国の基準を超える家 

国の基準を超える家 002 断熱工法の怪 

家計を守るアルミシートの効果。

住宅ローンは軽くなく、家計を預かる奥様は出来る限り支出を抑えたい

ものですね。

ランドマークの特許遮熱工法はその役割の一つを担い、光熱費を抑える

もので、極力、エアコン代は抑えたいものです。

ウレタン遮熱③.jpg

これに関して、中部大学の武田教授の説をご紹介します。

武田先生は、CO2による地球の温暖化は誤りという説を唱えられています。

氏は、へそ曲がりのような説が好みのようですが、真実が多く含まれます。

地球温暖化は本当にCO2が原因か、だれかのプロパガンダか、後進国の

成長を抑えるためのものかは別として、

私たちの家計の視点でも理解を深めたいものです。

1135780.jpg

気温の変動は、太陽の活動の変化で一時的に地球の温暖化が進み、人が使う

CO2はむしろ増やしたほうが良いとの説です。

温度変化は長期的トレンドか短期のトレンドか、見極めが必要です。

車はガソリンから電気に、エネルギー源を変えることが推奨されています。

しかし、その発電のため、日本では火力発電所が80%以上になります。

電気自動車は、石炭や石油を燃料に動いています。

3773293_l.jpg

蒸気機関車と同じ燃焼効率で、ガソリンに比べて、電気の方が資源を

食います。

豊田社長の仰るように電気自動車でなく、ガソリンで動くハイブリッドカーが

最も合理的のようです。

地球温暖化で、海面が上がり、ツバルの島が消滅する説・・・。

しかし、北極は氷が海面に浮かんでますので、溶けても海面は上がりません。

2300146_l.jpg

ウィスキーのロック、氷が解けても水面は変わりません。

南極は、気温が上がると、海面の水蒸気が雲になり、南極に降雪し、

その雪や氷は海には流れません。

ツバルはむしろ国土面積が増えてます。・・・ネイチャーに投稿の論文。

642348_m.jpg

今まで私たちが聞されて、信じてきたことが正しいか、少しは考えてみたい

ものです、家に住む私たちの家計から。

とは言うものの、太陽光のエネルギーは家計に負担になりますので、断熱を

すべきですが、ランドマークは国の基準を超えた「遮熱」の概念で、特許の

遮熱工法をしています。

1111IMG_9362.JPG屋根と外壁5面すべてをアルミシートで被う「遮熱工法」は、

従来の「断熱工法」をはるかに超えるもので、アルミシートは太陽光の

輻射熱を95%反射します。

少し立ち止まり、家計に何が良いか、考えをめぐらしたいものです。

<特許遮熱工法はご相談下さい>



国の基準を超える家 

国の基準を超える家 001 耐震等級の怪 2017年12月31日

耐震等級が高ければ良いわけではありません。

実は・・・耐震等級の神話は、考え物で危険です。

耐震等級が高すぎると、かえって、家族の身体を守れません。

「建物を守るか」 、 「家族の身体を守るか」 の考えをしっかり整理しましょう。

そのわけは?・・・・・・・・

このたびは、特許の「減震ベース」(制震構造)についてのご説明です。

家造りの際に、一生の家ですから、いろいろな要素を付け加えたいものですね。

高い耐震等級もその一つですね。

耐震等級を高くするのは簡単なことです。

耐震壁をたくさん設けることや、柱・梁などの仕口(接続部)の金物の使用で

できます。

524719.jpgしかし、実は、耐震等級を高くすることで、安心と思いがちですが、

建物を固くすることで、かえって家族を危険にさらす恐れがあります。

家の外側は、固くて強くした場合、建物はがんばってますが、

1310173.jpg 1226316.jpg

家の中では、食器棚が倒れ、テレビが吹き飛び、

508469.jpgテーブルが壊れます。

「家」を守るのか、「家族の身体」を守るのか、今いちど、考える必要があります。

自動車に例えますと、家族を自動車に乗せるとき、

373315.jpg足周りのバネが「固くて強いダンプ」に乗せるでしょうか、

ガンガン揺れますね(車は強いですが)。

882683.jpg足周りの「柔らかい、空気バネのバス」に、家族を乗せませんでしょうか。

バスは揺れが少なく、身体に優しい乗り心地で、安定してます。

答えは、決まってますね!!!

いたずらに、家を「固く」して踏ん張るのは誤りで、

建物は「柔軟」で、強くて優しくあるべきです。

柳に風です。

興福寺や法隆寺の五重の塔が今までの地震に壊れず、内部の物も無事だったのは、

地震の加速度を逃がし、柔軟に構えてるからになり、歴史が証明してます。

ただただ、固く強くすることにこだわらず、バランスの良い家になることが大事で、

「制震構造」が地震にとても有効になります。

これが、減震ベース工法(制震構造)です。

この特許減震ベース工法は、安価でありながら、建物を守る上に、

建物にかかる地震加速度を大きく減らし(揺れを減らし)、

家内部の家具や電気製品など、凶器になるものの転倒をなくしますので、

家族の身体を守ることになります。

IMG_4963.JPG

これが、「家」を守るのか、「家族の身体」を守るのかの意味になります。

ただただ、安易に耐震等級を高くして、建物を固くするのは、危険で間違いです。

柔軟な家、家族に優しくしなやかで強い家、特許減震ベース工法の家は、

当地では、ランドマークだけが可能な工法になります

<奈良県の地震に安心の家、施主側にたった家造りは、ランドマーク>



| コメント (0)

 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン