信頼できる大工さんとの直接契約の家ができるのがランドマークの家づくり 大工さんとの直接契約の家 オーガニックハウス
ウレタン遮熱工法 檜
メール無料相談口 メールマガジン登録 施工作品 特選分譲地

お客様の喜びのことば

川西町の今中様

ランドマークに、建築費など、条件を決め、相談しましたが、希望どうりの家を建てていただき満足しています。市街化調整区域の困難な建築許可ができたのは、設計事務所のランドマークならではで、良いご縁だったとと思います。

140804voice01
橿原市の浮田様

家づくりの情報過多で悩みましたが、「全国優良工務店100選」の本を見て、ランドマークに相談しました。いろいろ要望が多かったのですが、要望を、的確に具象化していただき、こちらの視点で家づくりをしていただくのが上手な方だと思います。

140804voice02
建築士の私が、大工さんと直接契約の家づくりの仕組みを創ったわけ。

ランドマークの家は、建築会社と直接に契約できる家なんです
この仕組みで、建築主様に価格と安心の価値をご提供し、次々に建築主の思いのこもった家ができています。

建築士森下

住宅メーカーではできない、建築主の立場で、ご一緒につくる家。
このように、建築主にお役になれる家づくりをしたく、その仕組みを造りました。
建築士だからこそ、お役にたてることは、各種の本や動画で収録されています。


top-dvdimg.jpg 本001.jpg 本002.jpg 本003.jpg

住宅会社で聞けない話・・・
家づくりの方が一番知りたいこと・・・

<<メールマガジンを配信しています>>
   ↓   ↓   ↓
http://lam.co.jp/post_43.html

「失敗しない住宅つくりの秘訣」というメールマガジンです。
建築士人生の集大成として、惜しみなく家づくりのコツを発信しています。
メルマガの登録は上の登録ボタンをクリックしてください。
「苗字」と「メールアドレス」だけの簡単な入力です。
ご住所などの情報は不要ですので、営業にはお伺いしません。
このメルマガが、あなたの家づくりの一助になれば幸いです。

所長 森下のひとりごとブログ

橿原市のH様、杭工事をしました

奈良県橿原市で注文住宅の家づくりをするランドマークです。

このたび、橿原市でH様の基礎工事前に、地盤補強として、湿式柱状改良杭の

工事をさせていただきました。

IMG_5117.JPGきれいな分譲地で、まったいらの敷地ですが、建物を支える地盤の支持層は

深いことが地盤調査で分かりましたので、6m余の杭を施工することになり

ました。

当初の事業計画では杭工事費をある程度の深さで見込んでいます。

正確には、着工前の調査結果により、精算になります。

IMG_5130.JPG

600㎜φ穴を掘り、その先端のキリを逆回転しながら固化材を充填して、

現場打ちのコンクリート杭にします。

コンクリートを「打つ」という表現ですが、ガンガンと叩くわけではなく、

流し込むような感じになります。

IMG_5137.JPGコンクリートは、水と反応して、「水和反応」で硬化しますので、この地盤の中で

徐々に固まり、堅固な杭体を形成します。

乾燥して固まるのではありません。

IMG_5131.JPG杭頭は基礎に当たる部分を所定の高さになるように、杭打ちをしながら、

整形をします。

大きなビルのプレキャスト鉄筋コンクリート杭の場合に杭頭処理をして、

杭頭の高さを整形する のと同様になります。

IMG_5132.JPG

600㎜φの杭を910から1820の間隔で打ちますので、一見して非常に多量の

杭が並ぶような形になります。

20年以上前は、このような杭はあまり使わないで家づくりをしていましたが、

今や杭が主流になり、地震でも建物が地盤の支持層に確実に乗ってますから、

安心ですが、

将来、建て替えの際には、地盤に大量の杭体があり、平成の遺跡になるように

思います。

50年、100年の将来はそれを解決する方法が確立されるものでしょう。

<奈良県の丁寧で安心の家づくりはランドマークにご相談ください>

▼過去の記事一覧はこちら

所長 森下のひとりごとブログ

奈良市のY様、棟上げです。

奈良県奈良市で注文住宅の家造りをするランドマークです。

ご希望エリアでのと土地探しからの企画提案で、住宅づくりが進んでいます。

IMG_4934.JPG

このエリアは、今や洗練された街並みで、おしゃれな店が並んでいます。

今日は、棟上げに際して、近くのオランダ屋さんでランチをとり、

その雰囲気を満喫しました。

IMG_4925.JPG

バケットフレンチトーストとアイスクリームです。

このような喫茶店で、PCを開き、お客様とのメール、新たな住宅のプランつくり、

ブログの更新、新商品の構想など、命の洗濯をしながら、充実した時を

過ごすのが好きです。

IMG_4939.JPG

近くには、おしゃれなスターバックスや、

IMG_4946.JPG

IMG_4944.JPG

パスタ店やレストランが、この街に新しい息吹を注ぎ込み、

元気で知的で、生活を活き活きとする人達が集まりつつあるように思えます。

このエリアでご希望の方は、ご相談ください、奈良駅にバスで数分の、

交通、通学、お買い物に至便なエリアで、住まいにはお薦めの街です。

IMG_4863.JPG

今日は、棟上げの日になります。

朝から土台の上に柱を立て始めて、

IMG_4912.JPG

昼には棟木を据付までできます。

柱、梁などのすべての木材には、番号を付けて材木やさんから出荷されてます

ので、機械で加工されたプレカットの木材は、間違いなくかっちり組めるように

なっています。

IMG_4950.JPG

床板の根太レス合板もプレカット材で出荷されてますから、柱の逃げも事前に

加工されていて、見事にぴったりと貼れました。

IMG_4959.JPG特許遮熱工事の工法の関係で、棟上げの際に、屋根に特許の厚いアルミシートを

貼ります。

屋根の通気層を設けるため、屋根下地の垂木を2段にするため、棟上げの際に

アルミシートが無いと、屋根板の野地が葺けません。

これが、のちに驚異的な断熱効果を発揮して、夏はエアコンに依存せず、

冬もあったかい環境を作ります。

IMG_4987.JPG

このアルミシートが、棟上げの当日に現場に納品されるように、神経を遣います。

今日は施工日を1日ずらしたことで、当日、入荷されるか確かめたところ、

手違いで、変更前の明日の出荷になってる恐れがあり、大慌てで、出荷元の

京都府亀岡市に引き取りに走りました。

IMG_4861.JPG

IMG_4859.JPG

早朝から、京都縦貫道路を福知山方向に走り、運送会社の亀岡営業所に

着きました。

結局、間違いなく日付の変更の指示が通っていて、本日、納品されるように

運搬中であることがわかり、事なきを得ました。

IMG_4860.JPG

ほっとして、帰途につきます。

朝から、思わぬ長距離のドライブをすることになりしました。

決してどうライブは嫌いではないので。・・・。(^_-)-☆

IMG_4978.JPG

無事に、棟が上がり、外壁の耐震の構造用合板も貼れました。

この家の間取りや、外観のデザイン、窓の種類など、Y様と繰り返し、

楽しく打合せした成果になります。

プラン集から適当に選ぶ家でない、注文住宅の醍醐味!!!

IMG_5003.JPG

もう、日が落ちるのが早くなりましたので、

暗い中ですが、お酒を建物の角々にまいていただけることになり、

本日の棟上げは、めでたく、終了です。

<奈良県の家造りは、工務店直接契約の出来るランドマークへ>

▼過去の記事一覧はこちら

注文住宅は 大工さんと直接契約

注文住宅は建築会社との直接契約 ・・・ランドマークの家

注文住宅を、「工務店直接契約」で造るランドマークです。

私が、この家づくりの仕組みを思いたったのは、

今の家づくりが,建築主のためになってないことに気づいたからです。

 

 ふりかえりますと、

昭和30年代から、家づくりの仕組みが大きく変質してしまい、

もう半世紀が経過しました。

 

昔から、良い家は、大工さん(建築会社)に、直接依頼していました。

ゆっくり、じっくりと信頼感を育み、一緒につくりあげる家。 

 

現在は、建築主が、大工さん(建築会社)に直接に依頼する方法は、

なかなか見つかりません。

 

どの工務店に、安心して相談できるのか、情報が判りませんし、

1千万円~数千万円もする家を、安心して依頼できる能力や信頼性があるのか、

判断基準も、情報もありません。

 

 でも、せっかくの一生の家ですから、価格も品質も価値のある家を造りたいですね。

daiku.JPG

家づくりの際、みなさんは、

まず、住宅総合展示場に訪れ、

「営業マン」 との面談から初めることになります。

 

「営業マン」 を通じ、

家づくりを、 「住宅メーカー」 に相談することが主流になりました。

家が、商品になり、システム化されてます。

 

「住宅メーカー」 の大掛かりの仕組みは、私たちを満足させてくれます。

住宅展示場、広告、ネクタイをした営業マン、カタログ、規格商品・・・・

でも、その仕組みの中に、建築技術者は殆ど含まれていません。

 

「営業マン」 も、家を売るプロですが、必ずしも建てるプロではなく、

研修を受けた、販売士の一種です。

 必ずしも、建築技術や、法律、家づくりのノウハウを理解してるわけではありません。

決まった商品を売る、会社側の販売のプロです。

044406.jpg

そのことで、お役に立とうと、建築士の私が、

建築主の立場に立って、建築主の為の家づくりを取り戻そうではないかと、

立ち上がりました。

 

能力と実績のある大工(建築会社)の情報を持つ弊社が、

安心で、価格と価値のある家づくりを、お客様に提供できる立場にあることに、

着目したのです。

 

家づくりの主導権を、建築主が取り戻し、価値のある形にして、ご提供しようと。

 

ただ安いだけが自慢の家や、 「住宅会社」 側の 「営業マン」 の、

売る家から、創る家へと、仕組みを整えました。 

 

住宅メーカーの広告費や住宅展示場などの経費は、建物価格に入ってます。

そんな家づくりはしたくないと。

一般的な家で、数百万円の差はあります。

 

自分たちが、お金を出し合って、住宅メーカーの価値をつくるのは不合理だと、

見直し、本当に自分たちにとって価値のある、安心の家づくり。 

 

もし、価格が節約できるなら、より豊かな価値のあるシステムキチンなどの

設備の資金などにしたいですね。

安心した価格で。

father-23.jpg

ところで、ランドマークには、「営業マン」はいません。

家づくりに、必ずしも 「営業マン」 は必要ないと考えるからです。 

 

そんなランドマークですが、

■土地探し、契約

■融資などの資金契約や、融資のお世話

■家づくりのプランつくり

■土地、諸費用を含む資金計画つくり

■関係法令の問題処理、許可申請

など、住宅会社に欠かせないことは、すべて、お任せいただいてます。

一級建築士の私が、家づくりのきっかけから、悩み解決をします。

_DSC8749.JPG

ランドマークの家は、

家づくりの仕組みの利点を、建築主にご提供することです。

U_0001.jpg

多くの本でも紹介されています。

ぜひ、良い家づくりになる、ランドマークの家を、ご相談にお越しください。

家づくりの夢も、お聞かせください。

_OSG3371.JPG

弊社に無いことは、

広告と、営業マンだけです。

family2.JPGランドマークの家づくり、

無料相談でお待ちしています。

 

大工さんとの家づくり例はこちら。

施工作品をご覧ください。

分譲地もございます。

 

世界的な、建築家、巨匠の、フランク・ロイド・ライト財団の、正規ライセンスのある家。

オーガニックハウス も扱っています。

メールでの、無料相談も、お受けしています。

 

メールマガジンはこちら(匿名です、ご安心ください)。

 

 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン