信頼できる大工さんとの直接契約の家ができるのがランドマークの家づくり 大工さんとの直接契約の家 オーガニックハウス
ウレタン遮熱工法 檜
メール無料相談口 メールマガジン登録 施工作品 特選分譲地

お客様の喜びのことば

川西町の今中様

ランドマークに、建築費など、条件を決め、相談しましたが、希望どうりの家を建てていただき満足しています。市街化調整区域の困難な建築許可ができたのは、設計事務所のランドマークならではで、良いご縁だったとと思います。

140804voice01
橿原市の浮田様

家づくりの情報過多で悩みましたが、「全国優良工務店100選」の本を見て、ランドマークに相談しました。いろいろ要望が多かったのですが、要望を、的確に具象化していただき、こちらの視点で家づくりをしていただくのが上手な方だと思います。

140804voice02
建築士の私が、大工さんと直接契約の家づくりの仕組みを創ったわけ。

ランドマークの家は、建築会社と直接に契約できる家なんです
この仕組みで、建築主様に価格と安心の価値をご提供し、次々に建築主の思いのこもった家ができています。

建築士森下

住宅メーカーではできない、建築主の立場で、ご一緒につくる家。
このように、建築主にお役になれる家づくりをしたく、その仕組みを造りました。
建築士だからこそ、お役にたてることは、各種の本や動画で収録されています。


top-dvdimg.jpg 本001.jpg 本002.jpg 本003.jpg

住宅会社で聞けない話・・・
家づくりの方が一番知りたいこと・・・

<<メールマガジンを配信しています>>
   ↓   ↓   ↓
http://lam.co.jp/post_43.html

「失敗しない住宅つくりの秘訣」というメールマガジンです。
建築士人生の集大成として、惜しみなく家づくりのコツを発信しています。
メルマガの登録は上の登録ボタンをクリックしてください。
「苗字」と「メールアドレス」だけの簡単な入力です。
ご住所などの情報は不要ですので、営業にはお伺いしません。
このメルマガが、あなたの家づくりの一助になれば幸いです。

所長 森下のひとりごとブログ

マクロソフトのしかけには、納得できません。

一昨日、弊社のパソコンが大変なことを強制されました。
皆さまのパソコンもそうであるように、ウィンドウズ10へのバージョンUPを
しきりにアピールする窓がポップアップされ続け、悩まされてきました。

無視、削除し続けましたが、何かの拍子に、意に沿わない形で、WIN10に
VER.UPが始まってしまいました。
制止できずに、ほぼ暴走状態での強制のVER.UPになってしまいました。

当パソコンには、多くのソフトが入っています。
CAD、データベース、金融取引関係、表計算・・・・・・・etc.
大丈夫だろうか・・・・・。

ウィン10.JPG

(◞‸◟)

その各ソフトは必ずしも上位のWIN10に対応できる保証はありません。
(昔のNEC98のように、上位コンパチでない)
OSをウィンドウズにした以上は、仕方がないようですね。
マイクロソフトに従うしかないです。

実際に、いくつかの不都合が発生しましたが、
幸い、このたびはソフトのバージョンUPまではしなくても、作動しました。

マイクロソフト社のこの強制的なVER.UPは、
ほとんど、ウィルスかスパイウェアの領域で、犯罪ですね。

私はこのように、ほかの人や会社に支配されるのが許せません。

弊社ランドマークは、下請けの設計事務所を脱して、
直接にお客様側で家づくりをする、ランドマークの家の仕組みを構築したのも、
そのように、住宅会社の影響を受けずに、
じっくりと、施主様と一緒の、納得の家づくりをしたかったからです。

S22C-616052309540_0001.JPG弊社には、資料請求をいただきますと、いろいろな情報をご提供しますが、
その内の一つが、この資料ファイル(表紙)。

この表紙のコピー(言霊に近い)が、ランドマークの家の勘所です。
ぜひ、家づくりで様々な課題をお抱えの方は、無料相談にお越しください。

<家づくりの悩みは、ランドマークの無料相談にお越しください>

▼過去の記事一覧はこちら

所長 森下のひとりごとブログ

大型地震のゆれを半減にする「減震」工法。

奈良県で、注文住宅を建てるランドマークですが、
このたび、大型地震の地震加速度を半減にする、画期的な工法を使えるように
なりました。
地震対策には、一般的に知られるのは、

<1>耐震構造
     耐震壁を強化する・・・・現状は、ほぼこの構造です。
     新耐震基準による高い強度を得られる。

<2>制震構造
     壁内にオイルダンパや粘性ゴムを組み込み、地震エネルギーを減衰させる。

<3>免震構造
     建物の基礎の間にローラーなどの装置を設け、自身のゆれを逃がし、躯体に
     地震エネルギーが伝わりにくい。

この3つの工法ですが、
このたび、新たに採用が可能になった地震対策は、

<<減震構造>>

これは、建物と基礎の間に減震金物を設け、躯体に地震エネルギーが伝わる前に、
摩擦で減震させるものです。

01DSCN7691.JPG

この金物を、基礎と建物の土台の間に設けます。

02DSCN7688.JPG

基礎側から見ますと、通常はこの状態です。

03DSCN7689.JPG

大きな地震動が置きますと、このように、基礎側の板から土台側の金物が左にずれます。

04DSCN7690.JPG

さらに、反対方向に地震動が進みますと、右にずれます。
この繰り返しですが、その「ずれ」の際に、
金物同士の摩擦で、運動エネルギーを熱に変えて、震動を吸収します。
さらに、大きな地震動の場合は、金物の形状で凹凸がひっかかり、大きなずれを
収めます。

Wブレーキ構造です。

ちまたには、さまざまな地震対策がありますが、
私が採用するのは、

●構造が単純であること、
●効果が高いこと
●コストが低いこと
●実績があること

です。

いろいろ装置をつけるものが多く、住宅で数100万円のものも多い中、
この工法は相当低価格でできます。
また、摩擦エネルギーを熱エネルギーに変えるだけなど、構造がシンプル。
この工法は、先の熊本地震でも成果があり、

●基礎、土台、外壁の形状にほぼ変形やひび割れがない。
●地震動が小さく、建物内の家具がバタバタ倒ることが少ない。
●基礎と建物の間に少しずれが発生・・・・このずれの摩擦でエネルギーが逃がされた。
●基礎と外部の犬走りに亀裂が発生・・・・外部の地面は動きますが、建物はしっかり

このように、周辺の建物のダメージと比較し、ほとんど被害がなく、違いが確認された。

S22C-616051909260_0001.jpg

 

このように、この 「減震金物」 は震度7を想定して開発されています。

S22C-616051909230_0001.jpg

Wブレーキ構造の意味は、
まず、摩擦で、地震動を熱に変えて抑えること。
基礎と建物の変位が大きくなった際には、形状のひっかかりで止めることです。

S22C-616051909250_0001.jpg

この工法は、弊社の進める、「フランク・ロイド・ライトの家」である、
オーガニックハウスをお建ていただく際にオプションとして採用が可能になります。
奈良県の、建築主のための真摯な家づくり、ランドマーク。

<ランドマークの無料相談にお越しください>

▼過去の記事一覧はこちら

注文住宅は 大工さんと直接契約

注文住宅は建築会社との直接契約 ・・・ランドマークの家

私が、この家づくりの仕組みを思いたったのは、

現在の住宅造りの仕組みが、建築主のためになってないことに気づいたからです。

 

過去の高度成長期から、家づくりの仕組みが根底から変わってしまい、

もう半世紀が経過しました。

 

昔から、良い家は、大工さん(建築会社)に、直接依頼していました。

現在は、建築主は、大工さん(建築会社)に直接に依頼する方法は、

ほぼありません。

どこに依頼先の大工さん(建築会社)があるのかわかりませんし、

1千万円~数千万円もする家を、安心して依頼できる能力や信頼性があるのか、

判断基準も、情報もありません。

 

でも、せっかくの一生の家ですから、価格も品質も価値のある家を造りたいですね。

daiku.JPG

家づくりの際、殆どの方は、

まず住宅総合展示場に行き、 「営業マン」 との面談から初めることになります。

 

「営業マン」 を通じ、づくりを、 「住宅メーカー」 に相談することが主流になりました。

家が、商品になり、システム化されてます。流れ作業のように。

 

「住宅メーカー」 の大掛かりの仕組みで、お客様を満足させてくれます。

住宅展示場、広告、ネクタイをした営業マン、カタログ、規格商品・・・・

 

でも、よく考えますと、その仕組みの中に、建築の技術者は殆ど含まれていません。

「営業マン」 も、家を売るプロですが、建てるプロではなく、

研修を受けて、家を売ることになったもので、

必ずしも、家づくりの構造や基本を理解してるわけではありません。

決まった商品を売る、会社側の販売のプロです。

 

044406.jpg

そこで、建築士の私が、本来の家づくりを取り戻そうではないかと立ち上がりました。

注文住宅は 大工さんと直接契約 > 続きはこちら

 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン