所長 森下のひとりごとブログ 

住宅にも制震工法や免振工法を採用しましょう 

奈良県で注文住宅を建てるランドマークです。

いつか来ると言われて久しい巨大地震ですが、常に30年以内に70%などと

言われています。

35年ローンで、お子様と一緒に35年以上住む住宅ですから、

巨大地震に遭う確率が70%以上あることになります。

1529457.JPG建物が壊れないことはもとより、室内の家具などが家族に危害を与えないように

したいものです。

DSC_0022.JPGDSC_0025.JPG今日は、桜井市役所に来ましたが、さすがに新築の庁舎ですから、

免震装置が備えられています。

DSC_0027.JPG市役所の方に資料を見せていただきました。

確かに建物の下に地面との間に隙間があり、浮いてるように見えます。

DSC_0028.JPG玄関の地上とつながる部分には、エキスパンションジョイントと言いまして、

建物と地盤のずれを処理する構造になっています。

DIAGONAL_0001_BURST20211026151121855_COVER.JPG市役所に来た際に、その床が浮いてるので、そうだろうと思っていましたら、

市役所の方に教えていただきました。

住宅も巨大地震に備えたいものですが、

今は耐震等級を上げるのが主流で、制震工法や免振工法は少ないように思われます。

耐震と制震0191B.JPGただ、いたずらに、ダンパーを設置する制震工法(もどき)もありますが、

かえって建物の揺れや歪みで危険です。

「制震」にもいろいろあります。

耐震と制震0191A.JPGランドマークの制震工法は、建物がゆがまずに、

基礎の上をすべるように揺れを抑えるもので、

建物にも優しく、室内の家族にも優しい、安全な工法になります。

源信ベース81.JPGこの特許制震工法は、当地では、ランドマークの家に設置できる工法になります。

低コストで安全で安心な減震ベースをお薦めです。

また、少し高価ですが、免振工法もあります。

<奈良県の安全な家、ランドマークはご相談ください>



所長 森下のひとりごとブログ 

高気密でないと、断熱性の意味がありません 

奈良県で、工務店直接契約の価値を提供しています。

安心と価格の価値をご提供できるのは建築士の会社ですからで、

従来の住宅会社では得られない魅力をご提供しています。


断熱性能については、アルミシートと高密度のウレタンを組み合わす、

特許遮熱工法がランドマークの家の性能です。

この断熱構造も、さらに高気密でないと熱が逃げて意味が無く、

過去はC値という気密性の基準がありました。

これは、住宅の「相当隙間面積」と言い、

建物全体の隙間面積(cm2)を延べ床面積(m2)で割った数値で、

国の次世代省エネ基準では、C=5cm2/m2以下とされてきました。

ランドマークでは、C=0.4cm2/m2という驚異的な気密性の

測定値になります。

これは、床面積110㎡の家では、

<国の次世代省エネ基準では> C=5cm2/m2 で、

550cm2以下、家全体では名刺11枚分の隙間が許されてます。

IMG_48022_01.JPGしかし、

<ランドマークの家では> C=0.4cm2/m2で、

44cm2以下、家全体では名刺1枚分以下の隙間になります。

IMG_48503_01.JPG家全体でたったこれだけの隙間になります。

この気密性のC=0.4の測定値は、国内最高水準になります。

この気密性があるからこそ、特許遮熱工法の効果が活かされます。

特許遮熱工法でエアコンに極力依存しない家づくりをしましょう。

夏も冬も。

<奈良県のエコで健康な家>



所長 森下のひとりごとブログ 

橿原市のY様、地盤調査をしました。 

奈良県橿原市で注文住宅の家づくりをするランドマークです。

今日は、橿原市のY様の住宅の着工前に、基礎の設計のため、

地盤調査をしました。

IMG_4793.JPGいつもの調査機械です。

スウェーデン式サウンディング調査をしました。

IMG_4790.JPG元は水田でしたし、河川に近いので地盤は柔かいと思っていましたが、

その支持層の深さを確認する地盤調査になります。

IMG_4797.JPG自走式の機械ですから、調査は粛々と行われました。

現地で速報値は読めますが、会社に帰って送られる正式なデータで

地盤補強の設計をします。

<奈良県の注文住宅、建築士の造る住宅はご相談ください>



所長 森下のひとりごとブログ 

違反建築防止週間です。  協賛広告。 

奈良県で注文住宅の家づくりをしています。

建築設計事務所のランドマークです。

ランドマークでは住宅メーカーで得られない様々な価値を添えて家を

建てています。

デザインの魅力、価格の価値、工務店直接契約の安心感などなど・・・・・

ところで、基本は法律に適切であること。

近年はそれが第一になっています。

S25C-0i21101920110_01.JPGお客様の安心感は、まず適法であること、

そして、一級建築士と一緒の家づくりで、お客様の家へのご意向を直接に

住宅の企画設計に反映できることが、設計事務所の価値になります。


下請けの建築事務所を脱却して、お客様と私との出会いから、

ご一緒に造り上げる家は、ご満足を頂けるものになります。

あえて、営業マンを介さない建築士の家としてご好評をいただいて、

数々の家々が建っています。

法律に適合して、ご安心と感動を頂ける住まい造りを続け、

奈良県の違反建築防止週間に協賛広告をさせていただいてます。

<奈良県の感動の家づくりはランドマークに>



所長 森下のひとりごとブログ 

12月に家づくりの本が発行されます。 

奈良県で注文住宅の家づくりをするランドマークです。

この12月に発行の本 「奈良すまい図鑑」 にランドマークが掲載されます。

家づくりは情報収集からで、皆様が本やネットをご覧になる方が多いと思いますが、

22168032.jpg

ランドマークの家づくりが、多くのお客様にご好評を得ているのはなぜか

ご理解いただける本になります。

上質な住宅つくりで、既存の住宅会社では得られない価格と安心の価値、

デザインや住まい方提案の優れた家、

感動と魅力の家がご理解いただける本と思います。

IMG_4614.JPGこの本で、工務店直接契約の安心と価格の、ランドマークの魅力が紹介されますが、

掲載する本の内容についてや、現在の住宅業界の在り方について、

編集長の渕上様と下打合せをしました。

詳しい記事のことは、追ってのライターさんとの打ち合わせになります。

多くの住宅メーカーで得られない価値を提供できる、設計事務所の仕組みや

この仕組みに共感して参加する工務店の施工した素晴らしい家、

上質な注文住宅を紹介する仕組みと事例をご披露させていただくことを

楽しみにしています。

12月に発行の 「奈良住まい図鑑」 をご期待ください。

<奈良県の上質な家、感動と幸せの家はランドマークで>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン