所長 森下のひとりごとブログ 

阪神・淡路大震災が1995年に発生しました。 

阪神・淡路大震災が起きて四半世紀が経ちました。

巨大地震で、場所により壊滅的な震災で、甚大な人的な被害も経験しました。

 

もう地震の恐ろしさを忘れかかっていますが、

30年以内に東南海の巨大地震が発生する確率が70%と言われて久しく、

確率の計算上は、さらに巨大地震の発生の確立は70%をはるかに超える

ことになります。

私たちは、家を建てる際に、家族が生きてる内に地震を受ける確率は100%に

近いものと考えるべきです。

 

東日本大震災が2011年に起きてから、東北や北海道では、大きな余震が

頻繁に起きていて、ここ近畿は殆んど大阪府北部地震以外に起きていません

が、決してこの地での巨大地震のおそれが無くなったわけではありません。

S22C-617072714452_0001-thumb-550x388.jpg国が公表の資料でも、地震の周期から、ほぼ間違いなく、巨大地震が

近々起きることになります。

フィリピン海プレートが南海トラフの下に毎年数cmもぐり込む動きは続いてます。

30年でメートル単位のずれのエネルギーが溜ります。

地震が起きていないほど、そのひずみエネルギーは大きくなり溜り続けて、

歪が解放されて巨大地震が起きるメカニズムからは、地震の危機がますます

高まり続けています。

1541182.jpg個人でできる地震対策は限られています。

1429925.jpgタンスや食器棚に突っ張りをしても、まったく無力です。

1429934.JPG 地震の被害は、建物そのものより、建物内の家具の下敷きによるものが大きい

とも言われています。

 

ネットには、家づくりの情報があふれてますが、正しい情報は伝わりにくくなって

ます。

耐震等級が高いと良いとの情報ありますが、それは正しいでしょうか?

言葉だけでは良いように思われますが、

耐震と制震0151-thumb-400x282.jpg耐震工法は、地盤に、固い建物を載せるもので、むしろ建物内の揺れが

大きくなります。増幅もされます(キラーパルスが発生)。

耐震と制震0101-thumb-400x282.jpgむしろ、強くて柔らかい、優しい建物にするべきで、

ランドンマークが制震工法を採用してるのは、家族を守れる家を建てるこだわりに

よるものです、「耐震」の言葉に惑わされてはなりません。

S22C-617072714440_0001-thumb-452x640.jpg弊社の家には、オプションとはいえ、皆様、100%、この特許の制震工法である

減震ベースをご採用いただいています。

当地ではランドマークだけができる工法になります。

 

このことで、低コストで、巨大地震の揺れが半減されます。

阪神・淡路大震災クラスの揺れの800ガルが300~400ガル程度に減ります。

 

さらに、1億円までは100%保証の免振工法もオプションとしてございます。

(一般的な地震保険は50%までですが)

 

ランドマークの家々には、もれなく、制震工法が採用されてます。

0224ランドマーク_009.JPG _OSG6476ナンバー消し.JPG _OSG7358.JPG _OSG3504.JPG _A2C0832.JPG奈良県各地で、制震工法の家々が、次々と建ち始めました。

ぜひ、正しい知識をご採用いただき、家も家族も守る家をお建てください。

耐震工法は、必ずしも正しくはないことをご理解ください。

<奈良県の注文住宅で、安心の制震工法をお薦めしています>



明日香村のK様、棟上げです。 

奈良県明日香村で、工務店直接契約の家づくりをしています。

このたび、K様の家の棟上げをさせていただきました。

IMG_2668.JPG前日までに基礎の上に土台を伏せていますので、

今日は、朝一番から、柱を立て始め、2階の梁や胴差の横架材を組み立てます。

IMG_2681.JPG

IMG_2683.JPG 組み立ての順番どうりに木材を、手際よく配置され、次々にレッカー車で

上げます。

IMG_2688.JPG2階建ての建物形状は、午前中に現れました。

IMG_2697.JPG特許の遮熱材のアルミシートは、壁・屋根の5面すべてに貼りますので、

床下以外の建物全体をアルミの遮熱材で覆うことになります。

見えにくいですが、屋根の垂木の間に白く見えるのがアルミシート、

IMG_2699.JPG垂木は2段になり、アルミシートと屋根の野地板との間に、熱気を抜く通気層を

設けています。

外壁も同様に、アルミ遮熱シートの外面に、通気層を設けることで、壁から屋根を

通り、棟から熱気を排出する構造です。

IMG_2752.JPG

冬は日が落ちるのが速く、6時になりますと真っ暗ですが、精一杯頑張った大工さん

たちが整列し、上棟の式を執り行われました。

施主様のK様からは、ねぎらいのお言葉をいただき、感謝感謝で、心が豊かに

なりました。

 

そのご期待にお応えすべく、 大工さんたちも、丁寧に工事を 進め、

感動と幸せの家を造ろうと、思い を新たにしました。

このように、工事中の家が見れて、細部の打合せをして、仕様も選び、

希望どうりの家が、工務店と一緒に造れるのが、建売り住宅にない

注文住宅の醍醐味です。

<奈良県の注文住宅、一戸建ては、ランドマークへ>



明日香村のK様、基礎工事が完成して、土台を伏せてます。 

奈良県明日香村で注文住宅の家づくりをしています。

IMG_2633.JPG基礎工事か完成して、週明けの上棟のために、土台を伏せています。

IMG_2618.JPG

給水・排水の配管は、設計どうりにすでに仕込み済です。

IMG_2621.JPG土台を含むすべての木材は、プレカットをされており、

継ぎ手、仕口の加工は機械で精密に自動で加工されていて、

IMG_2636.JPG大工さんが加工することは少なくなり、精度も信頼性も上がっています。

IMG_2624.JPGその土台には、弊社独特の特許の制震の部材を設置しています。

IMG_26251.JPG

建物と基礎をきつく固定し耐震等級を高くしますと、地震と建物が共振して

建物にダメージがあり、建物内部はタンスが吹き飛ぶなど、人の被害が

甚大になります。

耐震構造神話は考えものです。

地震で揺れが少ない建物が、家族と家を守ります。

その信念で、ランドマークの家が着々と増えてます。

 

東南海巨大地震には・・・・・特許制震工法が究極の選択です。

これが威力を発揮する地震が来ないに越したことはないですが。

IMG_2641.JPG

床下を支える強力な鋼製束。

昔は木製の束と縦横に、はり巡らす根がらみで、床下には人が入れませんでしたが、

これで、床下空間に余裕ができて、メンテナンスが楽になりました。

基礎梁にも、人が通る空きを設けて。1カ所の床下点検口から入りますと、

家の隅々まで、楽々と移動できるように設計しています。

IMG_2628.JPG屋根と外壁全面に貼る特許遮熱シートも搬入されました。

断熱をはるかに超える遮熱で、夏の太陽光の輻射熱は95%遮断されますし、

冬も温かさが逃げない断熱構造です。

当地ではランドマークだけができる工法の組み合わせで、

住み心地の性能が高く、コストとのバランスの良い家になります。

<奈良県の注文住宅、工務店直接契約はランドマークに>



奈良市のM様、基礎工事が順調です。 

奈良県奈良市で、注文住宅の家づくりをしています。

 

M様の家の基礎工事が進み、底盤(スラブ)のコンクリートを打設しました。

今月の棟上げを控え、予定の工程どうりに進んでいます。

IMG_2538.JPG敷地は道路より高く、設計地盤面(GL)は着工時に打ち合わせたとうりに

施工しています。

屋敷は道路より高いのは理想です。

IMG_2549.JPG駐車場のために施工した擁壁に載る部分がありますが、

土木工事で施工の擁壁と、建築工事の基礎の配置寸法は、光波測量により、

誤差が無く、ぴったりと施工されています。

IMG_2556.JPG随所に基礎梁の開口を設けていますが、

この建物の1ヶ所の点検口から床下に下りますと、建物内のすべての場所に

身体が入るようにしています。

後々のメンテナンスの為の配慮になります。

IMG_2543.JPG水回りは、給水・排水・ガスの施工図どうりに、パイプを通すためのスリーブを

たくさん設置しています。

 

床下で床を支えてるのは、従来は木製の束で、この木製の束ですと、

根がらみという水平材を2方向に設置しますので、

床下に下りても、故障個所に移動するのが困難です。

M様の家では、鋼製束を使用していますが、この床組みですと、体が十分に入り、

床下の各部に移動出来、メンテナンスが適切に出来ます。

<奈良県奈良市の工務店直接契約の家>



世界遺産に登録されました、ライトの家 

奈良県で、工務店直接契約の仕組みで家づくりをしています。

和風住宅、洋風住宅など、様々な様式の建物を造り続けていますが、

 

ランドマークの価値の一つは、

フランク・ロイド・ライト財団との、使用許諾契約に基づき、その世紀の

ライセンスと、その証しとなるシリアルナンバー付きの家を建築できる

立場にあることです。

4,Orange.jpg

フランク・ロイド・ライトとは、世界屈指の近代建築の巨匠です。

ライトは、生涯に渡り人々が快適に過ごすことのできる住宅を設計し続け

ました。

 

それは「有機的建築」と称し、自然界に存在する生物ような、機能的で美しい、

普遍的なデザインの建物を提唱し続けました。

それらの建物は今でも世界中の人々を魅了し、建築後100年を経過した現在

でも、ライトがデザインした住宅に住む人々は、その住宅に愛情やほこりを感じ、

大切に住まい続けています。

 

そのライトの建築は、米国内の8件が、昨年、世界遺産に登録されました。

IMG_2557.JPG

滝に水平に大きく張り出した、あまりにも有名な、ペンシルべニア州ミルランの

落水荘。

IMG_25581.JPG

深い屋根、低い軒で、伸びやかで美しさを表現した、イリノイ州シカゴのロビー邸。

IMG_2559.JPG

カタツムリの殻と表現される、独創的なデザインの、ニューヨーク州

ニューヨークのグッゲンハイム美術館の完成は、ライトの没後になる大作。

 

この数々の作品を設計したライトの没後、その設計思想を継承し、管理する

フランク・ロイド・ライト財団との日本での仕様許諾契約をした会社から、

当地でのサブライセンス契約をした、弊社、ランドマークは、ライト建築として

シリアルナンバー付きの住宅を、主に奈良県で建てています。

 

ライトがもし、今の日本に居たら設計したであろうとのコンセプトで次の

住宅を建ることができます。

_Q0Y6861修正.JPG

水平線を強調した、落水荘がモチーフのアザレア。

_Q0Y5822.JPGクリアストーリーという、明かり窓のある、ラッタンバリー。

_Q0Y8707_s.JPGライト建築の作品に多い、吹き抜けの大きな窓のキーストン。

外観1.JPGコーナー窓や高い天井のリビングが素敵な、モルディナ。

g02.jpgモダンでスクエアな外観デザインのインテグラル

_Q0Y1285修正.JPG奈良県で最も施工例の多い、ライトの代表的なデザインのオークパーク

など、数多くの住宅群がありますが、

お客様それぞれのご要望により、特定の商品にこだわらず、自由に、

ライトの設計思想やデザインの家を、ランドマークが設計して、

フランク・ロイド・ライト財団に由来するシリアルナンバーと認定書をつけて

住宅を作っています。

ただただ、ライト建築を模倣する家ではなく、ライセンスで正統につながる

住宅を、お客様にご提供しています。

 

 

昨年、フランク・ロイド・ライト建築が、世界遺産に登録され、その価値が

あらためて、世界的に評価されました。

今年もますます、多くの皆様に、ライト建築を奈良県を中心に建築して

まいります。

工務店直接契約の安心と価格の価値の家、ランドマークにご相談ください。

<奈良県の注文受託、自由設計はランドマークへ>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン