所長 森下のひとりごとブログ 

フランク・ロイド・ライト生誕150年記念 

奈良県でフランク・ロイド・ライトの正規ライセンスの家を建てるランドマークです。

世界的なの近代の3大建築家とされる、巨匠ですが、

氏は日本の美術にも、造形が深く、浮世絵なども収集されています。

また、建築設計では、日本国内の作品は、帝國ホテルなどになります。

S22C-614083005510_0001.jpg

執務室で創作活動中の、フランク・ロイド・ライト。

S22C-614083005520_0001.jpg

帝國ホテル、正面は、今は、博物館明治村に保存されています。

そのライトの生誕150周年記念の常設展示場が、帝国ホテル東京にあります。

建て替えになった帝国ホテルは、ライトの建築様式を色濃く残されて、

005.JPG

IMG_2076.JPG

ロビーの建築様式もその一つ。

ライトの生誕150周年記念常設展示がありますので、

 

愛娘が見に行き写真を送ってくれました。

1505483534088.jpg

博物館明治村の現物そのものですね、模型から、そのことが良くわかります。

1505483489590.jpg

この光る装飾の柱も、明治村に移築されています。

1505483444590.jpg

こういった、幾何学模様が好きな建築家でした。

 

その、フランク・ロイド・ライトが、今の日本にいたら建てるであろうとの

コンセプトで、「フランク・ロイド・ライト財団」と、サブライセンス契約をして、

そのシリアルナンバー付きの家を、当地で建てることができるのが、

株式会社ランドマークになります。

_Q0Y1285修正.JPG

代表的なモデルが、オークパーク。

_Q0Y6861修正.JPG

有名な、「落水荘」をモチーフにした、アザレア。

IMG_6286.JPG

奈良市のY様の家は、アザレアのモデルとして完成しまして、外構造園工事中です。

IMG_5991.JPG

  IMG_6150.JPG

 橿原市でも、K様の家で大きな吹き抜けの家がある家になっています。 

  外観3.JPG

その他、多くのモデルがあります。

工務店直接契約の、価格と安心の価値が付いた、ランドマークに

家づくりをご相談ください。

<奈良県の価格と安心の価値のある家は、ランドマークに>



橿原市のS様、建物の完成引き渡しです。 

橿原市で工務店直接契約のできる建築士の会社、ランドマークです。

橿原市のS様の家が完成して、引渡しとなりました。

IMG_7528.JPG

建物の引き渡しは、鍵渡しになります。

工事中は工事キーで出入りしますので、職人は、その鍵で出入りできますが、

同じシリンダー錠のままでは、その鍵で入られる不安が残ります。

 

ところが、シリンダイー錠はそのままでも、ひとたび 「本キー」 を挿入しますと、

「工事キー」 が回せないようになります。

このための、鍵渡しが大切で、ご安心いただけることになります。

IMG_7529.JPG

その鍵の説明とあわせ、設置したオートロックの使用方法の説明をします。

カードをかざすなど、3種類の方法で、鍵無しで開錠と施錠ができます。

逆に、使用方法を誤りますと、自分自身が自動で施錠になり、締め出される

恐れもあります。

IMG_7543.JPG

各種設備機器などの取り扱い説明書などをお渡しして、説明をします。

また、水道の開栓、電気の名義変更、ガスの開栓など、いろいろすべき

事が多くあります。

IMG_7542.JPG

住宅の基本は、奥様が家の中心に位置する間取り。

IMG_7538.JPG

これが、奥様の視点からの眺め。

ご家族様がすべて見渡せます。

IMG_7534.JPG

2階への階段も奥様の目の前ですから、お子様は、お母さんに顔を合わせないと

ご自分の部屋に行けません。

レンジの前の壁がガラスで、よく見えます。

IMG_7531.JPG

普通より20cm高い、大きな窓、

風を呼び込み易い 「ウィンドキャッチ窓」 もランドマークのこだわりでお薦め。

IMG_7543.JPG

窓の前のカウンター(机)などの各部分の位置、寸法は打合せを重ねた

家づくりの作品です。

IMG_7545.JPG

反面、テレビの設置する壁は、窓を上にして、テレビの背面を

確保しています。

届きにくい窓の開閉は、電動のオペレーター付きになります。

IMG_7549.JPG

2階から下るときは、お母さんが正面のガラス越しに見えます。

その階段は、家の内部にあり、暗くなりそうですので、

2階ホールの廊下腰壁は、透明にして、採光を確保しています。

IMG_7555.JPG

外構造園工事は、今からになります。

いろいろ、オーダーできるのが、注文住宅の醍醐味。

そんな家づくりが、ランドマークの家づくりです。

IMG_7066.JPG

ここは、ランドマークの分譲地になります

IMG_5594.JPG

近鉄新口駅徒歩3分の交通至便の分譲地で、

IMG_5579.JPG

運転免許センターの近くで、お買い物にも便利な場所で、

耳成西小学校区、橿原中学校区になります。

IMG_7068.JPG

行き止まり道路ですから、車が通りぬける心配がありません。

IMG_5538.JPG

ランドマークのこだわりの家と大手D社限定の住宅街で、優れた環境は、

維持しつつ、街づくりをしています。

安さ自慢の住宅メーカーからの相談には、お断りを続けています。

IMG_5537.JPG

この駅近くの好立地で坪単価34万円前後ですから、

ぜひご相談ください。

ご一緒に、注文住宅づくりをさせていただけますと幸いです。

<奈良県の丁寧な家づくりは、注文住宅のランドマークへ>



ランドマークのお客様のお声 

フランク・ロイド・ライト財団の正規ライセンスの家。奈良市西浦様。

_DSC0152.JPG

健康家族の家<大きな採風窓と、深い軒の出>斑鳩町の万田様

20161103_RM_027.JPG

葛城市の小西様、2世帯住宅の課題の克服

_DSC9354.JPG

大和高田市の北川様、旧家の建て替え、軽快な新しい家と、存在感

001KG00_DSC7714.jpg

橿原市の浮田様、本(全国優良工務店100選)を見て、相談してみました。

001う_OSG6200.JPG

橿原市の清水様、高級旅館以上の、存在感の家ができました。 

001清水様_DSC2316.jpg

川西町の今中様、ご実家の農家を引き継ぐ家

IN声01.jpg

香芝市の岡本様、駅近の立地で、快適で美しいな家

001岡本様玄関.jpg

 



奈良市のYY様、外壁は塗装前の準備ができつつあります。 

奈良市で注文住宅の家づくりをするランドマークです。

 

奈良市内のYY様の家の外壁に、断熱用のアルミシートの上にボードを貼り、

塗装の準備をしています。

IMG_6848.JPG

IMG_7275.JPG

全面が95%遮熱のアルミからボードに変身しました。

あとは、ボードの継ぎ目(目地)処理をし、厚吹きのスタッコ塗装をします。

IMG_7313.JPG

外観の特徴は、連続3.6mの出窓の 「連窓」 。

大きな1.3m高の窓が美しいデザインになります。

中途半端な 「たれ壁」 がなく、大きな軒の出(屋根)と相まって、日差しに

優しい機能があります。

デザインが優れてるだけでなく、住み心地の良いのが、ランドマークの家の特徴。

IMG_7289.JPG

「4連窓」の内部はこのように、窓台が連続します。

IMG_7290.JPG

これですね。

風通しのすごい 「たて辷り出し(開き)窓」 ですが、別名「ウィンドキャッチ窓」。

これは圧巻です。

IMG_7284.JPG

側面の窓も、窓周りの壁全体が突出しています。

風致地区条例の規制で、帯を付けられない中でのデザインの工夫です。

YY様と協議の上、特別な注文で設計、施工です。

これがないと、のっぺりした外観になってしまいます。

IMG_7282.JPG

バルコニーは、いつもお薦めの、雨に濡れない入込み。

雨の心配なく、毎日、ゆっくりとお買い物ができます。

IMG_7286.JPG

ご主人様の 「城」、 「書斎」 の形状も現れてきました。

秘密基地的な小部屋は、男性の共通の関心事。

IMG_7298.JPG

浴室の窓も大きくするのは、ランドマークのこだわり。

将来、外に竹垣などを設けて、坪庭ができます。

マンションでは、まず出来ないものですね。

IMG_7295.JPG

内部はかなり進み、間接照明の 「ライトデッキ」 も、もう少し先で窓の上に

出来ます。

IMG_7316.JPG

建売住宅と、注文住宅の違いは、工事中の我が家を見れることと、

プラン、仕様、寸法など、いろいろな想いを実現できること。

 

施主様と一級建築士と工務店の、打ち合わせを重ねて来た家、

それが、注文住宅の醍醐味。

 

この街の中心にあり、名実ともに、街の 「ランドマーク」 になってください。

<注文住宅の醍醐味は、ランドマークのしくみ、工務店との直接契約で>



注文住宅の醍醐味、シラス壁 

奈良県で家づくりをするランドマークです。

注文住宅の醍醐味は、打合せの上、仕様を自由に決めれること。

施主様それぞれの家づくりの課題があり、画一的な家づくりは感心しません。

  P1000713.JPG

家づくりの課題の一つは、ご家族の健康。

特に、化学物質に弱い人は、自然素材の家にしないと、ずっと一生、健康に

なれず、特に身体の未発達のお子様には、ダメージが大きくなる場合があります。

家を造っても、家族の健康を損なうと、家族の一生の幸せを損ないます。

 

今流行の自然素材は、よく見ますと、必ずしも自然素材でないものも多くあります。

自然素材は、そのままでは、建材として扱いにくいものが多く、塗り壁で施工性よく

仕上がるように、お蕎麦のように、つなぎ材を混入してる場合が多く、

珪藻土もその一つです。

  20070724 010.JPG

そこで、ご提案は、素材の特性を生かした自然素材のシラス壁です。

ランドマークとして、そのシラスを壁に塗ることを、主要なオプションとして設定を

する方向で準備しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<素材メーカーのカタログより引用、編集>

お客様へ

「自然素材100%」という品質

  高千穂峰イメージ.JPG

               シラスの産地、高千穂連峰

■今なぜ自然素材志向なのか?

 昨今、シックハウス症候群、アトピー性皮膚炎、小児喘息、花粉症など発生する

ことで、皆が、もう一度、真剣に生活環境を考え直すようになってまいりました。

 家が「健康」を育む器であってほしいとの願望が高まるのは当然のことです。

 建材は、食物と同様に身体に大きな影響を及ぼしてるからこそ、食物と同じく、

その安全性には特に気を配る必要があります。

 「健康」を犠牲にして得るものは何もないのです。

 

■自然素材と化学物質型製品の相違点

 しかし、自然素材は、理想的で完全な素材かというと、そうとも言いきれません。

  採取場.jpg

1.コストについて

 大量生産と安定供給を追求すると、化学物質を使うのが合理的です。

それは消費者が望んだものでなく、供給側が造ったものです。安さと規格の

安定を求めて、競争しながら。

 もちろん、消費者にも安さを求める志向はあります。しかし、健康を損ねてまで

求めていくものではありません

2.施工性について

 化学製品と異なり、自然素材は規格や均質性に難があり、安定供給も難しくて、

 取り扱いが難しく、面倒で、能率が上がらず、職人さんからは敬遠されがちです。

 元来、漆喰にしろ、ジュラク壁にしろ、左官仕上げ材は100%自然素材であり、

化学物質に頼ってはいなかったはずです。伸びと付着性の良さ、均質さ、工期

などの優れたものにする化学物質は不可欠ですが、施工性に優れた自然素材

100%のシラス壁があります。

3.仕上がりについて

 自然素材には、工業製品のような均一性はありません。シラスの採取する地層

により、色調も異なり」ます。

 しかし、自然素材のもたらす視覚的やさしさや安らぎは、工業的な規格からは

表現できない存在感があります。

 シラス壁は粒子が極めて細かく、なめらかに伸びてひび割れが出にくい特徴が

あります。

 ソフトでナチュラルな色調、不思議な温かみのテクスチュアは、工業製品とは

一味違う安らぎ感があり、自然素材の持ち味を享受できます。

アセトアルデヒド消臭.JPG

■自然素材100%という考え方

 昔からシラスの活用で、高温で再焼成したシラスバルーン、ガラスバルーンは

工業製品としてありました。

 しかし、ランドマークの採用するシラスは、高温処理で失われることのないように、

シラス素材の持つ微粒子の多孔質構造を活かした壁材で、この壁の持つ、

「消臭」、「空気清浄化機能」、「マイナスイオン発生効果」、「高耐久性」といった

天然シラスの機能を有する、人工的に造ることのできないもので、多孔質構造の

価値をご提供できるものです。

t-shirasu.JPG

 無農薬による有機栽培野菜は、均一なものは生まれません。多少の虫食い、

粒の不揃いはありますが、許容されるのは、この野菜が健康に貢献し、風合い

豊かだからです。

 この、ランドマークがお届けするシラス壁には、自然素材がもたらす快適さが

あります。竣工時が一番美しい工業製品とは異なる永続する価値、自然素材だから

こその価値は、ランドマークとして共感を持つもので、主要なオプションとする所以

です。

<引用終わり>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ランドマークの家や、ランドマークのお薦めするフランク・ロイド・ライトの正規

ライセンスの家は、永い価値のある家で、出来た時が一番美しい家でなく、

きれいに時を重ねる家で、かつ、デザインの優美な家になります。

建築士がご一緒に創る家ですから。

<奈良県の自然素材の家、注文建築はランドマークにご相談ください>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン