、居心地の良い距離があると思います。

ご相談や企画設計・土地探しなどは無料ですので、ぜひ、お越しください。

20坪の家、平屋など、規模にかかわらず、施主様にとって最適の家になりたいと。

工務店直接契約の価値と、建築士がご一緒の家造りです。

<奈良県の家づくりは、ご一緒にランドマークで>



大和郡山市のK様、リフォーム工事の監理です。 

奈良県大和郡山市で、注文住宅の家づくりをするランドマークです。

IMG_2222.JPG

1,2階のリフォームですが、2階に移動いただき、まず1階の増築などを

しています。

もともと駐車場だった部分を居室にすることと、

お風呂を大きくする部分などの増築になります。

今は、養生シートをしていて、外観が見えませんが、

この際に、ご主人様の想いで、ファサード(正面)が、がらっと変わる

計画です。

IMG_2175.JPG

リフォームの場合、多くはお風呂が大きくなります。

今や1坪(1600×1600)以上が常識ですが、昔は小さい風呂がほとんどでした。

そのため、風呂部分の外壁を前に出す工事をしています。

柱以外に、桁や梁の入れ替えもあり、面積の割には、大変な労力が要ります。

IMG_2218.JPG

建具屋さんも立ち合い、丁寧に、お客様と寸法や仕様を具体的に、確認します。

IMG_22081.JPG

スキップフロアの段差を活用した収納、

IMG_22131.JPG

追加した勝手口ドア

IMG_21741.JPG

天井の段差、間接照明など、施主様の創意工夫満載の家です。

まだ、1階ですが、これから、2階の工事などが始まります。

<奈良県の工務店直接契約は、建築士の事務所のランドマークへ>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン