信頼できる大工さんとの直接契約の家ができるのがランドマークの家づくり 大工さんとの直接契約の家 オーガニックハウス
ウレタン遮熱工法 檜
メール無料相談口 メールマガジン登録 施工作品 特選分譲地

お客様の喜びのことば

川西町の今中様

ランドマークに、建築費など、条件を決め、相談しましたが、希望どうりの家を建てていただき満足しています。市街化調整区域の困難な建築許可ができたのは、設計事務所のランドマークならではで、良いご縁だったとと思います。

140804voice01
橿原市の浮田様

家づくりの情報過多で悩みましたが、「全国優良工務店100選」の本を見て、ランドマークに相談しました。いろいろ要望が多かったのですが、要望を、的確に具象化していただき、こちらの視点で家づくりをしていただくのが上手な方だと思います。

140804voice02
建築士の私が、大工さんと直接契約の家づくりの仕組みを創ったわけ。

ランドマークの家は、建築会社と直接に契約できる家なんです
この仕組みで、建築主様に価格と安心の価値をご提供し、次々に建築主の思いのこもった家ができています。

建築士森下

住宅メーカーではできない、建築主の立場で、ご一緒につくる家。
このように、建築主にお役になれる家づくりをしたく、その仕組みを造りました。
建築士だからこそ、お役にたてることは、各種の本や動画で収録されています。


top-dvdimg.jpg 本001.jpg 本002.jpg 本003.jpg

住宅会社で聞けない話・・・
家づくりの方が一番知りたいこと・・・

<<メールマガジンを配信しています>>
   ↓   ↓   ↓
http://lam.co.jp/post_43.html

「失敗しない住宅つくりの秘訣」というメールマガジンです。
建築士人生の集大成として、惜しみなく家づくりのコツを発信しています。
メルマガの登録は上の登録ボタンをクリックしてください。
「苗字」と「メールアドレス」だけの簡単な入力です。
ご住所などの情報は不要ですので、営業にはお伺いしません。
このメルマガが、あなたの家づくりの一助になれば幸いです。

所長 森下のひとりごとブログ

設計事務所のランドマークに相談が多いのには、わけがあります。

奈良県で家づくりをするランドマークです。

工務店直接契約の仕組みを作り、優秀な工務店とともに住宅を作っていますが、

デザインに特化した家でなく、

 

あくまで、それぞれの施主様に合う家づくりを目指して、設計図代のための設計図は

描きません。

 

そのため、ランドマークの設計料はお手頃です。

お金がかさみ、必要性の低いものは描かず、図を割愛させていただいてます。

 

それこそ、家の造り手のための設計事務所を自負しています。

設計事務所のための家づくりではありません。

 

・・・・その良い例です。

今日は、京都府で、大規模の土砂崩れの災害復旧の中で、必要な建築基準法の

手続きを依頼されましたので、その土木コンサルタントにできない手続きについて

打ち合わせしましたが、

結局、「手続きが必要ないように」、京都府山城北土木事務所で協議をしました。

DSCN9500.JPG

山の中に入ります。

DSCN9504.JPG

ここが現場、大掛かりな造成工事で、建築基準法の「工作物確認申請」が必要な擁壁が

あるとのことです。

・・・・土木コンサルタントにはできません。

DSCN9506.JPG

まず、京田辺市役所に行き、そもそもの手続きが必要な根拠の条例を調べます。

DSCN9510.JPG

この中の各課をいろいろ歩きました。

DSCN9512.JPG

そして、京都府山城北土木事務所に走ります。

DSCN9518.JPG

ここで、災害復旧を急ぐお客様のため、難しい協議をします。

そもそもの建築基準法の用語の定義までにさかのぼり、

そして、ご理解いただき、「工作物確認申請は不要」になりました(適法に)。

そのことを、市役所に説明しましたが、「本当ですか?」と、ご納得がなかなか

できないようでしたので、直接に京都府土木事務所に照会をしてくださいと。

 

結果、ご理解いただき、建築基準法の手続きは不要になりました。

災害復旧を急ぐお客様のためになりましたが、弊社は売上にならず、

くたびれもうけです。

しかし、この価値をご理解いただき、依頼主には評価いただきました。

DSCN9520.JPG

弊社は、全くお金にはなりませんでしたが、

達成感のある一日で、帰途は関係者の幸せの気をいただいて、至福のひととき

です。

 

弊社の仕事がなくなるのですが、

必要のない設計費がかからないようにする、ランドマークの家づくりにも

通ずるものがあります。

 

来週は、吉野の方面で相談を受けています。

来週は忙しくなりそうですが、貢献できることを喜びとしています。

<設計事務所や工務店の価値をご提供するランドマークです。>

▼過去の記事一覧はこちら

所長 森下のひとりごとブログ

歳を重ねても、変わらない価値のある家。

 奈良県で  「歳を重ねても、変わらない価値のある家」 を造るランドマークです。

 

「歳を重ねても、価値のある家」の関連になりますが、

 

今日は、愛娘の西宮市にある母校に用事があり、久しぶりに電車に乗りました。

鉄道オタクの血が騒ぎだします。

DSCN8934.JPG

近鉄特急は、今日は、30000系ビスタカー。

直近の更新工事(住宅で言うリフォーム工事)を受けてはいませんが、2階の

曲面ガラスなど、大胆な設計は特筆に値します。

DSCN8937.JPG

これですね、特徴の階段。

今日は2階を選びましたが、階下は足元が広大で、落ち着かないぐらいです。

DSCN8940.JPG

ハイデッカー車ですから、連結部はやや車両間のずれが大きく、面白い。

車体のローリング(縦軸回転)やヨーイング(横ずれ)の変位が2階の

連結部に集中します。

DSCN8944.JPG

甲子園の大屋根は完成後初めて。

DSCN8949.JPG

ここには、山陽電車が乗り入れてます。

いつかは、近鉄名古屋~山陽姫路間の観光特急も実現できるかもしれません。

(いまは、阪神三宮まで、近鉄特急車両が入ってます)

DSCN8954.JPG

今津駅の阪神本線から阪急今津線への連絡通路。

この両駅は90°になっています。

以前は阪急が阪神と平行のホームでしたので、

阪急電車の大きな車体が半径50m位の急カーブが大きなオーバーハングで

軋みながら曲がって入ってきました。

DSCN8959.JPG

西宮北口で、今津線が分断されてますが、昔は、今津から宝塚はつながってましたので、

この駅で、神戸線と平面交差し、独特のリズムでダッダダ、ダッダダとポイントを渡って

いました。

 

今日のブログは住宅から外れましたが、

この電車が、 「変わらない価値」 の肝です。

 

阪急電車は、1960年製造の2000系や、2300系がいまの阪急電車のプロトタイプで、

<この56年、ほぼそのデザインが変わってません。>

外観の窓・ドア、内装の木目のデコラの模様、肌触りの良い緑のシート、

前面形状など。

これこそ、私の目指す、歳を重ねても変わらないデザインと仕様のこもった家とあい

通ずるものです。

 

思えば、56年前の阪急電車の設計者の素晴らしい先進性、

その伝統の車両デザインを維持する、技術者の姿勢。

日本の鉄道車両で、これほど息の長いものはなかなか見受けられません。

 

ランドマークの家もこうありたいものです。

特徴の、大きな軒の出は、やや建築費は上がるものの、

外壁の痛みが極端に少なく経年劣化が少なく、デザインも、美しい。

DSCN8589.JPG

後々のメンテナンスコストを考えたものです。

 

で、西宮に、話を返しますと、

DSCN8962.JPG

この電車、56年間ほぼ変わってません。快挙です。

DSCN8963.JPG

待ち合わせで、駅前の喫茶店。

さすがに、学生街の西宮ですね、昼間は大学生でいっぱいになるある意味、レトロな

雰囲気です。

DSCN8965.JPG

愛娘の母校。

名建築家、ヴォーリズの建物です。

阪神間は、このような、美しい洋館が数多くあり、とても好きな街です。

ちなみに、この北隣の大学の建物もヴォーリズの作で、もう一人の愛娘は

そちらが母校になります。

DSCN8969.JPG

DSCN8967.JPG

弊社のランドマークの家は、永く価値の残る家を目指してますが、

さらに、設計思想とデザインの優れた、

往年の名建築家フランク・ロイド・ライトの正規ライセンスの家も、

ランドマークが奈良橿原で唯一ご提供する会社になります。

<ながく価値のある家、ランドマーク>

▼過去の記事一覧はこちら

注文住宅は 大工さんと直接契約

注文住宅は建築会社との直接契約 ・・・ランドマークの家

私が、この家づくりの仕組みを思いたったのは、

現在の住宅造りの仕組みが、建築主のためになってないことに気づいたからです。

 

過去の高度成長期から、家づくりの仕組みが根底から変わってしまい、

もう半世紀が経過しました。

 

昔から、良い家は、大工さん(建築会社)に、直接依頼していました。

現在は、建築主は、大工さん(建築会社)に直接に依頼する方法は、

ほぼありません。

どこに依頼先の大工さん(建築会社)があるのかわかりませんし、

1千万円~数千万円もする家を、安心して依頼できる能力や信頼性があるのか、

判断基準も、情報もありません。

 

でも、せっかくの一生の家ですから、価格も品質も価値のある家を造りたいですね。

daiku.JPG

家づくりの際、殆どの方は、

まず住宅総合展示場に行き、 「営業マン」 との面談から初めることになります。

 

「営業マン」 を通じ、づくりを、 「住宅メーカー」 に相談することが主流になりました。

家が、商品になり、システム化されてます。流れ作業のように。

 

「住宅メーカー」 の大掛かりの仕組みで、お客様を満足させてくれます。

住宅展示場、広告、ネクタイをした営業マン、カタログ、規格商品・・・・

 

でも、よく考えますと、その仕組みの中に、建築の技術者は殆ど含まれていません。

「営業マン」 も、家を売るプロですが、建てるプロではなく、

研修を受けて、家を売ることになったもので、

必ずしも、家づくりの構造や基本を理解してるわけではありません。

決まった商品を売る、会社側の販売のプロです。

 

044406.jpg

そこで、建築士の私が、本来の家づくりを取り戻そうではないかと立ち上がりました。

注文住宅は 大工さんと直接契約 > 続きはこちら

 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン