所長 森下のひとりごとブログ 

ライトの正規シリアルナンバーの家 橿原市K様邸 

奈良県橿原市で、家づくりをするランドマークで、

工務店直接契約の価格と、設計事務所の安心をお届けする家が、

次々と完成しています。

 

さらに、ランドマークでは、世界的な権威 「フランク・ロイドライト」 の

遺した財団、フランク・ロイド・ライト財団の正規シリアルナンバー付きの家を

建てることもできます。

 

契約に基づき、その指導を受けながら、建築士の森下の想いを入れて、

「ライトが今の日本にいたら・・」 というコンセプトで、設計・監理してます。

IMG_8813.JPG

ライトの住宅の代表作で、米国人が最も好きな家との声がある、「落水荘」

その家を日本に企画された展示場が、名古屋市の八事のメーテレ展示場内に

あります。

_Q0Y6861修正.JPG

_Q0Y7334修正.JPG

<ライトの家づくりを展開するロイヤルウッド社の展示場になります>

 

このたび、橿原市で、K様邸ができました。

ライトの落水荘の伸びやかな水平線のバルコニーなどを配した家です。

17111501.JPG

そもそも、日本と異なり、米国や欧州は、住宅や建築は科学の分野でなく、

文化の領域とされてるようです。

この橿原市の旧家の並ぶ街並みにもなじむ家は、

建った時に最高の現在の日本の家と異なり、米国の家のように、

味わいがあり、年輪を造りだす住み心地の良い住宅にもなります。

1025_ランドマーク建築事務所_002.JPG

バルコニーの前面には、柔らかい日差しの入る、ガラス屋根があります。

ライトの作品の、旧帝國ホテルにも、このデザイン要素があります。

_OSG5520.JPG

_OSG5529.JPG

_OSG5509.JPG

長――――く、続くこのバルコニーは、その水平線のデザインから、

落水荘の趣きそのものです。

_OSG5674.JPG

室内は、家族が集う吹抜けのリビングが、間取りの中核になります。

「奥様が中心の家」 、ランドマークの森下の家づくりの基本です。

_OSG5748.JPG

2階まで続き、居間の周囲にある廊下・階段にはガラスのような透明の手すり。

壁には、蔵書の一部を収納する書棚があり、レンガタイルの壁とともにデザインの

要素になってます。

_OSG5334.JPG

このリビングに続くトレーニングルームにも、ライトデッキという間接照明があり、

天井まである、ランドマークのこだわりたい窓とあいまって、とても明るい快適空間

になります。

1025_ランドマーク建築事務所_023.JPG

_OSG5347.JPG

続く和室は、モダン和風で入り口の廊下床は、石貼りになりますが、この床は

施主様のK様のご希望です。・・・・注文住宅ですからね。

1025_ランドマーク建築事務所_028.JPG

この居間がご家族様が集う中心になり、この大きな吹抜けを中心に、

寝室を配してます。

_OSG5415.JPG

雨天時には、軒の出の大きなバルコニーがお薦めですが、室内干し用の部屋も

忘れてはいません。

_OSG5443.JPG

_OSG5496.JPG

大きなウォークイン・クローゼットと一体の寝室からは、

吹き抜けの居間を見下ろせる窓があり、

家族の息遣いが聞こえるようになっています。

_OSG5858.JPG

2~3階の書庫は細長い部屋ですが、書棚の壁面を多くとる意図です。

_OSG5885.JPG

その3階バルコニーには、太陽光発電設備があり、蓄電池も併設し、

もしもの際に、電気が使える設備になっていてます。

 

売電をしますが、そもそもの目的は売電ではありません。

私の計算では、太陽光発電設備は、儲ける目的では、成り立たないものと

考えています。

 

さらに、この家には、全館冷暖房設備があり、冷暖房のエアコンがありますが、

冬季には、土壌蓄熱暖房として、基礎の下(地球)に、暖房電気パネルを設置して

いて、よくある、暖房はしてるものの、肝心な早朝の寒い洗面所や便所のような

部屋は存在しなく、まさに「全館冷暖房」になります。

_OSG6034.JPG

電動アルミシャッターには、外が見えて、中が見えない仕組みがあり、

「採風」構造になります。

夏場は、窓を閉めて、自然の風が通り抜ける健康の家になります。

 

地震の加速度を半減する減震金物など、ランドマークがお客様に代わり、

予め選定した、価格と性能の良い、バランスに優れた家になります。

17111505.JPG

17111506.JPG

米国のフランク・ロイド・ライト財団由来ののシリアルナンバーは、

このオーナーズプレートにこの家独自の番号として刻印されています。

ライトの家が好きな方は、建築士にも多く、一般の方にも多いのですが、

正統な契約で、シリアルナンバーを付した家が設計・工事できるのは、

当地ではランドマークだけになります。

 

ライトの家も、和風の家も、あらゆる建物のご相談をお受けしています。

 

価格と安心の価値のある家は、建築士の会社の家との想いで。

<奈良県の快適な住まい、注文住宅はご相談ください>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン