所長 森下のひとりごとブログ 

タカラスタンダードの仕様の検討 

奈良県で、施主側に立って家造りをするランドマークです。

DSCN3890.JPG

キッチンなど、様々な設備機器について、随時、メーカーの選定や、

仕様の選定をしています。

必ずしも1社に絞ることがなく、キッチンはP社、洗面化粧台はL社、浴室はT社

という組み合わせも全く問題がなく、お客様のご希望を実現できるようにさせて

いただいてます。

 

しかし、標準仕様は設定をしていますので、その選定は、随時しています。

IMG_3352.JPG

今日は、橿原市に新しくできたタカラスタンダードのショールームで、

田中営業所長様と仕様の確認です。

IMG_3353.JPG

来客の少ない夕方に、じっくりと打合せです。

IMG_3357.JPG

根強い同社の特徴は、ホーローの素材の性能です。

ガラス質の表面ですから、劣化しませんし、醤油などをこぼしてもシミにならず、

さっとふくだけで、いつまでも美しいものです。

そのため、いろいろな仕様を検討はしてますが、引き出しの底板は木製もあり

ますが、底板は、すべてホーローにするように検討です。

(価格は高くなりますが)

IMG_3360.JPG

壁のキッチンパネルをホーローにしますと、小物入れなどの部材を磁石にでき

ますので、付けたり外したり移動しても、汚れがつきません。

IMG_3355.JPG

ペニンシュラキッチンの標準化も検討しています。

流し台のシンク内が部屋中から見え、洗い残し見える面が短所ですが、

家族が長く集まるLDKでは、奥様が中心で、家族を見渡せるペニンシュラキッチンは

魅力です。

このキッチンは、レンジの前が透明ガラスで、見通しが良く、とてもおしゃれで、

可愛いです。

IMG_3356.JPG

天板をクウォーツストーンにしますと、キッチン全体の商品系列が変わり、

異様に価格が上がりますので、標準仕様にガラスが付けられるようにできるか

商談しています。

この天板の奥行も選べますので、過度に価格が上がらないようにオーダーを

検討です。

IMG_3361.JPG

これは、昔ながらの、吊戸棚付きで、壁にキッチンを設置して、奥様が後ろを向く

場合はこれで良いのですが、今は、収納を別のパントリーにまとめ、吊戸棚を

設けないのが主流です。

DSCN8889_01.JPG

         (以前に、S様を色決めでご案内した写真です)

しかし、ホーローのタカラですが、以外と知られていないすごい特徴は、

ユニットバスの床下の耐震フレームです。

地震対策で、耐震や制震、免振などいろいろなものがネットでも情報があふれて

いますが、意外と議論にならないのが、ユニットバスの床下の工法。

通常はアンカーボルトで、床に固定されてますが、強い地震に対応が可能か、

検討の余地があります。

 

建物本体を守る耐震性以外に、内部の家族を家具から守り、地震の加速度を

下げる減震ベースは標準仕様にしていますが、

ユニットバスの耐震化はこれからの課題の一つです。

 

奈良県の注文住宅の家造りは、施主様側にたった建築士の会社が品物選びを

して、お客様にご説明していあます。

これからも、ご期待ください。

無料のご相談をお待ちしています。

<奈良県の注文住宅一戸建てはランドマークへ、ご相談ください>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン