輸 入 住 宅 

フランク・ロイド・ライト とは・・・ 

フランク・ロイド・ライト とは・・・

世界屈指の建築の巨匠として知られています。

彼は、生涯に1191にものぼる作品を遺し、建築以外に、家具やグラフィックスデザインにも

及びます。

 

S22C-614083005510_0001.jpg「第一黄金期」

 1893年、ライトは26歳にして独立。初仕事のウィンズロー邸を完成しました。

 「ウィンズロー邸は、プリマ・ヴェラが満開になったような衝撃を広大な田園風景の中に与え

 ました。それは、オークパークやリバーフォレストでは、まったく新しい世界だったのです。

 その住宅は近隣の者も遠方の者をも魅了しました」(F・L・ライト自伝)

 こうして、1893年から1910年の間、有機的建築の建築家として彼の名は確立されていき

 ました。

「不毛の時代」

 1910年から1935年、この時代はライトにとって、経済的にも個人的にも不遇の時代でした。

 しかし、この時代、彼は、ウィスコンシン州の祖先の地、ウェールズに自邸「タリアセン」を

 建設しました(ウェールズ語で「輝ける額」)。

 

S22C-614083005531_0001.jpg「第2期黄金期」

 E.J.カウフマン邸(落水荘)・・・(森の滝の上に張り出した、大胆なバルコニーが特徴)

 ジョンソンワックス本社ビルの設計などで、エネルギーに満ちた想像力は再び一気にはじけ

 ました。

 それは、大胆不敵であり、絶妙な美しさでもありました。

 <写真は版権の関係で、この夏に現地に行き、後日、その優美な姿をご紹介します>

 住宅以外にも、NYのグッゲンハイム美術館、ベスショーロム教会、マリン郡庁舎などの

 著名な作品が見られます。

 

S22C-614083005540_0001.jpg

有名なニューヨークのグッゲンハイム美術館も作品のひとつ

 

S22C-614083005550_0001.jpg「日本の作品」

 ライトは、浮世絵を賞賛するなど、日本の文化にも関心をもち、

 建築作品も遺しています。旧帝國ホテル、旧山邑太左衛門別邸など。

<旧帝国ホテル・・・今は、明治村に保存> 

 

S22C-614083005520_0001.jpg<兵庫県芦屋市の旧山邑太左衛門別邸>

S22C-614083005530_0001.jpg

DSCN2308.JPG
DSCN2322.JPG

その、 「フランク・ロイド・ライト」 の偉業は、

彼の自邸兼スタジオのある、アリゾナ州の 「タリアセン」 で、創立された財団

「フランク・ロイド・ライト財団」 で継承されており、

日本では、 「オーガニックハウス」 として、ライセンスを取得された会社の、

奈良県の 「正統なサブライセンス」 を、ランドマークが取得しました。



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン