所長 森下のひとりごとブログ 

田原本町のF様、ウレタン断熱工事を施工しました。 

奈良県田原本町で、注文住宅を建てるランドマークです。

ウレタン断熱工事を施工しました。

IMG_8545.JPGウレタン吹付の機材を積んだ車両です。

IMG_8546.JPG外壁は完全にアルミシートで覆います。

このアルミは、純アルミで、その2重の厚いアルミ層が、電磁波である太陽光

などの輻射熱を95%反射して内部に熱を入れません。

この外壁にある竪胴縁という壁下地木材により作られた空洞を通り、

反射された熱気を屋根の上に排出します。

屋根面にも熱線反射のアルミシートが貼られており、建物全体をアルミ遮熱シート

で被う構造になります。

IMG_8547.JPGこのロールのアルミシートですが、3ミリの厚い特許複層アルミシートで、

ずっしり重いシートがその遮熱効果を期待されます。

IMG_8558.JPG内部は、冬の暖気を外部に逃がさない発泡ウレタンを吹付けます。

窓などに付着しないようにビニールで養生しています。

IMG_8564.JPGまず、屋根から吹付けます。

この遮熱と断熱の構造が建物全体を覆いますので、

真夏の小屋裏も人が入れる温度になります。

IMG_8569.JPG

IMG_8585.JPG

外壁にも入念にウレタン断熱材を吹付けて、熱との湿気の通り道をなくし

ます。

 

完ぺきな吹付により、断熱だけでなく、気密性も高くなります。

このウレタンは、一般的な発泡ウレタンより3倍以上の密度の高価な材料で、

気密性が非常に高く、

国の基準では、C値(住宅における相当隙間面積のことです。

建物全体にある隙間面積(cm2)を延床面積(m2)で割った数値)

は次世代省エネ基準では近畿では5以下でした。

(現在はこの基準は削除されてますが、対応が困難だったのでしょうか)

 

5以下   過去の国の次世代省エネ基準

1~2   一般的な大手プレハブ住宅

0.59  高気密に特化した業界最高を自負される住宅メーカーの家

0.4    弊社ランドマークの特許遮熱工法の測定値

いわば、国内最高水準を超える気密性になります。

 

この気密性と、0.95%の熱反射の特許アルミシートで、

エアコンに極力依存しない家を目指しており、

ご入居後の電気代などのランニングコストが下がり、エアコンに依存しないから

こその、体に優しい住まいになります。

IMG_8571.JPG風呂(ユニットバス)の下の基礎にも、側面と床面に入念に吹付けしますので、

お風呂の断熱も良く、冷めないお風呂で、ヒートショックも抑えられます。

 

ただただ安い家でなく、上質の家がお手頃価格になる、ランドマークの家づくりが

評価を受けています。

<奈良県で上質で、価格の魅力の家を建築しています>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン