所長 森下のひとりごとブログ 

総額がいくらか(坪単価ではありません) 

 ひょっとして、騙されてはませんか?

建築業界では、坪単価について、明確な基準がありません。

_DSC6817.JPG

坪25万円とホームページで表示してる大手住宅メーカーがありますが、

その金額で建った家は見たことがありません

【坪単価】とは、【金額】を【坪数】で割り算したものです。

言うまでもなく、坪数が多いほど単価】はく 「表示」 できます


体価格】をいくつかの項目に分けて表示をしますと、

坪単価を【安く】く表示できます。

 しかし、お客様が支払う費用総額は、まだまだあります。 

1.標準本体以外の追加オプション工事

2.基礎補強工事

3.屋外給排水設備工事

4.外構造園工事

5.設計費、建築確認申請等の諸官庁手続費

6.家具・照明器具・カーテン・エアコン

7.諸経費

8.登記申請費(土地・建物表示保存・抵当権設定)

9.火災保険代

10.ローン利用料

11.印紙代

12.給水分担金

13.土地斡旋手数料

_DSC7190.JPG

次に、坪単価のマジックですが、

建築業界には 【施工床面積】 とい言葉があります

【建築基準法で含まない面積】をカウントし、

坪数を多くしますと、坪単価を安く見せかけるあります。

 

本来、床面積に含まない、

1.玄関ポーチ

2.テラス

3.バルコニー

4.吹抜け

5.陸屋根の屋上 

 

こういった部分は本来"床面積"に算入しないものです

このように、坪単価を安く見せるために

 

総額がいくらか、よく注意して、正しい判断をしたいところです。

 ポイントは、【全部でいくらかかるか】です。

 

坪単価で魅かれて、営業マンと人間関係ができてしまっては断りにくくなります。

 

私がお勧めしているのは、

まやかしの坪単価ではなく、【本当に総額が判るように、

弊社が様書作り、建築会社の見積もりを査定するのです。

 

個人では見積の比較はできません。相見積もりをしても意味がありません。 

仕様書が無ければ、見積もりの比較はできません。

_OSG5886.JPG

特に、木造では、坪単価にあわせた建物が簡単に出来るのです。 

仕様書や設計図がないと見積比較ができません。

=================================

・・・建築士を味方にすると、本当にあなたのためになる

失敗しない住宅つくりの秘訣

無料(匿名)メールマガジンのお申込みはとても簡単

 

後追いの営業はしません。 ご安心下さい。



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン