所長 森下のひとりごとブログ 

橿原市のE様、特許遮熱工法の施工です。 

奈良県橿原市で、注文住宅の家づくりをするランドマークです。

橿原市のE様邸の特許遮熱工法の施工をしました。

IMG_4500.JPG外部は、特許2重アルミシートで、夏の太陽光の輻射熱を95%反射します。

ランドマークの家の特徴の大きな(H1300)連窓が表れてきました。

ウィンドキャッチ窓ですから、横風もよく取り込み、特許遮熱工法で、

夏は風が吹くとやや寒いくらいになります(個人差はあります)。

IMG_4489.JPG

床下を除く、外壁4面と屋根面の計5面をアルミシートで覆い、

輻射熱がほとんど入らない工法になります。

IMG_4494.JPG

特許アルミシートの外面には、屋根に至る20ミリの空気層があり、

反射した熱い空気を屋根上の換気口から排出します。

IMG_4515.JPG内壁には、高価な30倍発泡のウレタンを吹き付けますので、

遮熱材にさらに断熱材が施され、熱の通る余地がありません。

IMG_4503.JPG

当然に、屋根面にもウレタン断熱材を吹きますので、

5面がすべて覆われて、夏は涼しく、冬は暖かい構造になります。

冷暖房に依存しない、遮熱工法ですが、

この工法が優れてるのは、気密性で、その驚異的な性能は、数値に現れ、

C値(隙間相当面積cm2/m2)は、大手住宅メーカーの各社は次のとおりで、

第1位の一条工務店、IーCUBEが      0 .59 cm2/m2

第2位の一条工務店、夢の家が      0.71 cm2/m2

第3位のスウェーデンハウスが        0.73 cm2/m2

第10位のミサワホームが         2.0 cm2/m2

第13位の住友林業が             2.0 cm2/m2

第15位のセキスイハイムが         2.0 cm2/m2

第19位のエスバイエルが         3.7 cm2/m2

のところ、

ランドマークの特許遮熱工法は、     0.4 cm2/m2

と、断トツの高性能です。

<WEBサイト、住宅の評価ナビhttp://www.towntv.co.jp/2009/11/cq.phpより>

になります。

気密性は、遮音にも有効で、道路端の家のように騒音に悩まされる場合の

防音サッシの「エアタイト」の効果があります。

 

と言いますのも、昨年建築の道路際の橿原市のK様の家が、予想外の静寂で、

高い評価を受けましたが、この数値が証明をしています。

180822-img01.jpg

ウィンゲート社が開発し、立命館大学が研究と実験をし、評価された工法に

なり、ランドマークが数少ない奈良県の認定会社になります。

ウレタン遮熱③.jpg

今の公的な暖冷房の評価には、

「断熱」 の概念はありますが、 「遮熱」 の概念はありません。

しかし、本当に室内温度に寄与するのは、遮熱です。

このことは、この特許遮熱候補が見事に証明しています。

 

夏は、扉を開け、2階の小さなエアコン1つで全館が快適になるくらいの効果です。

むろん、朝1回日冷やせば、1日中エアコンなしでも不快感はありません。

 

せっかくの一生の家でから、

暖冷房の負荷が少なく、エアコンに極力依存しないほどの家をご検討ください。

<奈良県の注文住宅は、特許の性能で選ぶランドマーク>



| トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL

http://lam.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4

 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン