所長 森下のひとりごとブログ 

「出来ない理由を並べる前に行動を!!」 素敵な家づくりのため。 

奈良県で工務店直接契約の家造りをするランドマークです。

 

私たち多くの建築士の夢は、

自分が主体となり、施主様とご一緒に、丁寧な家造りをすることですが、

 

なかなかそれが叶わず、残念ながら、多くは、

建築会社の社員の建築士として、会社の為に働くか、

独立しても、建築会社の下請けとし、補助的な設計や監理などを生業としている

立場に甘んじてることと思います。

 

むろん、完全に独立した建築事務所もあります。

 

ランドマークは、住宅会社では得られない家づくりの価値や、

建築士が直接でないとできないことや、

信頼できる工務店への安心の直接契約の仕組みを創り、

お得で、安心の家造りを始めて、もう早や10年近くになります。

_DSC0108.JPG

当初は、大掛かりな仕組みですから、

建築士にできることではないと、批判的な声が多い中、

地場の大手建材店やメーカーの協力も得て、

徐々に評価を受け、順調に着工戸数を延ばしてきて、

奈良県のみならず、関西の方々にも、

 

独創的で、

住み心地が良く、

工務店への直接契約ができて、

地震に強い特許制震工法、

効果の高い特許遮熱工法、

そしてデザインが魅力の家を

お届けしています。

_OSG5674.JPG

 こうしてますと、格付けの高いゼネコン、有能な工務店などから賛同を受け、

お仲間が増えました。

工務店選びは難しいものです。優秀な業者は事前に選定しています。

 

「出来ない理由を並べる前に行動を!!」との考えで、

魅力の仕組み創りをしてきました。

 

 

ぜひ、多くの方々に、ご活用いただきたく、

価値ある家造りの仕組みを進化させ続けます。

外観1.JPG

ランドマークの家は、注文住宅用の職人や建材で造る、原価の高い家ですが、

お得になるのは、工務店への直接契約のしくみを完成させているからです。

ただただ安い家はめざしていません。

USC外観夜景.JPG

ご期待ください。

まず、ご相談にお越しください。

土地ご紹介や、銀行の資金造りから、すべてお任せいただけます。

 

注文住宅か、建売住宅か、お悩みは多いものと思いますが、

決してあきらめず、20坪の家も喜んで取り組みさせていただいてます。

注文住宅は無理と決めつけず、

「出来ない理由を並べる前に行動を!!」してください。

<奈良県の魅力の注文住宅、お得な家は安心の建築士の家、ランドマーク>



金利上昇時に有利な銀行 

奈良県で注文住宅の家造りをするランドマークです。

 

このところ、金利の上昇の要因が増えています。

日銀のマイナスの政策金利の方針の転換が、市場金利に影響を与えている

ようです。

0-01.jpg

住宅ローンの金利も短期的には上昇の局面のようです。

そこで、金利上昇局面に強い銀行をご紹介させていただきます。

銀行融資の手続きは、一般に次の順番になります。

(1)融資事前審査

(2)融資本申込み

(3)金銭消費貸借契約(住宅ローン契約)

 

(1)の時は、主に個人信用情報の審査で、添付書類は少なく、審査が早いです。

(2)の時は、土地購入の際は、その土地売買契約書、請負工事の契約書など、

   添付書類が多くなります。

(3)の時は、土地購入決済前になりますが、土地購入がなく建替えの場合は、

   建物完成前の場合があります。

0-14.jpg

このように、「さあ家を買おう」と思って請負契約をしてから、実際の銀行融資

までに、かなりの日数がかかり、返済計画が予想外に上がるリスクがあります。

 

特に、フラット35の場合は、つなぎ資金で完成までの資金繰りをしますが、

本体の住宅ローンは完成になった日の金利になり、当初から10カ月くらい先に

なる場合があります。

 

そこで、お薦めはX銀行です。

この銀行は、上記の1,2,3の時期の金利の内、一番低い金利を選べます。

0-72.jpg

銀行金利は、単に安いかどうかでなく、各銀行の特色があり、

お客様に一番良い銀行をお薦めさせていただいてます。

<奈良県の注文住宅の家づくりは、銀行選びもお任せください>



フランク・ロイド・ライトの家。日本で建てる。 

奈良県で注文住宅の家造りをするランドマークですが、

工務店に直接に契約できるのは、建築士の会社の価値になります。

このお手頃な価格と安心の価値をご提供できる稀有な仕組みで家造りをしています。

_Q0Y1285修正.JPG

さらに、世界的な巨匠、米国のフランク・ロイド・ライトの家を、

この日本で当地できるのは、亡きライトの遺した、フランク・ロイド・ライト財団

との正統なサブライセンス契約をした、弊社ランドマークだけになります。

外観3.JPG

ライトの功績を知らない人は、建築設計に携わる人で、居ないほどの功績の

ある建築家になります。

住宅メーカーでも、そっくりなデザインや、非常に意識をした商品もありますが、

プレート_01.JPG

正統なサブライセンス契約により、ライト財団につながるシリアルナンバーを付し、

その証としての認定書とオーナーズプレートをお届けできる立場にあります。

 

そのライト財団とのライセンスに由来する住宅は、いくつかの商品系列が

ありますが、

もし、ライトが今、日本にいたらという設定で次々と新しいモデルができていて、

展示場も毎月・複数が建築され続けています。

その一つが、長野県の避暑地・軽井沢にできて、情報誌の新建ハウジングにて

紹介されました。

 

(新建ハウジングから転載開始。写真も)

af609ccf2fe33899362d06c57440ecad-640x427.jpg

フランク・ロイド・ライトの「有機的建築」思想を受け継ぐ

住宅ブランド「オーガニックハウス」を展開する日本オーガニックアーキテクチャー

(名古屋市)は、ライト生誕150周年の2017年に発表した住宅商品

「デザイン・オブ・イースト・シリーズ」の新しいモデルを軽井沢に完成させた。

有機的建築独自の「デザインコード」「仕様コード」「設計コード」を活用し、

「住み心地の良さ」を表現したモデルだという。・・・

避暑地で訪れる都会の高級そうに向け、別荘建築として提案・・・

(転載終了)

IMG_6288.JPG

奈良市のY様邸、

_DSC5925.JPG

橿原市のU様邸、

0224ランドマーク_011.JPG

奈良市のYY様邸など、奈良県で、多くのオーガニックハウスを建築させて

いただいてます。

_Q0Y7218.JPG

輸入住宅のデザインに興味をお持ちの方は、

正統なライセンスで、建築できる弊社ランドマークのご相談ください。

無料相談をお受けしております。

 

土地の紹介、銀行融資から、企画プラン作製まで、無料で対応しています。

<奈良県の輸入住宅の家ずくりのランドマーク>



高取町のK様、特許遮熱構造の施工です。 

奈良県で注文住宅を建てるランドマークです。

工務店への直接契約による価値をご提供できる立場にある建築士の

会社になります。

 

このたび、高市郡高取町のK様の家の断熱工事を施工しました。

IMG_3512.JPG

この外部に貼るアルミシートが、酷暑の太陽光の輻射熱をほぼ100%跳ね返し

ます。

太陽光の輻射熱は電磁波ですから、アルミがよく効きます。

IMG_1099-thumb-380x285-thumb-380x285.jpg

自動車のサンシェードがこの原理です。

このサンシェードを壁と屋根に覆った貼った家が暑くないのは、

皆様、よくご理解いただけるものと思います。

紙にアルミ粉を吹付けて、アルミシートに見える安価な建材も散見されますが、

ランドマークの特許遮熱工法では、純アルミを2層にした高価なアルミシートを

採用してます。

IMG_3640.JPG

反射した熱気は、その前に設けた通気層で、上に送り、屋根から排出します。

IMG_3644.JPG

このように、壁すべてに通気層を設けています。

ここを通り、屋根から空に熱気が排出されるのです。

IMG_3515.JPG

屋内は発泡ウレタンを吹付けますが、

そのウレタンは、100倍発泡でなく、30倍発泡になり、

材料が3倍以上で、高価な断熱材になります。

 

ランドマークの家は、原価が高い家で、材料代が高い家で、

注文住宅の高い人件費の大工さんの家をこだわりとしていますが、

工務店に直接に契約できることで、お得な家になります。

建築士の会社、ランドマークだからこその価格と安心の価値です。

ただただ安いだけの家を目指してはいません。

IMG_3518.JPG

壁を貫通する金具はすべてしっかり断熱材で覆い、

熱橋を発生させず、熱を遮断します。

IMG_3521.JPG

吹付け工法ですので、気密性が高く、遮音効果も高いものです。

道路際の家はその効果を体感されるものと思います。

IMG_3525.JPG

屋根面にも、断熱材とアルミシート、通気層があり、熱が通るところがありません。

IMG_3539.JPG

ユニットバスの下の基礎にも吹きます。

IMG_3532.JPG

この工程が、一番よくご理解いただけます。

 

価格と性能の価値をご理解いただき、

工務店直接契約ができるランドマークの家は、

土地のご紹介や銀行融資などから、すべてお任せいただけます。

まず、店にお越しいただき、無料相談からさせていただきますと幸いです。

<注文住宅は、工務店への直接契約ができる建築士の弊社にお越しください>



注文住宅の薦め、せっかくの家づくりですから。 

奈良県で注文住宅を建て続けるランドマークです。

一生に一度の家づくりのチャンスとしますと、

注文住宅か建売住宅か悩ましいものです。

 

注文住宅が違う点は、建築途中の工事内容が見れることで、

ただ工事途中が見れるだけでなく、そのさまざまなスペックや設計内容に

施主として参画でき、決められることにあります。

外観1.JPG

建売住宅の折込広告の間取り図を目にすることがありますが、

その家の様々な特徴が、自分に納得のものかどうか、

キッチンは?耐震は?窓の大きさは?、断熱工法は?・・・・

いろいろ考えてしまいます。

中には網戸のない家も多くみられます。 

 

一般的に、

男性は、家を自分の人生の象徴で、自分の存在感を家で表現したくなります。

そのため、外観のデザイン、内部の和室など、ここはというところは納得の

いくものにしたいと思われます。

 

女性は、実利を求められますから、極端に言いますと、

外観のデザインには関心が薄く、威張ったような家にしたいとは

考えない傾向があります。

嫁とは家の女と書きますように、人生のほとんどを自宅で過ごします。

奥様の生活は、子育てや家事が主で、外出の機会は、ご主人様より少なく、

圧倒的に長い人生の時間を家の中で過ごします。

  USW外観例2.JPG

その為、キッチンや洗面の使い勝手は、納得ができるまで、選びたいもの。

そうした設備機器は、ランドマークの場合、特定のメーカーや品番に限定して

いませんので、様々なメーカーのショールームでお選びいただけます。

ショールームでは、通常は2時間でお選びいただきますが、予約の2時間で

決まらない時は、再度、ご案内もしますし、他社へご案内を繰り返すこともあります。

 

そうしますと、奥様は興味しんしんで目をキラキラさせ、時間が超えてもしっかり

品選びをされます。

 

ランドマークの場合は、当初の契約からの変更は差額で精算しますので、

変更をされても、思う存分お選びいただけます。

選べることもさることながら、奥様は、お買い物自体を楽しまれてる場合が多く

感じられます。

 

片や、ご主人様は、設備のショールームのご案内の際は、

お買い物を楽しまれるわけでなく、目的が品番と実物の確認ですので、

合理的に判断して、品番を決定し、早く終わろうとされます。

 

男性は理詰めで行動されます。感覚で選ぶ女性との違いが歴然といしています。

そのため、ショールームでは、キッチンを選ぶ奥様を横目に、すみっこに座り、

タバコを吸われる光景が散見されます。

買い物を楽しむのではなく、 「では何にするんだ、何が良いのだ」 と、理詰めです。

奥様はそうではなく、いろいろな買い物することが楽しいのです。

 

でも、キッチンなどを選びながら、奥様は 「これ」 がいいなと思われても、

なかなか決められないときが多く、その時は、ご主人様の後押しが

とても大切になります。

そういった、ご家族の空気を読みながらの家づくりになります。

  _DSC2256.JPG

設備以外に、間取りや、各部の棚や建具の種類、色など、いろいろな部分を

丁寧に打合せをする家づくりですが、

ご主人様と奥様の役割は、各ご家族様様々です。

いろいろ悩み、様々なメーカーの品物を比較しての家造りになりますが、

遠回りしながらも、その遠回りは、結果的に、理解のため、意味があったと

思えることになります。

結果に対して、無駄のない家づくりをされるわけではありません。

 

この丁寧な家づくりが、厄介とみられるか、楽しいとみられるかは、

人それぞれですが、その点が注文住宅と建売住宅の違いでもあります。

 

自分の家を納得しながら、設計段階で参画して、工事中にその確認をして、

「よしよし、思ったとうりだ」 と、理解しながらできるのは、注文住宅の

醍醐味になります。

 

一般的に、建売住宅のほうが、手ごろな価格になります。

注文住宅は、高いとは言いませんが、大工さんなど、職人の種類が

建売と注文住宅は違うように思います。

ランドマークは、注文住宅の大工さんなどの職人に、比較的高い工賃を支払います

ので、原価の高いしっかりした家を目指し、各職人とも、設計図以外に施工図を

描き、綿密な打ち合わせをします。

 

ランドマークの家は原価の高い、しっかりした注文住宅ですが、

お得な価格で建てられるのは、工務店に直接に契約ができるからです。

 

また、ランドマークには、家を売りに歩く営業マンがいません。

自宅に説明に来てくださいとか、来ていただいた契約しますとご連絡いただいても

お伺いしません。

それは、家を 「売る」 ことが生業の他社の若い営業マンと競争して造るのが

家づくりではないとの信念を持ってるからです。

 

逆に住宅会社で納得ができないなど、課題がはっきりした際には、

ぜひ、店にお越しください。

 

大工さんに直接の契約と言いましても、直接の依頼は、とても難しいものです。

過去に、知らない大工さんとの工事の場合、施主様に代わり、現場で口角泡を

飛ばし、設計図や施工図どうりに施工するように指示をしていましたが、

素人にはそもそも何が問題か判りにくいもので、素人には、適切な発注は、

まずできません。

木材の種類やサイズ、各種建材の種別、工法など、専門のことは大工さんに

お任せでは、値段が安いのが適切なのか、素人にはまず評価ができません。

  _DSC7135.JPG

施主様の立場で工事監理をする建築士がいて、

初めて工務店に直接に契約できるとの思いで活動しています。

 

住宅会社や建売住宅をご覧になり、ご納得できない場合や、

しっかりした注文住宅をお建てになる場合は、無料相談ににお越しください。

計画が固まるまでは、お代はかかりません。

<奈良県の注文住宅、納得の家づくりはお任せください>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン