所長 森下のひとりごとブログ 

橿原市のH様、棟上げです。 

奈良県橿原市で、注文住宅を建てるランドマークですが、

このたび、H様の家で棟上げをさせていただきました。

IMG_5938.JPG前日の内に、土台伏せは出来てますので、

午前中には、1階は早くも出現してきました。

IMG_5946.JPG

土台には、強い地震に働く 「制震工法」 の減震ベースが設置されています。

この制震工法により、巨大地震の際には、建物の揺れが半減されますので、

家内部の家具が吹き飛び、家族の体にダメージを与えることがない効果が

あります。

 

いつか確実に来ると言われる東南海地震ですが、過去の経験より、160年

サイクルで襲われる地震がすでにその時期が来てるのに、地震がないので、

今後はより大きな太平洋プレートのずれるエネルギーがたまり続けている

ことになります。

決して、地震がないから良いのではなく、確実にその破壊的なエネルギーが

たまり続けていることになります。

IMG_5979.JPG昼過ぎには、ほぼ建物の全容が表れてきました。

IMG_6056.JPG

H様の家の特徴は、大きな庭を高い塀で囲む 「光庭」 です。

大開口の3連窓の外には、外界から隔離された庭が広がります。

シャッターを閉めなくても、隣地や道路からは、見えないリビングの空間が

伸びやかに広がります。

外観9901.JPG

内観9901.JPGこのような.、室内からは開放的で、外部からは見えない 「光庭」 は、

今、首都圏の高級住宅街では流行りのようで、以前、見学した世田谷の

総合住宅展示場にその事例がありました。

この光庭は、H様が当初から、ご希望されたもので、初期の打合せ時から、

ネットの写真をご提示いただき、そのご意向に沿うように設計してきました。

H様との共同の作品で、これこそ、 「注文住宅」 の醍醐味です。

IMG_6021.JPG

この家にも、しっかりと、夏の酷暑の太陽光の輻射熱を95%反射する

特許遮熱工法が施されています。

IMG_6054.JPGこの遮熱アルミシートの外部には、熱気を排出する通気層もあり、棟上げの際に

仕込みをします。

IMG_6034.JPGこの遮熱シートは、包装のプチプチの表裏両面に分厚いアルミを貼っていますので、

熱と湿気を完璧に遮断します。

これですから、夏は、ほぼエアコンが要らない家になります。

IMG_6062.JPG現場には平面詳細図や展開図などの詳細図が常備され、大工さんなどの

職人さんに、注文住宅の打合せ事項が伝わるようになっています。

<奈良県の工務店直接契約の家づくりはランドマークにご相談ください>



奈良市のY様、家の竣工写真の撮影です。 

奈良県奈良市で注文住宅を建てるランドマークです。

工務店に直接契約できる、価格と安心の価値をお届けしていますが、

 

中には、ブランド価値のある家も建てています。

その一つが、

S22C-614083005510_0001.jpg

多くの人が大好きな、世界的な近代建築家、フランク・ロイド・ライトが、

今の日本で家を建てたらとのコンセプトで立てたブランド、

オーガニックハウスⓇですが、

当地では、そのライト財団由来の正規ライセンスを持つランドマークが、

設計して、正式なシリアルナンバーと認定書のある家を建てる権利があります。

S22C-614083005531_0001.jpg

ライトは、数々の名建築をアメリカで遺していますが、

S22C-614083005520_0001.jpg

日本にも縁が深く、帝國ホテルや芦屋の山邑邸など、複数の作品を

遺しています。

このたび、そのライト氏のライセンス付きの家が、奈良市で完成しましたので、

竣工写真を撮影させていただきました。

例の、写真家の杉本さんが活躍しています。

●●●●●.JPG

ライトの偉業の、「落水荘」をモチーフの、アザレアという商品になります。

その滝に大きく張り出したデザインをモチーフにし、流れるように配した

伸びやかなバルコニーが設計の、ポイントになります。

IMG_5868.JPG

芝の潤いが、無機質な家との対比で豊かな空間を演出しています。

IMG_5889.JPG

ここにも、杉本写真家さんがいます。

この小気味良い、木洩れ陽の庇は、ライトの建物の特徴の一つです。

IMG_5863.JPG

塀の上にも杉本さんがいましたが、パパラッチではなく、家の方を撮ってます。

IMG_5897.JPG玄関から、門屋に降りる階段は、ステージから降りる人を想定していますが、

曲がってるのは、奥行を深くする設計意図があります。

決して無駄な経路ではなく、間違いでもありません。

IMG_5905.JPG造園は、造園設計家の方の手腕になりますが、

門扉のすかし模様は、美しいリズム感が伝わりそうです。

プレート.JPGランドマークで、フランク・ロイド・ライトのライセンスの家をお建ていただき

ますと、このシリアルナンバーが刻印された認定のオーナーズプレートを、

その証として、お渡ししています。

<奈良県で、フランク・ロイド・ライトの家をお建ての場合は、ライセンスのある弊社に>



橿原市のE様、建物内部の写真撮影です。 

奈良県橿原市で、家づくりをするランドマークですが、

注文住宅を工務店直接契約する成果を写真に収めるため、

プロの写真家に撮影を依頼しています。

完成直前に、内部写真、外構造園完成後に外部写真の順になります。

IMG_5497.JPGこの家は、ご家族の集まる団欒の間の可愛い、大きな4連窓が特徴。

窓高さが、一般的な家より20cm大きなサイズで、高さが床より220cmレベル

になります。

IMG_5505.JPG IMG_5503.JPG さらに、 「竪すべりだし窓」 という、回転する 「ウィンドキャッチ窓」 で、

横風もとても良く取り込めるようになってます。

IMG_5511.JPG写真家の杉本さんが活躍してます。

IMG_5541.JPG浴室の窓も大きいのが、ランドマークの特徴で、昼間は 全開にしますと、

とても乾燥がよく、木造の建物としも、人の健康のためにも貢献します。

IMG_5555.JPG 続く洗面所の、化粧台のライン照明はおしゃれです。

IMG_5502.JPG反面、睡眠の質を重視される寝室は、窓を小さく、落ち着いた色合いを

されています。

IMG_5539.JPGトイレのカウンターや、壁の色使いなど、すべて、限定なしで、お選び

いただいてます。

IMG_5564.JPG写真家の杉本さんは、くまなく撮影をされてますが、

杉本さんの特徴は、とにかく撮影カット数が数100枚と半端なく大量なこと。

出版社のカメラマンですから、一般の写真やさんとは考え方が違います。

IMG_5548.JPGキッチンの造り付けの棚の寸法や、

IMG_5525.JPGお出かけ時に利用される、シューズクロークやコートかけもすべて

オーダーになります。

 

折角の一生ものの家です。

注文住宅の価値を、存分にご利用いただけるようにしています。

 

色決めで、AかBか限られた中からでなく。

建築士が入り、工務店に直接に契約できる家です。

<奈良県橿原市の注文住宅は、ランドマークにご相談ください>



見学会です。 「工務店直接契約」のことなど、ご覧ください。 

奈良市奈保町で、現場見学会を催します。

11/10(土)、11/11(日)の2日間。

181110見学会地図88.jpg

住み心地が快適で、デザインが優れてる、

ランドマークの家の特徴が満載の家ですが、

皆様が関心の非常に高い、 「工務店との直接の契約」 の事例です。

180217完成見学会 大西様 大淀町B.jpg

この機会に、家づくりについて、いろいろ、聞きたいこと、相談したいことを

お寄せください。

■注文住宅の利点、建売住宅でできないこと。

■借家、持ち家かどちらが一生で得か。

■住宅会社選びのこつ。

■土地探しのしかた。

■市街化調整区域などで、建築許可が難しい。

■住宅ローンの特徴。銀行各社の特徴。

■耐震工法、何が一番安心でお得か。

■断熱構造の選び方。

■全館空調の選び方。

■太陽光発電は意味があるか。

■中2階や蔵のある家はお得で、収納力があるか。

いろいろ、聞きたいことは、つきませんね。

 

営業マンではない建築士で、経営者の私が直接にお伺いします。

売り込みではなく、追客はしません。お気軽に、存分に質問をお寄せください。

_DSC9087.JPG

ところで、見学会のその家は、ランドマークの家。

それは、

 

「 工務店に直接に契約 」 できる、お得で安心の価値のある、

 

建築士の会社ならではのものです。

daiku.JPG

ぜひ、工事をする 「 職人の顔と心いきが見える家 」 を、ご覧ください。

地震では、家も、家の中のご家族も守る、特許制震工法。

減震BBB.jpg

エアコンに依存しない、快適でお得な特許遮熱工法。

WINWIN.jpg

また、世界的建築家、フランク・ロイド・ライト(財団)の

正規シリアルナンバー付きの認定住宅を、ランドマークでは建てることもできます。

外観2-thumb-280x186.jpg

これは、見学会の建物ではありませんが、

フランク・ロイド・ライト財団認定の住宅の一例です。

ライトの目指した、快適でかつ、デザインの優れた家、

その一つの作品になります。

 

詳しくは現地でご説明させていただきます。

予約制ですので、、確実にお応えできますが、

ご予約なしでも、お気軽にお越しください。

 

11月10日(土)、11月11日(日)

(1)9:00~、(2)11:00~、(3)13:00~、(4)15:00~

の4回、ゆっくりと家づくりの課題など、お伺いします。

(ご予約は)

 電話では   →  0120-770-228

 メールでは →  land@m3.kcn.ne.jp

  

お越しの方には、代表の森下と、江口ともみさんの対談のDVDなどをさしあげます。

イメージキャラクターE.jpg

追客という、訪問の営業はしません。ご安心ください。

 

土地のご紹介、銀行融資からさせていただきます。

<奈良県の注文住宅、工務店との直接契約は、ランドマークに>



奈良市のM様、特許遮熱工事の施工です。 

奈良県奈良市で、注文住宅の家づくりをするランドマークです。

 

このたび、M様邸で、特許遮熱工事を施工しました。

IMG_5249.JPG

外壁には、アルミのシートは貼っていますが、

屋根の断熱もしていますので、小屋裏も全く暑くない構造で、

2階は、特に暑く感じることがない優れものです。

IMG_5245.JPG

このように、外壁すべてが遮熱材のアルミシートでくるまれるものですが、

いつも、この工程の際に、異様な外壁で、

「何これ?」と、周囲を圧倒する感じになります。

IMG_5244.JPG

暑い太陽光の輻射熱を95%反射するものですから、

特に夏場には、この遮熱工法の効果を体感いただけます。

IMG_5251.JPG外壁はアルミになりますが、

内部には、さらに、現場発泡のウレタンを吹付けます。

このように、ほかにウレタンが付着しないように養生をしての吹付けになります。

ランドマークのウレタンは、30倍発泡となり、一般的な100倍発泡より、

3倍以上の材料を使う、高価なものですが、これにより、壁内部の結露の発生が

なくなり、家の木材の長期のもちに貢献します。

 

見えない部分にこだわりを持ちたいところで、

このアルミシートも、分厚いアルミを2層構造にした、高価な材料を惜しげもなく

使っています。

巷には一見同じに見えるものはほかにも、多々あります。

アルミシートは薄いものが多く出回っており、似て非なるものです。

これは、ランドマークとして、譲れないもので、

お客様には高いものですが、効果は他を圧倒するものですと、

ご説明をし、ご納得いただいてます。

 

ただただ安いだけの家とは一線を画している、こだわりの家になります。

IMG_5247.JPG

特徴のある、大きな窓ですが、

窓高さは、

一般的な注文住宅はーーーーーーーーーーーー窓高さが、1.1mで、

建売住宅やローコスト住宅はーーーーーーーー窓高さが、0.9m

が多いと思いますが、ランドマークの家はーー窓高さが、1.3mと

とても大きな開口になります。

 

この窓は、 「縦辷り出し窓」 という窓で、一般的な 「引き違い窓」 ではなく、

別名、 「ウィンドキャッチ窓」 という、とても風を取り込みやすいもので、

特に横風がい気持ちが良いほど、よく入りますので、

ご家族様の健康にも、住み心地もご満足いt抱けるものになります。

 

ご覧のように、窓が屋根(軒)いっぱいまである大きなものですので、

その目でご覧いただきますと、その違いがお判りいただけます。

さらに、そのバランスから、外観デザインがとても美しいものになります。

 

このデザインの特徴は、施主様とよく打合せ説明をしています。

ただ、間取りで売る家とは異なり、窓ひとつをとっても、

施主様のM様とご一緒の家づくりが、注文住宅の醍醐味になります。

<奈良県の注文住宅や分譲住宅はランドマークにご相談ください>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン