所長 森下のひとりごとブログ 

住宅ローンは、申込書を、ただ銀行に出すのではありません。 

奈良県で、工務店直接契約の価値をつけ、家造りをしています。

_OSG5886.JPG

家造りは、間取りの打合せと並行して、必ずするのが、資金計画。

資金の裏付けの確認や、融資が適切にできませんと、家ができません。

 

このため、多くの住宅会社では、 「銀行融資の事前審査を出しましょう」 と

薦められるようですが、必要がないのに、急ぎで銀行に出すのは禁物です。

_OSG0548.JPG

これは、お客様との注文の関係を固める、住宅会社の目的からで、

施主様ご自身の為にはならない場合が多いからです。

044406.jpg

弊社は、しっかり準備をされてからの審査を提案しています。

弊社が銀行に申込をする時は、ほぼ合格の結果が見込まれてからで、

むやみに出すべきはありません。

「出してみましょう」 でなく、 「一発必中で」 審査が通るものしか

出さないのです。

 

最悪は、十分な準備なしに、銀行審査をすることにより、

その審査の履歴が残ります。

日本中、横断的にすべての金融機関が閲覧できますから、

今後、住宅ローンを利用しての家が建てられないことが

起こるリスクがあります。

_DSC2872.JPG

ランドマークには、多くの銀行の方々が営業に来店され、

「是非住宅ローンをお願いします」 との、依頼が常にあります。

 

そのため、事前審査を出す前に、銀行の対応を協議できるのです。

また、銀行融資の仕組みは各社、それそれ異なります。

 

●銀行融資では、 「個人信用情報」 の審査が必ずあります。

銀行の融資の事前審査申し込み書に、その調査の同意書があり、

署名することになります。

これは必須ですが、過去にカードでお支払いの遅延などの事故がある場合は、

その具体的な日時までの情報が出ます。

 

その程度により、審査が通るか否決になるかの違いがありますので、

出す前にそのことをお伺いします。

程度が軽い場合は解決します。

引き落とし日に落ちないで、すぐに入金した場合や、

かなり前のことなどです。

代位弁済になった場合など、何年経っても消えない場合があります。

_DSC9579.JPG

また、奥様と収入合算の場合は、奥様の個人信用情報も対象になります。

ご主人様がクリアしても、同居のご家族様にその問題がありますと、

否決になる場合があります。

 

その場合は、奥様との合算をしないようにするべきです。

もし、奥様の原因で否決になった場合、

後で、収入合算しないことにしても、もう審査が通りません。

ご家族様に個人信用情報に事故があるとわかると、ご本人が良くても

もう通りません。

そのことから、住宅会社の薦めで安易に審査を出してはならないのです。

 

住宅ローンの名義をどうするか、収入合算にするか、

よく考えたいものです。

_OSG5623.JPG

銀行では、住宅ローンを保証なしに融資しないのが普通です。

そのため、住宅ローンの保証を専門にする保証会社の保証をもとに、

融資をしますので、「◎✕保証会社」などの保証がとれるかどうかにかかって

おり、住宅ローンが融資できるかどうかは、銀行自身でも最終はわかりません。

<中には、保証会社の保証無しで、プロパー融資をする銀行はありますが> 

 

ここで、注意を要するのは、この「◎✕保証会社」ですが、数が少なく、

Z保証会社が多くの銀行の保証をしています。

一度でも、Z保証会社で、引っ掛かりますと、そこと提携してる銀行は

もう無理になります。

A銀行で否決になった場合、B銀行やC銀行に行ってももう無理です。

 

しかし、そのような、カードの情報などを事前にお伺いしていますと、

住宅ローンの名義や、申し込み先の銀行選びなど、

対策を考えて、解決が出来る場合があります。

 

過去にずいぶん解決してきました。

_OSG8093.JPG

ここで、弊社とお客様との間では、

そのカードなどの悪い情報も正直に、正確に予め、ご説明いただくことが

肝心です。

 

審査にかかってから、 「実は」 となっても、出来る対策は少なくなってます。

過去にそのようなことがあったとき、1つの対策をして、ローンを受けること

ができ、解決しましたが、それは、その1点だけだったからです。

 

「実は」 が繰り返しになりますと、私には対応ができなくなってきます。

良い情報も、悪い情報も、住宅を建てる際には、どの時点かで、お伺いする

時がありますが、正確にご説明をいただくようにお願いしています。

 

審査が否決になっても、住宅ローンの保証会社の違う銀行がいくつか

あります。

IMG_7387.JPG

その他の課題として、

銀行が求める 「勤続年数」 が基準に満たない場合、

収入が少なく、奥様と収入合算する場合、

収入が少なく、親が借りて、ご本人との親子リレーにする場合、

年金収入は住宅ローンの収入の対象でない(生活費)こと、

高齢の場合の、完済年齢による返済年数、

400万円前後での年収の返済比率の評価の違い、

収入が少ないながら、資産背景を評価できる場合、

・・・・・・・・・等々

 

ひとことで、簡単にご披露できない問題や、対策があります。

family2.JPG

一級建築士が、住宅会社の営業でない、お客様側の立場で、

設計から、資金づくりまでをする、価値の高い家。

ランドマークにご相談にお越しください。

father-23.jpg

<お客様側の家づくり、追客しませんので、ぜひ、ご相談にお越しください>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン