所長 森下のひとりごとブログ 

中古住宅を購入のリフォーム工事、鉄骨か木造か・・・・ 

 奈良県で、新築住宅やリフォームの家造りをするランドマークです。

時々、相談をお受けすることは、リフォーム工事。

 

リフォームの工事の可否は、木部の乾燥状態が一つの判断ポイントと

考えています。

 

木材は、人とは何万年も前からも共存していたもので、親和性が高く、

奈良県で育った木で、奈良県の地に木造住宅を造るのが最良です。

IMG_8233.JPG        

とても、心地良いものです。

 

しかし、築年数の長い木造古家を購入してリフォームの計画ですと、考えものです。

今の新築住宅は、お風呂は、ユニットバスで、完全に湿気が通らない

構造ですから、木材が痛むことは、まずないのですが、

 

築20年以上前の木造住宅の場合は、ユニットバスでなかったりします。

 

今は、基礎パッキン工法で、家の床下の外周すべてに2cmの通風空間を

設ける工法が多いのですが、それ以前の家の床下の通風は不十分でした。

DSCN7549.JPG

(黒いパッキングは2cmの厚みで、どの部分も空気が通る穴があります)

材木は湿気が大敵です。

 

ランドマークの新築住宅は、通気を十分にしていて、湿気が無い家になり、

木の耐久性は人の尺度では、ほぼ永久になります。

 

そのため、新築住宅は、構造的にも、肌にも、木造が最適ですが、

古家購入でリフォームの場合は、鉄骨プレハブ住宅をお薦めしています。

 

私自身、元鉄骨プレハブ会社で、長年、家造りをしてきましたが、

鉄骨の弱点は錆です。

 

プレハブ会社では、

●柱・梁は、粉体焼き付け塗装で防錆

●土台は溶融亜鉛メッキで防錆

などが採用され、築30年以上でも、錆はまず見られません。構造は安心です。

・・・しかし、鉄骨が人体に馴染むか、鉄骨造が住宅に良いかは別ですが、

構造体はそのまま利用できます。

 

現在も、古家購入で、家造りをされるお客様がいらっしゃいますが、

その場合は、鉄骨プレハブ住宅(中古)をご紹介しています。

 

ところで、リフォームは、キッチンやお風呂など水回りを一式取替えとなりますと、

決して安くありませんので、金額や仕様など、総合的なご判断が必要になり、

必ずしも古家購入のリフォームが良いとは言いきれません。

DSCN3930.JPG

旧家が好みの方は、別な価値判断になります。

明日香村のF様宅です。

<奈良県の家造りは、中古住宅リフォームもご相談ください>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン