所長 森下のひとりごとブログ 

ランドマークの家は、進化を続けます。 

奈良県各地で注文住宅の家造りを、工務店に直接に契約できる

安心とお得な価値を添えて展開していますが、

弊社の家は、

_DSC2305.JPG

_DSC8758.JPG

和風住宅や、

_OSG8093.JPG

_A2C0823.JPG

住み心地を重視した、都会の家以外にもさまざまな商品があります。

 

その一つが、世界的近代建築家の「フランク・ロイド・ライト」の正規ライセンス

(使用許諾契約)の家。

「オーガニックハウスⓇ」です。

亡きライトの偉業は、この日本でも、

DSCN5227.JPG

DSCN5185.JPG

帝國ホテルや、

DSCN2431.JPG芦屋市にある、櫻正宗の灘の酒造家、山邑邸(現ヨドコウ迎賓館)など、

日本にも作品があり、浮世絵など日本の文化にも造詣が深い建築家になりますが、

 

氏の遺した米国タリアセンの建築学校を運営する「フランク・ロイド・ライト財団」

との正規サブライセンス契約を当地では、ランドマークが排他的に交わして

います。

 

その 「ライトが今の日本にいたら」 というコンセプトで、厳格な設計コードで、

展開しているところですが、

 

ランドマークのお客様には、

プレート21_01.JPG

認定の証として、個別のシリアルナンバー付きのオーナーズプレートと認定書を

お渡しして、数多くの方々にお喜びいただいてます。

 

このたび、そのライトの家造りの研修会兼会議の為、神戸市に向かいました。

IMG_5144.JPG

意外と時間距離が遠い神戸ですので、電車内の時間は読書や、メールで有効に

時間を過ごしてますが、

今日は、阪神電車の快適な道のりは女性運転士でした。

最近は女性運転士が多くなりました。

 

会議では、ライトのライセンスの数々の新商品の紹介がありましたが、

あまりの商品の種類の多さや、全国展開の展示場の活躍に圧倒されました。

先般ご案内の、軽井沢モデルもそうですし、

IMG_4583.JPG

ロビー邸がモチーフの世田谷モデル、

など、枚挙にいとまがありません。

IMG_0998.JPG

ところで、このフランク・ロイド・ライトですが、

肖像権の管理は米国らしく厳格で、なかなか使用を許可されません。

(これは本です)

12月頃からですが、弊社が、かなり自由に、ライトの肖像権を使用できる

契約になる見込みができました。

ご期待ください。

(「本当かよ」、という話で、にわかに信じられないと思いますが)

当地で、 「ライトの」 という家造りは、他社の場合はライセンスの侵害の恐れが

ありますのでご注意ください。

 

会議の帰りも、阪神電車ですが、三宮からは、奈良直通の近鉄電車があり、

いつも利用しています。

IMG_5150.JPG

小型車の阪神電車の車両限界の規格の線路で、入線してる大型の近鉄電車が居る

ことにはいつも違和感と感動を覚えます。

素晴らしいですね。

(しかし、その車体の大きさの差で、近鉄電車は御影駅には停車できません・・・

理由はお判りですね)

IMG_4774_01.JPGこのライトの遺作の落水荘など、奈良県で自由にライトの家のデザインをできる

ランドマークにご期待ください。

 

知的なワクワク感を、ご提供できる、ランドマークの立場で、

皆様には、その感動を共有していただきたいと思います。

<奈良県の、お得で、安心の高い注文住宅はランドマークにご相談ください>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン