所長 森下のひとりごとブログ 

橿原市のE様、棟上げです。 

奈良県橿原市で、工務店直接契約の家を建てるランドマークですが、

その注文住宅の成果が、また一例、出来上がりつつあります。

1535887647255.JPG

今日は、ご家族様の待望の、棟上げの日になります。

お客様の慶びが、私の喜びで、打合せを繰り返して、ご満足の家ができることに

貢献出来て、感謝感謝です。

1535887715332.JPG

市街地ですので、建方のレッカー車は、隣地に据える施工計画になります。

各工程の工事前の準備が的確かが、丁寧な家づくりの基本です。

1535887696982.JPG

午前中には、2階の床組ができて、その上の床材(剛床)が、2階から上の

施工の為の足場になります。

1535887719517.JPG

小屋組の梁を組みはじめています。

1535887833278.JPG

小屋組の屋根下地の垂木もできていますが、すべて、あらかじめ設計された

プレカット材ですから、その番号どうりに組ますと、間違いなくできます。

昔は、大工さん自身が、木材に墨をさし、材料のサイズは経験と勘で決めて

いましたが、パソコンソフトで2重チェックしますので、床梁のたわみ量など、

問題が発生することはありません。

 

ランドマークでは、設計者と工務店、材木店の連携で、的確な施工ができるように

なってます。

ご安心いただけるものと思います。

1535887869095.JPG

この工程で、ランドマークの特徴の、「特許遮熱工法」のアルミ遮熱材を施工します。

このアルミは、よく出回ってる紙にアルミ粉を吹付けたアルミシートもどきでなく、

空気層のあるビニルマットの裏表に熱い純アルミシートを貼った、高価な材料

ですが、ここは妥協できません。

1535887934746.JPG

屋根前面にアルミ遮熱材を設置しましたが、

その上面では、さらに垂木という木材を打ち、その上に屋根板の野地を貼りますので、

屋根には、遮熱のシートと、熱気を抜く空気層ができることになります。

このことで、夏でも暑くない、エアコンに依存しない家になります。

夏は朝少し冷房をかけると、日中はほとんど冷房は不要になります。

少し窓(ウィンドキャッチ窓)をあけて、風を入れますと、

涼しく、寒いくらいになります。

 

ただただ、安さを目指した家でない、ランドマークの家が、また一つできてきました。

<建築士と工務店が創る注文住宅は、一生ものの家に安心と価格の価値があります>



橿原市のH様、パナソニックのショールームのご案内です。 

奈良県橿原市で注文住宅をつくるランドマークです。

ランドマークの家は、デザインが良く、魅力の家で、価値が高いながら、

決して高くないのは、建築士と工務店の創る家で、

営業マンがつくる家でないからです。

 

建築士も、工務店社長も住宅建築のプロで、直接に担当します。

IMG_4341.JPG

素材の確認をされるために、今日はパナソニックのショールームをご案内させて

いただきます。

 

特にデザインや質感にこだわりと造詣の深いH様で、

ご一緒の家づくりは楽しく進めさせていただいてます。

IMG_4349.JPG

パナソニックは、キッチンやお風呂などの設備や、

床材、壁材、建具などの建材はほぼすべて揃い、

大手建材メーカーである安心感もある会社になります。

 

ランドマークは、標準仕様はありますが、2者択一のような色決めはせず、

お客様のこだわりに丁寧にお答えしています。

 

一般に、大量の集中購買を理由に、指定の品番が限られる住宅商品もある

ようですが、弊社は、手間をかけても、ご満足をいただけるように、

いろんなメーカーでお選びいただけます。

 

これでも、仕入れ価格は高くないのは、

決して、大量の集中購買だから安いということではないからになります。

手間は、かけても丁寧な仕事をします。

一生ものの家ですから、お客様の思いをじっくりと実現させていただきます。

IMG_4346.JPG

パナソニックの担当者には、建物の平面詳細図を予め渡していますので、

ミリ単位で納まりを検討して、最適の商品を説明していただけます。

IMG_4343.JPG

一見は、普通に見える設備機器も、

一般の工務店には納入されない、特別な住宅会社専門の商品があります。

いわゆるビルダー仕様というものですが、

お客様にとって、価値のある商品が、弊社ではお買い求めいただけます。

IMG_4354.JPG

ユニットバスも、お客様により、同じ部屋のサイズでも、

浴槽が大きいか、洗い場が大きいか、半身浴の浴槽か、

それは、住まい方、ご家族構成で異なります。

 

それが選べるのも、注文住宅の醍醐味になります。

<奈良県の注文住宅で、工務店直接契約の価格と安心の価値をご提供しています>



「橿原ダイスキ」に紹介されました。 

奈良県橿原市で、工務店直接に契約できる家を造っていますが、

その家造りを、広くご理解いただくようにと、

「橿原ダイスキ」に紹介されました。

IMG_4335.JPG

橿原市内全域に配られますので、

弊社の家が、住宅会社では得られない価値のある家であることが、

多くの皆様の目に触れられますと幸いです。

0830l.JPG

さまざまな特徴や、お得な価値もありますが、

一言で言いますと、住宅会社では得られない価値があることで、

奈良県でも、近畿でも、全国でも稀有な存在です。

ご縁があった方には、その価値を十分にご提供させていただけるものと

自負しています。

IMG_4336.JPG

目次の下ですので、とてもよく目にとまりそうです。

 

ランドマークには、洋風や和風という区別でなく、

家づくりそのものの、特徴があり、住宅会社では得られない価値があり、

皆様のご好評を得て、ご満足いただいてるものと思います。

_DSC2242.JPG

和風住宅かどうか、

_DSC2285.jpg

お風呂が魅力かどうかではなく、

家造りの特徴で、価格と安心の価値で、デザインの特徴もとても多く、

商品のラインナップが数えきれないものがあります。

内観4.JPG

こだわりのデザインをご希望の方には、

外観2028.JPG

世界的な近代建築家、フランク・ロイド・ライトの正規ライセンスを持つ

ランドマークが、

プレート.JPG

S22C-614083005510_0001.jpg

ライト財団と正式に由来する、シリアルナンバーを付けて、

当地で唯一、そのライトのブランドの家、オーガニックハウスをご提供できます。

<奈良県橿原市の注文住宅は、お得で安心の価値のランドマークへ>



高市郡高取町のK様、完成前の写真撮影です。 

奈良県高市郡高取町で、注文住宅の家造りをしています。

IMG_4381.JPG

このたび、K様の家が完成しましたので、建物内部の写真撮影をします。

弊社では、完成写真を2回に分けて撮影しています。

建物ができますと、建物のお引渡しをさせていただきますが、

まだ外構造園工事ができてませんので、外部の写真を残し、建物内部写真を

この時点で撮影します。

IMG_4269.JPG

撮影は、プロの写真家の杉本さんです。

いつも、きちっとして身なりで、丁寧な写真を撮影していただいてます。

パープルの発行社の写真家になり、この先生は、撮影の枚数がとても多いのが

特徴で、もう少しここを撮っておけばということがありません。

長いお付き合いです。

_OSG5844.JPG

撮影の際には、ランドマークが、K様にこだわりで設計したポイントを

お伝えしてになります。漫然と撮影をすることはありません。

_OSG5802.JPG

家の主役は奥様です。

奥様が家と家族様の真ん中に位置するプランが基本になります。

私は40年以上前から、住宅やマンション、学校、店舗、工場など、さまざまな

建物を設計していますが、

以前は、奥様が家の片隅の台所のプランが多かったですが、

IMG_4260.JPG

現在は、LDKが大きくなり、廊下を極力なくし、リビング階段を設けて、

2階のお子様が、必ずお母さまに挨拶をして上がるような間取りが好まれます。

_OSG5775.JPG

ランドマークの家は、お風呂の窓が大きいのも特徴の一つです。

マンションの場合は、お風呂の窓が小さかったり、窓が無い場合が多いと思います。

マンションの建物全体の計画上、風呂が外気に面さないことになる場合が

多くなります。

マンション住まいの建築士の場合は、風呂の窓が小さいものだとの先入観がある

ことも、風呂の窓が小さい例が多いのではないでしょうか。

 

昼間に風呂を乾かしたり換気のためには、大きい窓が重宝されます。

窓の外には、採風ブラインドを設けますので、入浴中は心配ありません。

_DSC8371.JPG

               (大和高田市のK様の事例)

また、将来、外部に庭を造る可能性と楽しみもあります。

_OSG6021.JPG

バルコニーが広く、雨に濡れない物干場があるのも、ランドマークの特徴。

_OSG5983.JPG

あえて、壁を工夫してでも、バルコニーの大きさを確保します。

朝、ご家族様を送りだし、お買い物の最中に、雨が降ってきても、

全く心配ありません。急いで帰宅せず、ゆっくりとお買い物が楽しめます。

_OSG6008.JPG

大きなウィンドキャッチ窓は、横風を有効にとり入れ、

特許遮熱工法で、真夏でもとても快適で、ほとんどエアコンを必要としない、

健康な住まいになります。

窓高さも1.3mと大きいのもランドマークのこだわりで、採風と外観デザインに

寄与しています。

IMG_4378.JPG

外部がこれからの工事になりますので、

内外の写真がそろうのは外構造園工事が完成してからになりますが、

引き続き、あともう少しですが、快適で、こだわりのワクワクする家を、

優秀な工務店と完成に向けて造ることになります。

<奈良県高取町の家造りは、優秀な工務店との直接契約で>



橿原市のE様、棟上げ前の土台伏せです。 

奈良県橿原市で、家造りをするランドマークです。

このたび、E様の家の棟上げの前に、木材の搬入と、土台伏せをしました。

IMG_4288.JPG

材木を搬入し、濡れないようにシートで養生をしますが、

IMG_4289.JPG

棟上げ前に、予め、基礎の上に土台を伏せておきます。

そのコンクリートの基礎と土台の間には、特許減震ベースを設置しています。

小さな地震の際は、しっかり基礎の上に載ってる土台に緊結されていますが、

 

大地震が起きた際には、この減震ベースのルーズ穴が効果を発揮して、

地震の力を逃がす、制震工法で、特許の工法になります。

その効果は試験室の加震機の上の実験で数値をとり、

地震の加速度が半減されることが確認されています。

 

体感でも、人が載りますと、これが無い家は立っていられないのですが、

特許減震ベースがありますと、人が楽に立ってられます。

人もそうですが、大地震の際に家具などが飛ばないので、中の人を守ります。

IMG_4285.JPG

棟上げの前に足場を設けますの、棟上げ工事の施工性が良く、

安全にも寄与しています。

ここが、鉄骨造の事務所などの一般の建築物と大きく異なることになります。

IMG_4292.JPG

搬入した木材は、シートで完全に覆い、雨から守っています。

台風が近づいてますので、

屋根ができるまでは、雨対策も必要になり、

対応はぬかりないように配慮が必要になります。

<奈良県橿原市の注文住宅は、ご相談ください>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン