信頼できる大工さんとの直接契約の家ができるのがランドマークの家づくり 大工さんとの直接契約の家 オーガニックハウス
ウレタン遮熱工法 檜
メール無料相談口 メールマガジン登録 施工作品 特選分譲地

お客様の喜びのことば

川西町の今中様

ランドマークに、建築費など、条件を決め、相談しましたが、希望どうりの家を建てていただき満足しています。市街化調整区域の困難な建築許可ができたのは、設計事務所のランドマークならではで、良いご縁だったとと思います。

140804voice01
橿原市の浮田様

家づくりの情報過多で悩みましたが、「全国優良工務店100選」の本を見て、ランドマークに相談しました。いろいろ要望が多かったのですが、要望を、的確に具象化していただき、こちらの視点で家づくりをしていただくのが上手な方だと思います。

140804voice02
建築士の私が、大工さんと直接契約の家づくりの仕組みを創ったわけ。

ランドマークの家は、建築会社と直接に契約できる家なんです
この仕組みで、建築主様に価格と安心の価値をご提供し、次々に建築主の思いのこもった家ができています。

建築士森下

住宅メーカーではできない、建築主の立場で、ご一緒につくる家。
このように、建築主にお役になれる家づくりをしたく、その仕組みを造りました。
建築士だからこそ、お役にたてることは、各種の本や動画で収録されています。


top-dvdimg.jpg 本001.jpg 本002.jpg 本003.jpg

住宅会社で聞けない話・・・
家づくりの方が一番知りたいこと・・・

<<メールマガジンを配信しています>>
   ↓   ↓   ↓
http://lam.co.jp/post_43.html

「失敗しない住宅つくりの秘訣」というメールマガジンです。
建築士人生の集大成として、惜しみなく家づくりのコツを発信しています。
メルマガの登録は上の登録ボタンをクリックしてください。
「苗字」と「メールアドレス」だけの簡単な入力です。
ご住所などの情報は不要ですので、営業にはお伺いしません。
このメルマガが、あなたの家づくりの一助になれば幸いです。

所長 森下のひとりごとブログ

橿原市S様の基礎ができました。

奈良県橿原市で、注文建築を建てるランドマークです。

このたび、橿原市のS様の家の基礎ができました。

DSCN9847.JPG

内部の配管を事前に施工し、床下の通気口も適切に施工されています。

DSCN9853.JPG

この通気口を設けることにより、床下点検口から、家全体の床下に点検に動ける

ようになります。

後日のメンテナンスのため、新築時に対策を施しています。

減震金物加振実験01.jpg

また、この建物には、地震対策の究極、「減震金物」を設置することになります。

 

様々な地震対策がありますが、

耐震構造・・・・建物を強くするように耐力壁を設置。

         (現在、最も多い工法)

制震工法・・・・オイルダンパや摩擦熱を受けるゴム付のブレースを配置。

         (やや、工事費が高く、揺れを抑える工法)

免震工法・・・・家と基礎の間にローラーなどを設け、地震動を逃がす。

         (極めて工事費が高く、普及していない)

の、3種類に今までは分類されていましたが、

地震対策の効果が高く、価格を抑えたものは、

この減震金物工法が木造住宅の地震対策の決め手となります。

 

基礎の上の土台との間に、この金物を介在させることにより、

地盤の挙動が建物に直接に伝わらず、振動が抑えられ、

強い地震動(加速度)が半分くらいになります。

UFOE無い時.JPG

減震金物が、 「無い時」

UFOE有る時.JPG

減震金物が、 「有る時」

 

の違いがよくわかる実験です。

建物が壊れてなくても、

内部のタンスや棚が吹き飛んでは、家族が致命的な傷を負います。

それを抑えられる、「減震金物工法」が、弊社の今後の主流になります。

地震対策に、関心をお持ちの方は、ご相談ください。

<地震にも強く、エアコンに頼らない家は、ランドマークです>

▼過去の記事一覧はこちら

所長 森下のひとりごとブログ

桜井市粟殿町に、新たな分譲地ができます。

奈良県、桜井市で家づくりをするランドマークです。

このたび、桜井市に新たな分譲地を作るため、奈良県の手続きを開始しました。

桜井市粟殿町の東部になります。

具体的な位置は、販売が開始されてから、ご案内させていただきます。

50坪と57坪の2区画になります。

DSCN9560.JPG

都市計画法による、開発許可の関係を整理する必要があり、

桜井市役所に打ち合わせに入ります。

DSCN9561.JPG

DSCN9564.JPG

関係各課を回り、調査をします。

この桜井市庁舎は、設計は意欲的なものですが、経年劣化が目立つように

なりました。

地域の防災拠点としても、改修工事が必要になってるように思います。

また、開発許可は、桜井市でなく、奈良県の所管ですので、

奈良県中和土木事務所に打ち合わせに入ります。

DSCN8861.JPG

DSCN8867.JPG

ここですね、

元は、耳成高校の校舎でしたが、改修工事をし、中和地域の県事務所を

統合した建物になってます。

建築課関係も、元の桜井土木事務所と大宇陀土木事務所を統合されてます。

役所も、経費節減に努力を重ねられてます。

だんだんと、経済が縮小してるのでしょうか。

マクロ的に経済を見ると、決して良い傾向とは思えません。

 

今日は、不動産屋さんの法律相談から、分譲地の設計や法律手続きになりましたが、

このように、ランドマークは、住宅を建てるだけでなく、分譲地開発や建物の建築など、

各種法律に基づく相談もお受けしています。

 

設計事務所としては、資格は、一級建築士の事務所であり、一級建築施工管理技士の

事務所になります。

 

この資格は、建築に関してはオールマイティーですが、建築に関する取組みは、

各事務所で、様々な専門があります。

 

お医者さんが、「医師免許」一つで、内科・外科・産婦人科・耳鼻咽喉科・眼科など、

資格ではすべてできることになってると思いますが、各医院では、専門があり、

分化されてると思います。

眼科に行き、いきなり外科手術をしてくださいと言っても難しいですね。

医師の資格的にはできると思いますが。

 

私たち建築士も同様で、構造に特化した、構造建築事務所、役所の建築確認申請

などの手続きを主な生業にしてる事務所(弊社も元はそうで、住宅メーカーから

大量の受注をしていました)、

設備設計に特化した事務所、公共工事に特化して、役所に指名願いを出してる

事務所、店舗設計や内装設計に特化した事務所などいろいろあります。

 

弊社ランドマークは、想うところがあり、

一般のお客様に、家づくりで、工務店直接契約できる仕組みをご利用しやすく、

安心もお届けする会社になっています。

外形的には、普通の住宅会社とお考えいただくとわかりやすいです。

住宅会社と違うのは、「家を売る人」でなく、「家を買う人」側の立場で、

建築主側の立ち位置になる会社になります。

 

本来、建築士は、建築主側で働くべきと思いますが、多くの建築事務所は、

建築会社側の立ち位置になっているのが現状です(ランドマーク自身がそうでした)。

関西や全国をを見回しても、弊社のように、建築主側の家づくりの仕組みを提供する

事務所は決して多くありません。

弊社自身が建設業にならず、頑なに建築士の事務所であり続けることの理由です。

_OSG0616.JPG

このホームページ閲覧された方には、工務店直接契約やデザインの優れた家を

ぜひ、ご提供したいとの思いで、微力ながら活動しています。

 

奈良県で家づくりをお考えの方はぜひ、ランドマークをご利用ください。

価格の価値だけでなく、せっかくの家ですから、デザイン性や住み心地を

重視した家を建てませんか。

 

風通しのい良い大きな窓、日差しが柔らかで、外壁の傷まないな深い軒の出、

奥様が家の中心にいるプランなど、建築士の工夫満載の家、

ま四角で、効率だけや、想いのない家は、作りたくありません。

_DSC0081.JPG

<奈良県の家づくり、注文住宅、分譲住宅、直接契約はランドマークへ>

▼過去の記事一覧はこちら

注文住宅は 大工さんと直接契約

注文住宅は建築会社との直接契約 ・・・ランドマークの家

私が、この家づくりの仕組みを思いたったのは、

現在の住宅造りの仕組みが、建築主のためになってないことに気づいたからです。

 

過去の高度成長期から、家づくりの仕組みが根底から変わってしまい、

もう半世紀が経過しました。

 

昔から、良い家は、大工さん(建築会社)に、直接依頼していました。

現在は、建築主は、大工さん(建築会社)に直接に依頼する方法は、

ほぼありません。

どこに依頼先の大工さん(建築会社)があるのかわかりませんし、

1千万円~数千万円もする家を、安心して依頼できる能力や信頼性があるのか、

判断基準も、情報もありません。

 

でも、せっかくの一生の家ですから、価格も品質も価値のある家を造りたいですね。

daiku.JPG

家づくりの際、殆どの方は、

まず住宅総合展示場に行き、 「営業マン」 との面談から初めることになります。

 

「営業マン」 を通じ、づくりを、 「住宅メーカー」 に相談することが主流になりました。

家が、商品になり、システム化されてます。流れ作業のように。

 

「住宅メーカー」 の大掛かりの仕組みで、お客様を満足させてくれます。

住宅展示場、広告、ネクタイをした営業マン、カタログ、規格商品・・・・

 

でも、よく考えますと、その仕組みの中に、建築の技術者は殆ど含まれていません。

「営業マン」 も、家を売るプロですが、建てるプロではなく、

研修を受けて、家を売ることになったもので、

必ずしも、家づくりの構造や基本を理解してるわけではありません。

決まった商品を売る、会社側の販売のプロです。

 

044406.jpg

そこで、建築士の私が、本来の家づくりを取り戻そうではないかと立ち上がりました。

注文住宅は 大工さんと直接契約 > 続きはこちら

 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン