所長 森下のひとりごとブログ 

橿原市のE様、着工の準備をします。 

奈良県橿原市で、注文住宅の家づくりをしています。

このたび、橿原市のE様の家の着工に先立ち、既存建物の解体の見積を

目的に、解体業者と一緒に現地調査をしました。

IMG_2965.JPG

建替えの際の注意点は、既存の給水管の管径のサイズUPが必要であることです。

以前は、13ミリの水道管で良かったものが、現在は20ミリになる場合が多く、

住宅設備の性能が上がり、瞬間的な流量が必要で、いままでの管の太さでは

対応ができず、各役所(水道局)では、サイズUPを推奨される場合が多く、

強制的にサイズUPになることも多いです。

 

給水管のサイズUPは、道路内の本管からの引込直しになる場合、舗装のめくり

本復旧が伴いますので、70万円前後を覚悟する必要があり、着手後になりますと、

予想外の追加費用で悩まされますので、必ずチェックすべきです。

IMG_2964.JPG

水道メーターのサイズをみています。

現地に入る前に、水道局で調査済でしたので、管径は、再確認で済みました。

 

また、このように、敷地境界部にブロック塀が存在することが多いのですが、

高さにより、建築基準法で、補強等の対応をすることになります。

IMG_2962.JPG

住宅地の開発許可(又は、道路位置指定)の際に、設けられた道路側溝は、

その年代や、法律により、コンクリートであったり、U字溝であったりします。

(都市計画法や建築基準法、土地区画整理法など)

建物以外の工事費として、道路側溝の対応の工事費も見込む必要があります。

IMG_2972.JPG

上空では、棟上げの際のレッカー車のアームが電線に当たる支障がないかも、

見ておくことになります。

IMG_2970.JPG

工事用車両の駐車も検討します。

ない場合は、駐車場の費用や、遠くからの積み替えの小運搬費用が発生します。

 

家造りは、簡単なようですが、様々な費用の発生を見込んでいないと、

後戻りができない段階で、追加工事が発生します。

土地代、建物代以外の諸費用や、各種工事費を全て計上し、

 

ランドマークでは、後からの予想外の費用が発生しない企画書を、最初の段階

からご提示しますので、ご安心いただける家づくりになります。

<奈良県の建替えの住宅工事は、ランドマークにご相談ください>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン