所長 森下のひとりごとブログ 

生駒市のH様、キッチンのショールームのご案内です。 2020年6月13日

奈良県生駒市で、注文住宅の家を建てるランドマークです。

1591410809648.jpgこのたび、キッチンやお風呂など、各種の設備機器をご覧いただくため、

パナソニックのショールームをご案内しました。

新型コロナの関係でしばらく閉館でしたが、再開されていますが、

その間のお客様の予約が殺到してなかなか取れない中での予約確保でした。

1591407093540.jpgカタログではわからない質感や色合いが、実物で確認できます。

1591407467202.jpg見本はキッチンだけでも、天板、シンク、水栓、扉、手摺、引き出し、食洗器、

各種高さ、レンジフード、レンジなど複雑多岐ですが、「標準」にかかわらず、

名にをお選びいただいても結構です。

メーカーの変更も普通にできます。

1591409241429.jpgキッチン以外に、ユニットバス、洗面化粧台を確認いただきます。

1591410193074.jpgお風呂も大きさだけでなく、浴槽の形状、半身浴の段つき、水栓の種類、

シャワーヘッドの種類、照明の種類、色合いなど、選択肢は多く、

2時間の予約のコマはあっという間に過ぎます。

住宅の商品で「標準」とあるのは、売り手の住宅メーカーの効率化には良い

ことですが、必ずしも施主様の価値ではありません。

ランドマークでは、仮の標準はありますが、

メーカーや各種仕様など、何をお選びいただいても結構です。

同じショー^ルームを繰り返しご覧頂いても結構です。

上質の家を安心と価格の価値を添えて。

感動と幸せの家づくり、

ランドマークだからこその価値は譲れません。

<奈良県の工務店直接契約の家は、ご相談ください>



| コメント (0)

所長 森下のひとりごとブログ 

橿原市のH様、基礎が完成しました。 2020年6月12日

奈良県橿原市で、自由設計の家を建てています。

IMG_4982.JPGこのたび、基礎の工事が完成しました。

IMG_4988.JPG 基礎内には、あらかじめ所定の位置に給水と排水の配管を施しています。

IMG_4983.JPG要所要所には、基礎と柱を直接に接続するホールダウン金物(アンカー)を

設置しています。

昔はなかったアンカーですが、土台を介して基礎と柱を接続するのでなく、

直接に接続するのは、地震対策に威力を発揮します。

IMG_4963.JPGこの基礎には、「特許減震ベース」を設置して、

巨大地震の揺れを半減して、家はもとより、内部の家具の倒壊のリスクを

防ぎ、内部の家族を守ります。

耐震と制震0101.jpg耐震等級を必要以上に上げる、 「耐震神話」 は危険です。

耐震と制震0151.jpg

揺れの少ない工法が巨大地震に効果を発揮します。

効果を確認する地震が来ないのが良いのですが、いつかは来ます。

太平洋プレートは日本の下に入り続け、地震エネルギーは増すばかりです。

IMG_4984.JPG玄関の土間コンクリートもこの工程で施工します。

施工図どうりに施工されています。

<奈良県で、工務店直接契約の建築士の住宅会社は安心の価値があります>



| コメント (0)

所長 森下のひとりごとブログ 

生駒市のH様、造成工事を始めました。 2020年6月10日

奈良県生駒市で注文住宅を建てています。

このたび、生駒市のH様の住宅の敷地造成工事に着手しました。

IMG_4959.JPG

道路角地で小高く、車庫との段差が発生しない、住宅としては素晴らし立地に

なります。

IMG_4958.JPG

南東の角地で、見晴らしがよい、採光や採風に適した土地ですが、

道路に勾配がありますが、駐車場とは段差がない設計が可能な敷地です。

IMG_4974.JPG土地選びの際に、建物だけでなく、外構の利用価値も含み、提案をさせて

いただくことになります。

IMG_4979.JPG

根伐り底の高さを、レベルで確認しながらの丁寧な施工になります。

<奈良県の土地からの家づくりは、立地条件を確認しながらになります>



| コメント (0)

所長 森下のひとりごとブログ 

橿原市のH様、杭工事が終わりました 2020年5月27日

奈良県橿原市で、注文住宅を建てるランドマークです。

 

注文住宅の価値は、工事中を見ることができることです。

完成品の家を外観で見るのでなく、内部の構造や施工状況をご覧いただけます。

IMG_4907.JPG打合せどうりの位置と高さ(GL)で基礎工事が進んでいますが、

IMG_4913.JPGそのべた基礎の底版面の高さに合わせて、指定どうりの杭を施工しました。

この捨てコンクリートの面に丸く見えるのが杭頭になります。

IMG_4912.JPG建物の外周部と建物の内部に、縦横に、それぞれの指示した高さに

杭を施工しています。

IMG_4908.JPGこの基礎は、あらかじめ調査した地盤の報告書により設計をしています。

少し昔はこのような基礎でなく、布基礎という線上の基礎でしたが、

ランドマークでは、このように、べた基礎を基本にしていますので、

杭が無くても建物への地反力は十分に低い値で、建物全体の自重を分散して

ますが、さらに杭を打つことで、しっかりと地盤に建物を載せるように

設計されています。

 

この基礎の上に、木造の土台を伏せますが、この基礎と木造の土台に間に

巨大地震にとても有効な制震工法の金物「減震ベース」を設けることになります。

いよいよ、棟上げですので、その全容が良く判るようになります。

 

感動と幸せの家、構造の安心の家を建てています。

<注文住宅は建物の中を見ることが出来て、とても安心です>



| コメント (0)

所長 森下のひとりごとブログ 

本に紹介されます。魅力のランドマークの家づくり。 2020年5月18日

奈良県で家づくりをするランドマークです。

あえて、営業マンを入れずに、売り込まない家は、

_DSC9085.JPG

施主様側の立場で造る、建築士との家づくりになります。

この立ち位置は、住宅会社ではできない価値になります。

★新聞広告160718.jpgこれまで、大手新聞の広告でも、毎月数回紹介され、

IMG_4763.JPG数々の本でも紹介されてきました。

112.JPGさらに、ランドマークのもつ、米国のフランク・ロイド・ライト財団につながる、

正統なライセンスにより、シリアルナンバー付きの家も建てられることは、

大手の新聞でも紹介されてきました。

S22C-620030122260_0001.jpgこのたび、工務店との直接の契約ができる家、

価格と安心の価値をお届けできる家づくりを、本に紹介されることになり、

ライターの宮崎先生に、ご来社いただきました。

  200512ライター.JPG

 この奈良県でも、関西でも、全国でも・・・・・・稀有な、施主側に価値の高い、

安心の家づくりの仕組みの想いをご理解いただけるように、

多くの奈良県民の方に啓蒙できるようにと、熱く話し合っています。

0224ランドマーク_005.JPG

_OSG8093.JPG

6月に発行の本になります。

<奈良県のお客様側に立った、価格と価値の家づくり、安心の家づくり>



| コメント (0)

 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン