優しい吉野桧 

ランドマークの家は優しい吉野桧を1階床に標準仕様 

「ランドマークの家」には、吉野桧の床をお薦めしています。

その吉野桧の製材所、吉田製材所(桜井市)をご紹介します。

1.JPG

広大な工場の敷地には、大量の原木が置いてあります。さすがに専門会社です。

2.JPG

右が吉田製材所の吉田専務。

吉田専務様の案内で各種製材(製品)の説明を受けています。

 

左は「ランドマークの家」に取り組む、大工さん(棟梁)。

2人とも熱血漢で木材の使い方を熱く語っています。

4.JPG

この巨大な木は何になるか?

岸和田の「だんじり」を曳いてらっしゃる方はもうおわかりですね。

こんな木材も、注文を受ける前から、在庫をされています。

3.JPG

多品種ですが、お客様に合うように個別にオーダーでひいておられるとのこと。

「ランドマークの家」としては、必要な、形状のものを作っていただいてます。

5.JPG

これが、今回のお目当ての一つの桧フローリング。

天然の桧ですから、とてもやわらかい肌ざわりです。

素足で歩きますと、その違いが判ります。

 

節の入り具合で、 節の無い「無節」、 少し節のある「上小節」や「特選上小節」

あり、そのサイズ、小口の加工の種類で様々なオーダーが出来ます。

 

ランドマークの家にも様々な思いの規格を設定しています。

床材、腰壁材、幅木、建具、建具枠などをオーダーで作っていただきます。

 

お客様の見学も快くお引き受けいただけます。

お客様自身の家の材料の、加工中の材木を見学できます。



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン