所長 森下のひとりごとブログ 

奈良県高取町のK様、基礎の鉄筋の検査です。 

奈良県高取町で注文住宅を建てるランドマークです。

このたび、K様の家の工事が鉄筋の検査の工程(配筋検査)になりましたので、

建築士としての私の検査と、役所の検査をしました。

IMG_2832.JPG

杭工事のあと、整然と適切に鉄筋が組まれていました。

基礎のコンクリートの中に、打ち込みされる鉄筋ですので、

コンクリートの打ち込み(流し込み)前のこの工程でないと、

検査ができません。

 

鉄筋の種類(JIS規格)、太さ、並べるピッチ、型枠とのあき(かぶり厚さ)、

接手の長さ、定着長さなど、さまざまな項目で検査をします。

IMG_2825.JPG

工事会社でないランドマーク建築事務所と役所が検査をする価値がありますが、

工事会社自身の自主検査もされています。

 

デザインや仕様、金額、プランなど、家づくりには、たくさんの管理項目が

ありますので、素人の初心者が大工さんに依頼される場合は、

必ず建築士を味方につける必要があると思います。

 

そのことは、このホームページをご覧いただきますと、

よくご理解いただけるようにしています。

(できる限り、専門用語を使わないようにしています)

IMG_2823.JPG

大工さんに、依頼される際の、安心感とお得感には、

建築士の力添えが必要になります。

その想いをもって、家づくりをしています。

<奈良県の注文住宅は、建築士と一緒に>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン