所長 森下のひとりごとブログ 

橿原市のE様、特許遮熱工法の施工です。 

奈良県橿原市で、注文住宅の家づくりをするランドマークです。

橿原市のE様邸の特許遮熱工法の施工をしました。

IMG_4500.JPG外部は、特許2重アルミシートで、夏の太陽光の輻射熱を95%反射します。

ランドマークの家の特徴の大きな(H1300)連窓が表れてきました。

ウィンドキャッチ窓ですから、横風もよく取り込み、特許遮熱工法で、

夏は風が吹くとやや寒いくらいになります(個人差はあります)。

IMG_4489.JPG

床下を除く、外壁4面と屋根面の計5面をアルミシートで覆い、

輻射熱がほとんど入らない工法になります。

IMG_4494.JPG

特許アルミシートの外面には、屋根に至る20ミリの空気層があり、

反射した熱い空気を屋根上の換気口から排出します。

IMG_4515.JPG内壁には、高価な30倍発泡のウレタンを吹き付けますので、

遮熱材にさらに断熱材が施され、熱の通る余地がありません。

IMG_4503.JPG

当然に、屋根面にもウレタン断熱材を吹きますので、

5面がすべて覆われて、夏は涼しく、冬は暖かい構造になります。

冷暖房に依存しない、遮熱工法ですが、

この工法が優れてるのは、気密性で、その驚異的な性能は、数値に現れ、

C値(隙間相当面積cm2/m2)は、大手住宅メーカーの各社は次のとおりで、

第1位の一条工務店、IーCUBEが      0 .59 cm2/m2

第2位の一条工務店、夢の家が      0.71 cm2/m2

第3位のスウェーデンハウスが        0.73 cm2/m2

第10位のミサワホームが         2.0 cm2/m2

第13位の住友林業が             2.0 cm2/m2

第15位のセキスイハイムが         2.0 cm2/m2

第19位のエスバイエルが         3.7 cm2/m2

のところ、

ランドマークの特許遮熱工法は、     0.4 cm2/m2

と、断トツの高性能です。

<WEBサイト、住宅の評価ナビhttp://www.towntv.co.jp/2009/11/cq.phpより>

になります。

気密性は、遮音にも有効で、道路端の家のように騒音に悩まされる場合の

防音サッシの「エアタイト」の効果があります。

 

と言いますのも、昨年建築の道路際の橿原市のK様の家が、予想外の静寂で、

高い評価を受けましたが、この数値が証明をしています。

180822-img01.jpg

ウィンゲート社が開発し、立命館大学が研究と実験をし、評価された工法に

なり、ランドマークが数少ない奈良県の認定会社になります。

ウレタン遮熱③.jpg

今の公的な暖冷房の評価には、

「断熱」 の概念はありますが、 「遮熱」 の概念はありません。

しかし、本当に室内温度に寄与するのは、遮熱です。

このことは、この特許遮熱候補が見事に証明しています。

 

夏は、扉を開け、2階の小さなエアコン1つで全館が快適になるくらいの効果です。

むろん、朝1回日冷やせば、1日中エアコンなしでも不快感はありません。

 

せっかくの一生の家でから、

暖冷房の負荷が少なく、エアコンに極力依存しないほどの家をご検討ください。

<奈良県の注文住宅は、特許の性能で選ぶランドマーク>



| トラックバック (0)

橿原市葛本町の分譲地のご紹介です。 

奈良県で注文住宅の家造りをするランドマークです。

魅力の分譲地を2件、ご覧の方にご紹介させていただきます。

橿原市葛本町   近鉄橿原線新口駅 徒歩3分  1360万円~  39坪

 <駅に近く、通勤・通学・お買い物に最適>

大和高田市奥田  近鉄南大阪線浮孔駅 徒歩18分 800万円  75坪

 <静かな街で、近傍の分譲地より、破格の安さで大きな土地

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

橿原市葛本町 1360万円~

ご建築される際に、土地探しから始まることになりますが、

近鉄橿原線新口駅、徒歩3分、橿原市葛本町に分譲地があります、

DSCN2332.JPG

IMG_0106.JPG

特急停車駅の大和八木駅の隣で、通勤通学にも最適な立地になります。

外観180921 01.JPG

ランドマークの分譲地ですが、まったく広告をしておりせん。

分譲地の前を通る方がご覧になってから、ご購入になることで、

少しずつ売れてはいますが、

近鉄新口駅、徒歩3分の好立地で、130㎡(39坪)で1360万円です。

外観180921 02.JPG

外観180921 03.JPG

6m道路に面して、駅徒歩3分で、1360万円の土地は当分出ない

魅力の物件になります。

外観180921 04.JPG

洗練された住宅のみが建つ、楽しい住宅地ですが、

_OSG3397.JPG

行き止まりの道路ですので、通り抜けの車が無い、お子様には安全な

道路になります。

橿原市で、土地探しをされてる方にはぜひお薦めしたい住宅用地です。

_DSC5908.JPG

 
より大きな地図で 葛本町分譲地2 を表示

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大和高田市奥田 800万円

外観02.JPG

この付近には、分譲地が多い人気のエリアですが、

75坪で800万円は、破格の価格になります。

ご家族様の豊かなお住まいのため、広大な敷地はいかがでしょうか。

秋吉 住宅地図  名前表示抜き.jpg

お気軽に、ご相談ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界的に有名な建築家、フランク・ロイド・ライトの正規シリアルナンバーで

住み心地が良く、可愛い、デザインの良い家をランドマークが建築しています。

<奈良県橿原市の注文住宅は、一般の土地探しからもご相談ください>



全館空調は、本当に良いものか要注意です。 

奈良県で注文住宅を建てるランドマークです。

ただただ安さを求めないながら、お得になるのは、工務店に直接契約が

できる建築士の住宅会社だからこそになります。

営業マン.jpg弊社は、営業マンを置かないのが価値で、

建築士.jpg

建築士の私が、直接に設計と監理をして、

大工.jpg 工務店との直接の契約ができて、

工務店の社長と直接に打ち合わせができて、大工さんなどの職人に近い、

安心と価格の価値を提供できる、

関西でも全国でも稀有な、価値の高い会社を目指しています。

住宅会社では得られない価値をお届けしたいとの想いになります。

 

ところで、このところ、

全館空調や太陽光発電などのエネルギー関係の関心が高まっていますが、

ゼロエネルギーのことも、様々な情報が入り乱れています。

1138237.jpg

まず、太陽光発電についてですが、

私は以前から、太陽光発電は、売電が目的ではお薦めをしていません。

金額が目的では、なかなか理にかなっていないからです。

 

太陽光発電設備の価格は、年々下がってますが、

反面、肝心な売電価格が、その価格を見るように下がり続けています。

国策としては、買電で儲けられない価格を設定してるように思います。

 

しかし、自家消費として、停電時に使える電気として、

バッテリーを併設するのは、意味があり、価値があります。

先日も、そのような家を建築しました。

お金が目的でなく、非常時に電気が使える、安心の価値観があります。

  1028481.jpg国はさらに売電の価格を下げようとしています。

過去は40円以上だったのが、なんと、2025~2027年度には11円/KWを

目指すとのことです。

30円台でも、12年くらいかかる償却ですが、買取の契約は10年までで、

(10KW以上の産業用は20年ですが)

11年以降は、買取の保証も金額も不確定ですし、

パワコンなどの設備の取り換えのリスクもあります。

 

これからは、逆に太陽光発電に依存しない、家が必要です。

 そこで、全館空調に近い家で、ランドマークが建て続けてるのが、

1461569739-926539_1.jpg

酷暑の夏でもエアコンに依存しない、「特許遮熱工法」の家です。

冷房ではないのですが、「特許アルミシート」が太陽光の暑い輻射熱を95%

反射します。

夏は、少し窓を開けて、風を通すと冷っとするほどの体感にもなります。

これは、ランドマークの標準になります。

 

次に、冬場の暖房についてですが、この「特許遮熱工法」は、

高価な「30倍発泡のウレタン断熱材」を使用してますので、断熱が良く効きます。

一般的な100倍発泡の、安いウレタン断熱材では断熱効果は弱く、

特許ウレタン遮熱工法は、少しのエアコンで暖房が効きます。

 

暖房はエアコンでけでも良いのですが、あえて全館暖房となりますと、

オプションAとして、「蓄熱暖房」を推奨しています。

夜間電力で数100度に熱した石の熱を少しづつ昼間に吹き出すもので、

しっかりと暖かくなり、加熱する熱量も、とても大きいものですが、

比較的、安価になります。

ただ、全館暖房までではありません。  _OSG8215.JPG

そこで、さらにオプションBとして、「土壌蓄熱暖房」を推奨しています。

これは、完全な全館暖房になります。

基礎スラブの下に、深夜電力で地盤を温める暖房のパネルを敷設するもので、

家全体を、基礎の下の地面から温めます。

玄関ホール、トイレ、廊下、洗面所まで全ての部屋が暖かいものです。

エアコンと異なり、空気の対流で温めるものではないので、

真冬の朝一番の洗濯場が寒いのはつらいところ、

床板が温かくなりますから、その輻射熱で部屋が暖かくなります。

このため、エアコンでは冬場の足元や足の裏が冷たいものが、

床から体全体を自然に温めてくれて、快適で優しい環境になります。

1214574.jpg

ガツンというあったかさではないものの、とても優しく力強い

「風なしの暖かさ」になります。

断熱構造72.JPG

この床板に、さらにガラリを設けますと暖気の対流もあり、さらに暖かくなります。

この暖房の場合は、床下の暖気を室内に廻しますので、

床下の木材の防虫防蟻剤としては、人体に影響のないホウ酸系のものを

使用します。

安全性も万全の配慮をしています。

 

巷には様々な情報がありますが、

このような全館空調を取り組む住宅各社の設備を見ますと、

本当に良いものか考えさせられるものも多くあります。

 

国が推奨するものに従うと、必ず良いという全館空調はなく、

住宅会社が各社が研究開発をし、しのぎを削っています。

 

ランドマークでは、全館空調としては、費用対効果で、

(初期投資額とランニングコスト)安全を考慮した、

施主様にとって最もバランスの良い組み合わせをご提供しています。

 

このところ、次々に発表される、1台の大きなエアコンでの

全館冷暖房と称するシステムは、

冬の足元が寒く、冷たく、納得できないことは明らかです。

 

全館空調に伴う大量の建材を使うことを前提の、建材会社の好きな工法も多く、

その目的が施主様の為のものでないものが散見されます。

 

一般の方には理解できない仕様を、

施主側の立場の私が、予め研究開発して商品化できるのは

建築士の住宅会社だからこそとの熱い想いと、誠意との自負があります。

 

全館空調だけでなく、地震対策や工務店との施工体制、お得な仕組みなど、

日々研究開発し、進化し続けています。

 

ランドマークは、20坪の家から、価格と安心と性能の価値で、

ご満足いただける家や、施工体制をご利用いただけます。

 

ワクワクする素敵な家は、「売る家ではなく」、

ご一緒の家造りの立場で、開発し、日々進化する家です。

  861146.jpg

ご期待いただき、お気軽に、無料相談から、お越しください。

<奈良県の全館空調、注文住宅はご相談ください>



曽爾高原のススキ 

奈良県で、工務店直接の住まいつくりをするランドマークです。

先日、奈良市のY様の地鎮祭をお手伝いさせていただきましたが、

その際の、刈り初めの儀に必要な草ですが、

通常は、敷地の草を抜くようにしています。

地鎮祭の意義からもそうなります。

 

この度は、ススキを用意していただきたいと、お寺様からのご指示で、

ススキを採ることにしました。

 

どこでもあるススキですが、種類を間違いますと、残念なことになりますので、

思い切って、曽爾村に行きました。

IMG_4439.JPG

榛原からまだ山の中に入り、この長ーいトンネルをいくつも通り、

やっと、曽爾村に入りました。

IMG_4430.JPG

曽爾村は、この鎧岳が有名ですね、国の天然記念物になってるようです。

異様な風景です。

 

村役場で、ススキの場所を伺いまして、曽爾高原の場所が判りましたが、

大きな問題が発生しました。

 

うすうす思っていましたが、曽爾高原のススキは国定公園の中にあります。

採ってはなりません。

ススキといえども。

IMG_4434.JPG

納得をし、帰り道で、

国定公園を出てから、道端のススキを採ることに、

道端の草刈りです。

 

ススキは、この時期ですから、立派な穂先がありました。(^_-)-☆

この曽爾村には、天然温泉の亀の湯があるので入ろうとしましたが、

今日は休館のようです。

IMG_4431.JPG

夕方でしたが、名勝のススキの夕焼けも、あいにくの雨で撮れません。

 

しかし、ドライブが好きですので、まったく気になりません。

IMG_4436.JPG

本場近くのススキを手に、地鎮祭にお持ちできるのを楽しみに、

少し、心温まる帰途になります。

<奈良県の家造りをする建築士の会社、ランドマークにご相談ください>



奈良市のM様、地鎮祭です。 

奈良県奈良市で注文住宅の醍醐味をご提供するランドマークです。

せっかくの一生ものの家造りです。

注文住宅の職人による、原価の高い、納得の家を造りたいものです。

 

注文住宅ながら、価格と安心の価値を提供できるのは、

一級建築士の会社、ランドマークが、工務店に直接契約できる仕組みを

創ったからになります。

IMG_4536.JPG

このたび、奈良市のM様の地鎮祭を執り行うお手伝いをさせていただきました。

前日に、テントを張っていますが、紅白の膜は雨でぬれたり、汚れることのない

ように当日、設営をすることになりました。

IMG_4592.JPG

紅白の膜や、竹・縄・砂を用意して、式が執り行われました。

ご家族様、ご親族様のご列席で、荘厳な式です。

IMG_4647.JPG

各宗教・宗派で作法は異なりますが、概ね同じ式の進め方のようです。

仏式ですので、導師様で丁寧に、念のこもった式を進められます。

 

丁寧に打合せを繰り返し、平面詳細図や展開図、電気設備図、構造図などを

作成しましたので、

その図を元に、注文住宅対応の職人の皆さんと、心を込めて家造りが始まります。

 

着工に先立ち、地盤調査をしましたところ、地盤が固かったので、

杭工事はせずに、地盤の転圧と部分的な補強のみとなりました。

 

ランドマークの場合、途中で工事費の追加にならないように

予め、杭を想定して、予算組みをしていますので、

地盤が固い場合は、資金が残ります。

IMG_4700.JPG

工事を進めて、後戻りができない中で、次々に追加になる家造りにならない

ようにしています。

 

いわゆる、入り口の家と出口の家の違うものならないようにしています。

 

地鎮祭の帰り道で、道を横断してる橋を見あげましたところ、

橋梁の落橋防止のアンカーが付いていました。

塗装の色が異なりますので、最近の高架道路の地震による落橋事故により、

追加対策をしたものと思います。

 

家の地震対策は、ランドマークの場合は、

家を守るのは当然ですが、揺れても、建物内部が揺れにくいようにして、

家族を地震から守る装置があります。

 

特許の減震ベースですが、低価格で効果は絶大です。

このY様の家にもご採用いただいていますので、

様々な、ランドマークの特徴のある家をまた一つ、奈良県で造ることに

なります。

<奈良県奈良市の新築住宅は、工務店直接契約ができるランドマークへ>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン