所長 森下のひとりごとブログ 

「断熱」 と 「遮熱」 とは異次元の違い。 

奈良県で注文住宅を建てるランドマークです。

 

家の性能で興味があるのは、夏・冬の暑さ寒さを防ぐ、断熱性。

1541028.jpg

暑いのも

1465350.jpg寒いのも、避けたいものです。

せっかくの新築住宅ですから。

 

そこで、、検討するのは 「断熱性」 ですが、

ランドマークの家は、 「遮熱工法」 になります。

その違いは次のようになります。

 

断熱工法」 は、屋根や外壁に断熱材を充填するのが一般的ですが、

グラスウールなど、多くはその断熱材の中に熱を貯めて、屋内に熱が

貫流しないようにします。

遮熱 と 断熱 の違い002.jpg

そうです、屋根や壁の断熱材の中に熱を貯めて、熱が貫流しにくいようにします。

遮熱 と 断熱 の違い001.jpg

遮熱工法」 は、屋根と外壁、5面すべてに、熱を反射する(遮熱する)

特殊アルミシートを貼り、熱を反射(95%)して、熱を通さないものです。

これが、ランドマークの 「特許遮熱工法」 です。

1263780.jpg

魚やジュースを入れる、あのアルミのクーラーボックスと同じ原理です。

アルミシートは、電磁波である熱線を反射しますので、ほぼ100%熱を

通さないものです。

 

断熱は熱をためて、熱を貫流しにくいようにしたものですが、

断熱と遮熱は、全く異次元の差があります。

DSCN2233.jpgランドマークの家は、屋根、外壁すべてを特殊アルミシートで包む工法で、

ほぼ屋根と壁から熱が通りませんので、高い断熱性が生み出されるのです。

ただし、窓ガラスからは熱が通りますので、LOW-Eガラスの対応をする場合が

あります。

 

夏は涼しく、冬はあったかい家になるように、極力エアコンに依存しない家を

目指しています。

 

熱を包む   「断熱」 と 

熱を通さない 「遮熱」 

違いをご理解いただけましたでしょうか。

自動車のアルミサンシェードをフロントガラスに置きますと、

その 「遮熱性」 で、車内の温度が全く違いますね。

IMG_1099-thumb-380x285.jpg

<上質で安心の家をお手頃価格で。ランドマークにご相談ください>



建物の企画は、3D画像でご判断をしていただきます。 

奈良県で注文住宅の家を、土地のご紹介からさせていただきます。

家づくりは、家を 「創る」 ことです。

出来合いの家を買っていただく、建売住宅とは異なります。

IMG_7677.JPG

このような、土地の写真情報だけでは、どのような家になるか、

なかなか想像できません。

190317平面図.jpgそのために、このような間取り図や、

190317平面図02.jpg このような立面図をご覧いただくのは、従来からの手法ですが、

鳥瞰19031701.JPG

ランドマークでは、このように、立体的な画像でご覧いただくようにしています。

間取り図ではわからない実感や生活感がわきますね。

これは、鳥瞰図というCGの手法になります。

内観19031701.JPG内観も主婦目線で、立体でご覧頂き、

内観19031702.JPG主寝室の広さもわかりやすいですね、

外観19031702.JPG外観も同時にご覧いただき、

建築費や土地代や、住宅ローンの資料もご提示させていただきます。

一つ一つ丁寧な家づくりは、お客様それぞれの人生の提案と思い、

この3次元のCGなど、様々な資料で提案しています。

 

ランドマークでは、複数のCADや、3次元のCGのソフトがありますが、

今日は、その一つ、アーキトレンドというCAD兼CGソフトの福井コンピュータの

田中さんがお見えになり、最新の商品情報を説明いただきました。

IMG_9730.JPG注文住宅を造る会社として、お客様にご理解いただき易い企画提案書の

作成方法を日々研究しています。

CGについては、アーキトレンド以外のソフトも活躍しています。

 

土地のご紹介からの家づくりは、土地の物件情報だけでなく、

その土地に家が建った際の金額や、立体的な実感ある画像を必ずご提示して

いますので、ぜひ、土地探しからの家づくりは、ご相談ください。

 

土地探し、企画提案図、銀行融資の提案までは無料です。

ご納得いただけるまで、丁寧なご提案と打合せをし、

1529457.jpg

耐震構造のことや、断熱工法のことなど、お会いして様々なご質問を

082244.jpg

お受けし、ご相談に対応させていただいています。

<自由設計の家づくりは、土地探しからランドマークにお任せください>



お風呂や生活を楽しみましょう2 

奈良県で自由設計の家をつくるランドマークです。

一生の家ですから、よく考えて、自分の希望を入れた家にしたいものです。

 

ランドマークの想いは、生活を楽しめる家です。

その一つが、お風呂。

 

先日の、洋風のメーカー2社に続き、信楽焼きの浴槽のメーカ-に相談に行きました。

IMG_9656.JPG

山道をひたすら走り、信楽に向かいます。

IMG_9657.JPGやっと、着きました。

さすが陶器の街ですね、専門店がずらりとならんでいます。

IMG_9676.JPGお目当ての店につきましたら、大勢のお迎えをいただきました。

信楽焼の定番、タヌキ。

IMG_9668.JPG焼き物の浴槽ですが、形状や大きさなど、さまざまな物があります。

 

ここで判ったのですが、当初、小判型の浴槽を想定していましたが、

意外と、丸型の浴槽が余裕の広さとの実感を得ました。

IMG_9662.JPG

浴槽は小判方との先入観は捨てるほうが良いようです。

IMG_9663.JPG

また、さすがに、専門メーカーです。釉薬の違いで、まったく肌理に違いがあります。

IMG_9664.JPG

給湯や排水の金具の取り付けも、予めこのメーカーに送りますと、

焼く前に加工していただけるようで、安心しました。

 

いろいろ得ることが多い有意義な1日でした。

IMG_9680.JPG

大勢のタヌキに見送られ、帰途につきます。

IMG_9682.JPG信楽から山を越えて、大内インターで休憩です。

 

今、取り組みの信楽焼の風呂の家の構想を練りながら、豊かな心地で帰ります。

奈良県の注文住宅、高級和風住宅はランドマークにご相談ください。

工務店への直接契約で、お手頃な価格と安心をお届けしています。

<奈良県の注文住宅はご相談ください>



お風呂や生活を楽しみましょう 

奈良県で自由設計の家をつくるランドマークです。

一生の家ですから、よく考えて、自分の希望を入れた家にしたいものです。

 

ランドマークの想いは、生活を楽しめる家です。

その一つが、お風呂。

橿原市S様002.jpgこの橿原市のS様のお風呂は、

橿原市S様01.JPGこの家の一角のお風呂の、大きな窓の外には、竹垣で囲まれた庭があり、

夜の入浴時には、その庭園をライトUPしてご満悦とのことです。

老舗和風旅館以上の住まいになります。

桜井市 K様.JPG

桜井市のK様のお風呂にも外に竹垣の庭、

大和高田市K様002.JPG

  大和高田市K様001.JPG大和高田市のK様は、お風呂にこだわりで、この家の横の壁はお風呂の坪庭の

竹垣の囲いになります。

奈良市 n様02.JPG 奈良市 n様01.JPG 奈良市のN様のお風呂は2階にあり、お風呂の外は大きなバルコニー。

奈良市YY様.JPG 奈良市YY様00.JPG 奈良市のYY様の家のお風呂にも大きな窓があり、今はまだでも将来は

竹垣に囲まれたような坪庭の可能性があります。

 

もし、坪庭を作らなくても、昼間の乾燥には大きな窓は必要です。

 

このたび、特殊なバスタブの専門メーカー2社のショールームを見学に

行き、いろいろ、商品のこと、熱源のことなど技術的なことを聞かせていただき

ました。

IMG_9436.JPGひとつは、大阪市内のJ社です。

IMG_9450.JPG IMG_9442.JPG バブルジェットや排水溝など、よく参考にしたい要素がふんだんにあります。

IMG_9464.JPG IMG_9465.JPG 変形のお風呂や、

IMG_9456.JPG IMG_9452.JPG 檜風呂もあり、豊かな住まいをご希望の方には楽しい情報がたくさん

取得出来ました。

工務店により、納入方法も検討を要し、意義深い1日でした。

IMG_9469.JPGこの見慣れた大阪の街には、住宅造りの多くの情報が満ち溢れていますが、

価値のある情報と、誤った価値のない情報もあり、

施主様に代わり、建築士の会社として、取捨選択し、

お客様には、魅力と価値のある家をご提供させていただいています。

<奈良県の注文住宅、工務店直接契約はランドマークへ>



地震保険の料率が上がるようです。 

奈良県で注文住宅を建てるランドマークですが、重要な情報が入りました。

先日の報道ですと、損害保険各社が、地震保険料の改定(値上げ)を金融庁に

届出たとのことで。

 2021年1月を計画し、5.1%の値上げとのことです。

そうですね、地震のリスクは高まってきてます。

  1441070.JPG

30年以内の東南海巨大地震の発生確率が75%とのことですから。

まだ起こってませんが、太平洋プレートの歪が地震を起こすプレートテクニクス

理論が正しければ、

地震が起こらないことが続くほど、そのエネルギーがさらに蓄積され、

地震が起こった際の被害のリスクは、より高まり続けるはずです。

  1501835.JPG

地震が起こらないのが良いのではなく、少しずつ小地震が起きて、

エネルギーが放散されると良いですが、地震が起きずに貯まってしまうと、

起きた際の地震がより巨大になるはずです。

  486071.JPG

損害保険は確率によるビジネスですから、地震保険料が上がるというのは、

そのように発生確率や被害リスクの判断を高めたというように理解できます。

 

弊社では、地震対策は、耐震構造では不十分と考えています。

建物の強度を上げるほど、家の内部の揺れが高くなり、

家族の人体を傷めるような家具の転倒や、吹き飛びなどが起きます。

大きな箪笥が倒れますと、赤ちゃんはたまりません。

  1429934.JPG

そのため、ランドマークの標準仕様として、特許制震工法をお薦めしています。

揺れを小さくするのが地震対策で正解です。

耐震で大きな揺れのまま、頑張ってはなりません。

弊社の特許減震ベースは、低価格で効果は絶大で、巨大地震の揺れを半減します。

  IMG_4963.JPG

さらに、免震工法をご希望の場合、その有効な工法はランドマークにあります。

そのランドマークの免震工法は、大手損保の地震保険との提携があるものです。

現在、日本にある地震保険は1/2しか賄えないものを、100%まで賄えるもので

再建築できるものです。

  father-23.jpg

この100%の保険がある理由は、損保会社が確率を計算し、

保険金の支払い確率が少ないと判断した結果と理解できます。

その工法は、ご相談ください。

<奈良県の地震対策の住宅はご相談ください>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン