所長 森下のひとりごとブログ 

仕事の流儀、NHKを見ました 

今日、仕事の流儀、NHKを見ました

流儀NHK.jpgーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プロフェッショナル 仕事の流儀「家電の命、最後まで~電器店主・今井和美~」

 

メーカーお手上げの故障家電を修理するプロに密着!その技術の裏には50年間、貫き続けた思いがあった。あなたの家に眠る壊れた家電が直るかも?!

 

舞台は、三重の山深い里にポツリとたたずむ小さな電器屋さん。

そこに、修理を断られ、見放された家電たちが全国各地から続々

とやってくる。店主・今井和美(60)に命を再び吹き込んでもら

うためだ。今井の修理成功率はなんと95%超!依頼者の「使いた

い」に応えるため、半世紀にわたって数え切れない家電と向き合

ってきた。その驚くべき修理技術と、貫く流儀に迫る。

(NHKの番組紹介からの引用)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

熱い思いで、活躍する小さな電器店主、今井和美氏が紹介されていました。

bb2cb5140541cca16ee041457523d0d5_l.JPG

60歳の今井氏が、若い時に勤めていた電器店で、お客様宅に向かう時、

「修理をするな!」という、社長の指示で、泣く泣く「治りません」と言い、

新しい電化製品を売ってきたとのこと。

納得ができずに、三重県の里に帰り、自らの電器店を立ち上げたところ、

修理をして、新品をなかなか売らない店で、メーカーでは成績が最低との

評価という。・・・・・ 当然の評価です。

家電の売る側の立場と、お客様の立場は対極になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

家を造る場合、お客様の選択肢を絞るのが、

売り手の会社として、効率が良く、各種の仕様は標準化せねばなりません。

キッチン、風呂、洗面化粧台、トイレ、屋根、壁、サッシ、床、ガラスなど、

それは、建築会社大きくなる際に、当然の方針になります。

家の売る側の立場と、お客様の立場は対極になります。

 

しかし、

建築士の住宅会社として、家づくりのお客様に貢献できることがたくさんあります。

_A2C0823.JPG

オーダーメイドの家、プラン集を作らない家、

施主様のご家族構成や、家づくりの想い、土地探しの条件、資金のこと、

洋風の家、和風の家、輸入住宅、コスト重視、デザイン重視、

リビング階段、お子様の勉強はお母様の前、奥様が家族の中心の間取り、

断熱性、気密性、遮音性、耐震性、制震、免振・・・・・・・

 

ランドマークでは、同じ家が無いのは、

オーダーメイドの家を造る会社だからで、

一つ一つ丁寧な打合せで、家を造っています。

_DSC7459.JPG

それは、設計事務所の家の先入観を、私の方から払拭する家づくりを始めたこと

からになります。

 

設計事務所の家は、高い、難しい、特殊な人の家、住みにくい、作品にされる、

とっつきにくい、ローンなどの相談に載れない、土地探しができない。

 

この評価を、 「逆読み」 にした家づくり・・・・・

 

ランドマークは、工務店直接契約の価格と安心の価値、優しい、普通の人の家、

住み心地が優れてる、デザインが住み心地と有機的になってる、相談し易い、

提携の銀行が複数あり、資金の相談ができて、金利が低い、土地の紹介から

相談できる。

 

もし、ご来店されるご縁がありましたら、ご満足いただける家づくりができます。

小予算とお思いの方も、まず、お気軽にご相談ください。

工事請負契約前までは、設計の費用は発生しません。

<奈良県の工務店直截契約の価値、ランドマークの家>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン