所長 森下のひとりごとブログ 

軟質ウレタンフォームはランドマークの家には使いません 

奈良県で注文住宅造りをするランドマークです。

住宅に最適のコストと仕様のバランスを追求したのが、ランドマークの家です。

_OSG3369.JPG

ただただ、価格だけを目指した家でなく、

工務店に直接に契約できる、安心の仕組みをだからこそ、

お得な価格と、品質のバランスの良い家づくりになるのです。

 

その中で、特におすすめは、特許ウレタン遮熱工法です。

現場発泡ウレタンは巷にはたくさんありますが、

ランドマークで採用のウレタンは、「硬質ウレタンフォーム」になります。

 

多くある「軟質ウレタンフォーム」は100倍発泡で、材料が100倍に発泡します。

ランドマークの「硬質ウレタンフォーム」は30倍発泡ですから、

単位体積当たりの価格は高くなります。

高価な材料ですが、絶対に譲れない材料になります。

IMG_1070.JPG

ランドマークの硬質ウレタンフォームにペンを刺すと、なかなか入りませんが、

IMG_1071.JPG

100倍発泡の軟質ウレタンフォームにペンを刺しますと、

このように、グサッと入り込みます。

触感は、スポンジのようにスカスカで柔らかいものです。

 

軟質発泡ウレタンフォームの説明には、その内包する気泡で断熱という記述が

よくありますが、柔らかく、気泡がつながると、熱も伝導しますし、

家の寿命に大敵の湿気も通り、結露の懸念もあります。

 

名前こそ同じですが、100倍発泡ウレタンは、住宅にはありえないものと考え、

あえて高価な30倍発泡を採用しています。

 

ただただ、安い家を目指さないランドマークのこだわりです。

IMG_1074.JPG

壁の内外を並べていますが、壁外部に太陽光の熱を95%カットする

厚い2重構造のアルミシートを貼り、内部に30倍発泡の硬質ウレタンフォーム。

この絶妙の取り合わせが、特許ウレタン遮熱工法になり、

ランドマークは、数少ない、認定施工店になっています。

(特許ウレタン遮熱工法は、ウィンゲートが開発元で、ランドマークが認定施工店)

立命2_01.JPG

(ランドマーク森下と、実験者の立命館大学近本教授と、ウィンゲートの高屋社長) 

DSCN3233.JPG

エアコンに依存しない、健康で経済的な家は、ランドマークの家造りに

相応しい仕様の一部になります。

<奈良県の真摯な、家造りは、お得感も添えてランドマークが提供しています>



大淀町のO様、現地での打ち合わせです。 

奈良県吉野郡大淀町で家づくりをするランドマークです。

O様の家づくりをしていますが、

外部のアルミシート(特許遮熱工法の)が施工され、その威容を現しました。

IMG_0409.JPG

このアルミシートで、暑い太陽光の輻射熱95%を反射します。

この長ーーーーいバルコニーは、1階窓の庇も兼ねていますが、

外観デザインの特徴でもあります。

IMG_0410.JPG

外壁の妻面には、特徴の4連窓を設置しました。

軒の出(屋根の出)がとても深く、メンテナンスが少なくて済む、

特徴のデザインもわかるようになりました。

この窓は、ウィンドキャッチ窓と言い、横風を効率よく呼び込み、

住み心地に大きく寄与しています。

IMG_0417.JPG

内観はこのようになり、普通の新築の家より、200ミリ大きい窓が、

実感できるようになりました。

IMG_0412.JPG

玄関ドアが付きましたので、工事中の防犯上も安心できる工程になりました。

IMG_0414.JPG

この工務店は、現場がきれいなのも特徴になります。

木を切ったり、削ったりし、切り屑が出るたびに、こまめに掃きますので、

いつ現場に来ても、きれいで、ごみが全くありません。

工事中がきれいなのは、大工さんの思いで、とても現場を大切にしています。

IMG_0423.JPG

今日は、クロスの色などを現場で打ち合わせさせていただきました。

店での打合せとともに、必要に応じて、工事現場での打合せを重ねます。

 

ランドマークの家は、打ち合わせの回数がとても多いのが特徴で、

大きな施工図を描き、棚板一枚の寸法まで、徹底的に打合せし、

施主様の思いどうりの家になるようにし、

建築士の森下のお薦めの家にするように丁寧な仕事をしています。います。



フランク・ロイド・ライトの、最新情報が届きました。 

奈良県で注文住宅の家づくりをするランドマークです。

 

ランドマークには、和風の家も、ありますが、一つの特徴は、

フランク・ロイド・ライトの正規ライセンスの家。

「オーガニックハウス」のブランド名で日本中に展開中の家です。

 

当地では、弊社がそのライセンスで、家づくりをしています。

IMG_01231_01.JPG

世界的建築家の フランク・ロイド・ライト は、

建築の仕事に携わる人で、知らないと恥ずかしいくらいの、

功績を遺した人になり、

日本でも作品が、帝國ホテルなど複数あります。

 

そのライトの功績を伝え、正統な家を日本に展開するのが、

オーガニックアーキテクチャー社。

 

今日は、そのオーガニック・アーキテクチャー・ニュースが届きました。

今年は、ライトの生誕150周年で、様々な行事が催されていて、

氏の作品の帝國ホテルでも、展示されています。

建築家は家だけでなく、家具などの作品があり、

ヤマギワでは、ライトのデザインそのものの照明器具があります。

弊社では、割引価格で入ります。

ご相談ください(ランドマークの家の施主様に限定ですが)。

 

オーガニック・アーキテクチャーでは、

毎年、米国のライト財団を訪問する企画があり、その成果も報告されていて、

本拠地タリアセンを表敬訪問してる模様が載っています。

IMG_01232_01.JPG

IMG_01233_01.JPG

ライトの家に興味をお持ちの方は、ぜひ、ご相談ください。

外観3.jpeg

今年は、モルディナや、

IMG_4569.JPG

ノーブルシップなどの新商品も開発されました。

(ロビー邸の伸びやかな屋根を彷彿とされるデザインです)

 

伝統に則りながら、今の日本に相応しい家を、

それぞれの施主様の家に、ひとつひとつ正統なシリアルナンバーを付し、

展開しています。

<フランク・ロイド・ライトの正統な家づくりを継承する、ランドマークです>



シラス壁の実験キットが届きました。 

奈良県で家づくりをするランドマークです。

注文住宅は、仕様が自由なのは良いですが、

私のこだわりは、その価格と仕様のバランスを適切にすること。

 

一つの仕様にとんがった家は、感心できません。

施主様に代わり、いろいろな建材や工法で、最も良いものを集積したのが、

ランドマークの家。

 

売り込みの訪問や電話の営業を一切しないのも、そのこだわりから。

1年で施工できるのは、能力的に10~15棟が限度ですが、

 

ご縁があった方には、最善の家づくりになるようにとの想いで。

IMG_0442.JPG

その高千穂シラス社から、待望の実験キットが届きました。

先日、九州工場で見て、多くの方にお薦めして良いと、

確信を持ったその実験キットです。

IMG_0438.JPG

この2つの瓶は、

左は、何もない瓶。

右はシラス塊が入っています。

あらためて、試しに、両方にアンモニアを含むパフを投入します。

 

20分して、その瓶を開けますと、予想どうり、

左は、強烈なアンモニア臭で、目が痛い。

右の、シラス塊のある瓶は、まったく匂いがしません。

不思議なくらい。アンモニアはあるはずなんですが。

t-shirasu.JPG

この火山灰の多孔質の中に吸い込んで、分解したに違いないです。

IMG_0439.JPG

次に、吸湿性ですが、

その吸湿性を謳う、珪藻土と、シラス壁の比較です。

水を吹き付けたところ。

 

右の珪藻土の壁は、吸い込みきらず、下の紙にシミが広がっていますが、

左のシラス壁は、吸い込みはしますが、下に垂れません。

IMG_0441.JPG

この説明書のとおりです。

高千穂峰イメージ.JPG

鹿児島の高千穂の火山の恵み、

シラス崖3.JPG

ここで採取したシラスが、住宅造りの悩みに光明をもたらしました。

IMG_8925.JPG

IMG_8916.JPG

IMG_8902.JPG

この素材にも、塗り方などで、いろいろなテクスチャーが選べます。

 

厚みの違いもありますが、ランドマークでは、まず内装用に、

「薩摩中霧島壁」が取り組みに適してると判断しました。

IMG_8906.JPG

IMG_8907.JPG

まさにこのPOPのとおりです。

IMG_8926.JPG

IMG_8927.JPG

このシラスと出会うために、鹿児島に飛び、

IMG_8858.JPG

IMG_9057.JPG

同社の山口さんい会い、

建築主様に代わり、選んだものです。

IMG_8995.JPG

IMG_9040.JPG

この「シラス洞窟の家」という実験棟に近い価値のある、

シックハウスの各種の効果の高い家に向けて、標準設計の検討中です。

ランドマークの家は、日々、進化しています。



大淀町のO様、棟上げです。 

奈良県吉野郡大淀町で家づくりをするランドマークです。

建築士の事務所だからこその、 安心して 「建築会社との直接契約」 できる

価値をご提供しています。

 

家の打合せを工務店の社長が直接し、

判りやすい大きな施工図を描いて、丁寧な家づくりをします。

(注文住宅ですから、当然ですが)

キッチンやお風呂などの設備は、メーカーのショールーム(複数)にご案内し、

すべて自由にお選びいただき、

IMG_8150.JPG

施主様と、設計者の私と、工務店社長の3社打合せを重ねて、

O様とご一緒に、家を創り上げる思いで、ここまできました。

IMG_0042.JPG

棟上げ当日は、午前中には、1階が固まり、2階に進みます。

IMG_0056.JPG

次に、2階の床板を貼り、はしごで登れるようになりました。

IMG_0068.JPG

土台には、しっかりと、「減震ベース」をセットしています。

これで、制震工法になり、大地震の加速度を半減させます。

IMG_0103.JPG

昼一番には、小屋組ができ、いよいよ、施主様のO様が、棟木を取り付け、

カケヤでたたき込みます。奥様もご一緒の作業になります。

IMG_0110.JPG

吉野の山々を望み、素晴らしい住まいの、棟上げの実感がわいてきます。

IMG_0133.JPG

IMG_0143.JPG

ランドマークの家の、棟上げに欠かせない、「特許ウレタン遮熱工法」の

特別なアルミシートがやっと届きました。

棟上げの際に、屋根を二重工法にして、アルミの遮熱シートを挟むためです。

IMG_0159.JPG

このように、屋根に仕込みますので、棟上げ当日に着くように、

現場着で手配してますが、なかなか届かず、心配していたところ、

昼過ぎにやっと到着しました。ギリギリでした。

IMG_0183.JPG

このアルミシートは、空気層のある2重の屋根を構成するもので、

棟上げと同時に施工します。

IMG_0188.JPG

軒の出が深く、洗濯物が雨に濡れない、こだわりの屋根形状と、

長ーーーい、壮大なバルコニーも現れてきました。

この長いバルコニーは、1階の庇の効果もあります。

IMG_0173.JPG

夕方までに、ほぼ家の形が現れましたが、

日の落ちるのが早く、

IMG_0205.JPG

お酒、洗い米、お塩を四隅にまくときには、真っ暗になってました。

冬至に近い時期ですから、5時にはこの状態です。

IMG_0200.JPG

工務店が用意した御幣は、誇らしく、家の真ん中にあります。

小屋裏に取り付けすることになります。

<奈良県の工務店直接契約の家は、ランドマークにご相談ください>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン