所長 森下のひとりごとブログ 

旧家、本家の新しい姿 

奈良県大和高田市のK様邸

 

家づくりには、皆様それぞれ、固有の理由やきっかけがあります。

子供さんが成長し、独立した部屋が必要になる場合、

定年退職して、大きな家が必要なくなり、ダウンサイジングしたい、

職場が変わるなど、環境が変化して、土地探しから相談をする、

家が古くなり、いつまでも住み続けられない、・・・・・・・・

 

オーナーとなられたお客さまそれぞれの課題を、お伺いし、解決をする中で、

家造りをご一緒にしてきました。

_DSC8626.JPG

伝統ある、旧家、本家の建て替えです。

これでも、ダウンサイジングされて、元の家より、かなり縮小となりました。

_DSC8266.JPG

玄関の吹き抜けには、元の家の「太鼓梁」が復元されて、その面影を残して、

ご家族、ご親戚の想いを共有できる空間になっています。

_DSC8077.JPG

ご親戚の集まる部屋、・・・普段は殆ど使用しない部屋は、本家には欠かせられないもの

です。

欄間は、元の建物のものを利用しています。

 

和室は「真壁」という工法ですが、クロス貼りで、コストの課題も克服です。

見た目には、塗り壁の和室との違いがわかりません。

_DSC8073.JPG

仏壇の台の彫りものも入念に。

これは、大工さんの想いがこもり、大変な手間がかかっています。

_DSC8087.JPG

続き間の一角には、吊押入と、地窓が風情をかもしだしています。

当然、アルミサッシには、内障子を設けています。

カーテンだけに頼らない、やわらかい陽射しが心地良いものです。

法事など、普段は使わない部屋も、施主様の家への条件になる場合があります。

_DSC8293.JPG

玄関土間には、元の家の靴脱ぎ石がいます。

大きな土間は、家のサイズや、使い方によっては、無駄ではなく、活きたものになります。

パブリック空間はここまでで、プライベート空間は、和室からすぐに入れなく、

囲まれ感のある、快適な、家族の空間になります。

・・・。。ここが、多くの旧家の、課題のひとつになります。

_DSC7795.JPG

あくまで、家族が快適であること、

奥様が、その家族の中心に位置する間取りが、家族の絆を深めます。

_DSC8357.JPG

大きなお風呂には、大きな窓と、竹垣の坪庭。

これは、旦那さまのこだわり。

外からは、内部が見えない窓を工夫しています。

_DSC8511.JPG

大きな主寝室は、将来の子供室と一体になって、壁で簡単に仕切れる間取り。

・・・しかし、ずっと、このままの可能性の含みがあります。

_DSC8570.JPG

いつもお薦めの、あえて、奥深くしたバルコニー。

洗濯物の雨の心配から開放されます。

_DSC8583.JPG

収納はたっぷり、すっきり。

_DSC7904.JPG

造り付けの食器棚

_DSC8415.JPG

パントリーは大きな勝手口兼家事室に

_DSC8392.JPG

脱衣室の洗濯機の隣の棚は、いろいろ使い方が想像できます。

_DSC8319.JPG

当然、シューズクロークの収容力たっぷり。

_DSC8197.JPG

さらに、大きな1階屋根裏は、「小屋裏収納」になりますが、

特に1.4mに抑える建築制限が無いので、高さが十分。

_DSC8203.JPG

「小屋裏収納」とはいうものの、2階廊下から歩いて入れます。

_DSC8229.JPG

公の空間と

_DSC7970.JPG

快適な、奥様中心のプライベート空間を融合した、

施主様と共同の家づくりの成果です。

<奈良県の注文住宅・こだわりの家・大工さんとの家づくりのランドマーク>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン