所長 森下のひとりごとブログ 

橿原市のH様、地盤調査をしました。 2020年4月22日

奈良県橿原市で、注文住宅の家づくりをするランドマークです。

敷地の整地工事が終わりましたので、その敷地のベンチマークを設定して、

設計地盤面からの深さで地盤調査をしました。

IMG_4520.JPGスウェーデン式サウンディング調査で地盤の深さとその支持力を測定します。

測定機械は小型で、このようなライトバンで運べます。

IMG_4515.JPG小型とはいえ、100kgの重しを載せて地盤に鋼棒を深く貫入しますので、

エンジンとモーターが載っていて、とても重たく、キャタピラーで自走します。

IMG_4519.JPG鋼棒を貫入しながら、そのそれぞれの深さでの測定を連続的にします。

この機械で、データを記録ながら、現場でも打ち出しができ、調査員の経験と

判断で 地層を間接的に測ります。

IMG_4513.JPG盛土の際に、基礎となる部分は、追って掘削しますので、高さを調整しながら

整地をしました。

IMG_4508.JPG道路きわまで整地し、道路付近は解体時にクラッシャランが敷かれてます。

この位置は工事中で自動車が載る場所で、土だけでは沈みます。

 

この地盤調査結果で、基礎の設計をします。

ランドマークは、

特許の制震工法が標準で、巨大地震の揺れを効果的に少なくしますが、

この現場は、さらに、

免震工法も可能か検討をしています。

そのために、この地盤調査結果が決めてになります。

 

ただただ、剛性を上げる耐震等級を上げる工法は簡単にできますが、

建物を固くするほど、内部の家具などの移動や破壊が激烈になり、

かえって家族の身体が危険になります。

建物を固くすると木造の固有振動数と合う周期になり易く、

キラーパルスで、増幅された揺れで、とても恐い思いをされることになります。

耐震と制震0151.jpg地震で揺れが少ない、家族にやさしい家、コストとのバランスが良い家

耐震と制震0101.jpgランドマークはバランスの良い、家にしています。

<奈良県で工務店直接契約ができるランドマーク>

 



| コメント (0)

所長 森下のひとりごとブログ 

橿原市のO様、設備の点検に伺いました。 2020年4月18日

奈良県橿原市で注文住宅の家づくりをしています。

 

本日、6年前のO様から、給湯設備の点検を依頼され、急遽その施工をした

工務店の社長と一緒に訪問させていただきました。

DSCN7884.JPG 弊社の分譲地の、注文住宅になります。

今だその美しさは変わりない威容を呈した家ですが、設備などは、

消耗品もあり、年数が経ちますと、少しずつ不具合は出る可能性があり、

時々、そのきっかけで、オーナー様にお会いすることがあります。

IMG_8497.JPG 数年前にも、O様宅の建具の調整の依頼を受け、すぐに対応をさせて

いただきました。

534443.JPG 私自身は、奈良県橿原市から、住所も事務所も全く動きません。

469665.jpg工務店の社長も全く移転しません。

私の電話番号は、30年以上全く変わってません。

 

完成お引渡し後、何年経っても、私や工務店につながります。

会社が小さい利点です。

担当者が移動することもありません。

むしろ、小さいからこその、対面のご安心、

営業マンがいないからこその安心をご提供できる価値と信じています。

<奈良県の工務店直接契約の家、安心の価値はランドマークへ>



| コメント (0)

所長 森下のひとりごとブログ 

橿原市のH様、盛土整地工事を開始しました。 2020年4月16日

奈良県橿原市で、注文住宅の家づくりをしています。

IMG_4442.JPGこのたび、H様の広大な敷地に盛土工事を開始しました。

古家解体工事の土の上に、新たな土が入り始めます。

IMG_4455.JPG道端が広くない住宅街ですので、小型車でピストン輸送をしています。

特に既存の道路肩や、付近の橋を痛めないように、慎重に搬入をしています。

施工前の写真は入念に撮影し、記録を残しています。

IMG_4467.JPG次々に盛土を繰り返し、やっと全面に土が入ってきました。

IMG_4484.JPG設計どうりの高さになるように、レベルを設置して、仕上げます。

この後、地盤調査をし、建物に適合する地盤補強や地震対策を設計する

ことになります。

<奈良県の家づくり、注文住宅はご相談ください。>



| コメント (0)

所長 森下のひとりごとブログ 

ランドマークの店の看板を貼り替えました。 2020年4月11日

奈良県で、注文住宅を建築してるランドマークです。

 

注文住宅は、施主様のご希望の家を設計しますので、様々なお客様の個別の

ご希望に沿う家ができます。

 

完成した分譲住宅でなく、注文住宅は、工事中の家をご覧いただくこともでき、

ご満足をいただける住まいづくりができるはずです。

 

そのような家づくりを啓蒙するため、店の看板を貼り替えました。

IMG_4204.JPG

「工務店直接契約」の家は、建築士の会社だからこその価値をご提供しています。

一般的な住宅会社で得られない価値をご提供できる立場になります。

●180921ランドマークの表紙02.JPG この安心で魅力の家づくりの仕組みは、大がかりですが、

お客様への想いを一つにする工務店の方々と一緒に創り上げました。

200319鳥瞰01.JPG平面図(間取り図)は理解しにくいものですが、立体的なCGの鳥瞰図でも

ご覧いただくようにし、この図を基に打ち合わせをしています。

間取りや、詳細の納まりを丁寧に打合せをします。

 

キッチンやユニットバスなどの設備も、あらゆるメーカーのあらゆる商品を

対象にしていますから、標準からの変更で割高となるということはございません。

8外観3.JPG完全な注文住宅で、自由設計の家の醍醐味、ランドマークの仕組みは、

奈良県のご理解頂けるお客様にお届けしています。

 

土地のご紹介と共に、家の企画設計をさせていただいてます。

<奈良県の家づくり、注文住宅の醍醐味。ランドマークにご相談ください>



| コメント (0)

所長 森下のひとりごとブログ 

お客様の家の 「かかりつけ医」 でありたい。 2020年4月 9日

奈良県で家づくりをするランドマークです。

 

私が、気になりますのは、リフォーム会社が多いことです。

家を増築や屋根や壁の塗装、防水のコーキングの打ち直しなど、

家は、いろいろなメンテナンスが必要な時期がありますが、

新築工事をした建築会社があるはずで、突然訪問されたり、広告で見た

リフォーム工事会社にメンテナンスを依頼されることは必要がないはずです。

 

新築した会社がなくなってしまったのでしょうか、

信頼して新築を依頼されたはずですのに。

 

同様のことが、保険会社にもあります。

1654132.jpg私は、家の火災保険や、自家用車、会社の車、家族の車もすべて

同じ代理店の人に保険を契約しています。

何かがあれば、その人の個人の電話にすればすべてがわかります。

複雑な保険の対応や、買い物の際に商品を傷つけた場合の賠償など、

なんでも答えていただけます。

 

そこで、一人の人を信頼してお願いしてるのです。

いわば、かかりつけ医のように。

1339452.jpg電話もそうです。

私の持ってる携帯電話は、30年以上前から同じ電話会社のものです。

(平野ノラさんのショルダーホンの時から、ずっと同じです)

家族の電話も同じです。

さらに、会社の電話回線や、その付属機器もすべて同じ会社です。

例えば、落雷があり、通信不能になった場合、それが電話回線のことか、

機器のことか原因を探るのは大変ですが、

私は1社だけですから、そこに連絡を1本で解決できます。

娘たちは、もっと安い電話の組み合わせがあるのにと、意見をしますが。

1118035.jpg

ランドマークも、お客様皆さまのかかりつけ医のようになりたく、

完成引渡し後も、ご連絡いただきましたら、責任をもって対応させていただ

いてます。

 

携帯電話の番号は30年以上、全く変わってません。

24時間365日、電話は私にかかります。

入浴時など以外は。

 

先日も、築12年のお客様からご連絡いただき、すぐに工務店と一緒に対応させて

いただきました。

工務店に直接に連絡いただいても、私に報告があります。

 

ただただ、建てる時だけの営業や、売り込みのお付き合いでなく、

メンテナンスなど、永いお付き合いをと想いをもって、

「かかりつけ医」を目指しています。

<奈良県の注文住宅、自由設計と安心の価値をお届けします>



| コメント (0)

 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン