住宅の建築費はいったいいくら必要なんでしょうか? 

住宅を手にするには、多くの資金を確保する必要がありますが、

いくら要るのか最初は判りません。

坪単価に惹かれて住宅会社に行ってから「現実」が判ります。

最悪は最後の支払いをするまで知らされない場合もあるようです。

 

  多くの会社は その「★本体価格」しか表示していません。

 

  建築会社には総額を提示していただきましょう!!!

 

============================

<住宅建築費の内訳>

(1)建築費

   ★建物本体工事費

基礎補強工事費

屋外給排水工事費

浄化槽工事費

給水引込工事費

外構造園工事費

(2)土地代

    土地代金

    土地斡旋費(不動産業者)

    不動産取得税

    固定資産税(当年度の残金)

    所有権移転登記費(司法書士)

(3)諸費用

    契約時の収入印紙代

    建築設計費(建築費に含む会社もあります)

    建築確認申請費・各種許認可申請費

    場合により、土地の測量明示費・筆界確認書作成費

    農家判定や都市計画法43条許可など各種申請費

    建物表示登記費・保存登記費

    土地・建物への抵当権設定登記費

    給水分担金

    地盤調査費

    火災保険代(年掛け又は一括の判断)

    ローン利用料

    地鎮祭・上棟式などの祭典費

    会社によれば瑕疵担保保険費を求める場合もあります。

(4)その他費用

    引越代

    仮住まい家賃

    カーテン代

    家具代

    エアコン代

    家電製品代

    照明器具代

などなど

 

=================================

 

多くのみなさんは、最初はいくらあると家が建つのか判りません。

そこで、住宅展示場に行き、徐々に情報が入りますが、

なかなか、本当に知りたい公正な情報が入りません。

★本体価格以外の費用の合計を確認しましょう。

 

 

■ある会社は、

  坪25.8万円の家・・・・・・実際にこの価格で建った家を見たことがありま

せん。

その他のオプション工事がたくさんあります。

坪単価の計算方法もよく確認しましょう。

計算方法次第では何割も安く表示できますが、実

際は安くないことを後で知ることに。

■ある住宅メーカーは、

  標準本体工事 "¥20,000,000-"・・・・・・実際はこれ以外の工事費がたくさん要ります。

               オプション工事、屋外給排水工事、基礎補強工事、

               許認可申請費・・・・など

               また、その他、諸費用が要ります。

■ある大工さんは、

  「坪40万円で建ちます」・・・・・・何が含まれるか、よく打合せしましょう。

 

===============================

 

まず、建築会社には、

 

「建築事業計画書」

 

を作成していただき、建築費やその他費用を含む、総額を提して

 

いただきましょう

 

次に、融資(住宅ローン)を受ける方法を相談しましょう。

 

融資については、別に説明いたします。

 

 

 

図説_WEB用.jpg 

 

 

================================

・・・建築士を味方にすると、本当にあなたのためになる

失敗しない住宅つくりの秘訣

無料(匿名)メールマガジンのお申込みはとても簡単

 

後追いの営業はしません。 ご安心下さい。

ただし、同業者はご遠慮下さい



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン