所長 森下のひとりごとブログ 

金利上昇、物価上昇の対策など 

奈良県で、注文住宅を建てるランドマークです。

設計事務所の立ち位置を活用し、お得で安心の家づくりをしています。

もちろん、デザインや住み心地が優れてるのは言うまでもありません。

154256.jpgこのところ、いろいろな物の価格が異常に上がってきました。

円安にもかかわらず、日銀は金利を上げずにがんばっていますが、

米国ドルほか主要通貨の利上げで、円の下落が止まる要素がありません。

一般的には、円安には円の金利上昇が有効ですが、国内の景気など、

いろいろな要因で金利があげられませんが、

いつ金利が上がってもおかしくない状況にはなってきました。

現在は、銀行金利は0.5~0.6%ですが、

金利が上昇しますと、住宅ローンの毎月の返済が増え、住宅購入の負担が増えます。

過去には、8~9%の時期もありました。

ちなみに、35年で、4000万円の住宅ローンは、

0.525%では、毎月の元利返済額は、  104,276円

8.000%では、毎月の元利返済額は、  284,104円

いきなりこうはなりませんが、30年以上前にはありました。

446637.JPG住宅ローンの金利は契約をする際の金利になりますので、

今、家を建てようとお考えでも、実際に銀行とのローン契約(金銭消費貸借契約)を

締結するまでに上りますと、同じ家を建てるにしても毎月の返済額が

変わります。

1135780.JPG何もしないのに、返済額の負担だけが大きくなるのは納得できません。

そこで、お薦めは、ランドマークの提携のX銀行です。

銀行融資は「事前審査申込み」と「正式申込み」と。2回の審査を受けるのが一般的ですが、

X銀行は、事前審査申込みと正式申込みの時のいずれか有利な金利で借りられます。

事前審査申込みを今しますと、6か月先に上がっていても今の金利で借りることが可能です。

088052.jpgいろいろな銀行は、各社のローン(商品)の長所と短所がありますが、

インフレで、金利の上昇圧力の高い今は、X銀行の提携住宅ローンがお薦め。

1024529.JPG35年(420回払い)のローンでは、差額が大きくなりますので、ご相談下さい。

ランドマークでは、住宅会社では得られない価値をご提供しています。

<奈良県の家づくりは設計事務所の家ランドマークへ>



所長 森下のひとりごとブログ 

奈良市内で、平屋でゆったりの家を建築します。 

奈良県奈良市で、注文住宅を建てるランドマークです。

このたび、M様の家を建築させていただくことになりました。

奈良市内で、ランドマークの家が最も多い駅の圏内です。

220613外観 白系01.JPG

平屋がこのところ、多くなりました。

平屋の場合は、建蔽率の規制により、かなり大きな敷地でなければなりません。

この土地は100坪ですが、第一種低層住居専用地域の規制から、

100坪の敷地でも建物は40坪以下の規制になります。

このように平屋は、大きな敷地が必要になり、慎重な土地選びからになります。

22061501_01.JPGゆったりの家が立ち並ぶ街並みで、

IMG_72236.JPG低層の家が立ち並ぶ住宅街で、平屋には理想の土地です。

IMG_7467.JPG建築工事の前に、敷地造成工事がありますので、測量をしました。

光波の測量ですから、大きな敷地でもミリ単位の精度で、精密な測量が出来ます。

IMG_7458.JPG測量の基準点(ベンチマーク)を決めて測量です。

この測量をしますと、将来、境界の杭が無くなっても、正確に復元できます。

現在は世界測地系といって、地球全体からの位置が復元できるようになっています。

220613外観 白系02.JPG設計事務所の注文住宅ですので、これから色決めや仕様の決定など、

施主様のお気に入りの家になるように、打合せを重ねるようにします。

さらに、キッチンやお風呂などの設備機器も、メーカーのショールームをご案内し、

ご自由にお選びいただくようにしています。

<奈良県で設計事務所の家づくりはご相談下さい>



所長 森下のひとりごとブログ 

奈良県北部、京都府南部で広告をポスティングしました 

奈良県で上質な注文住宅を建てる、ランドマークです。

建築会社に直接に請負契約が出来る、魅力の家づくりが可能なのは、

建築士の住宅会社だからこそで、一般の住宅メーカーでは得られない

安心と感動の価値を生みだしていて、ご好評を得ています。

ランドマーク_全3_5月号_ol.jpg写真は毎月変わりますが、今月は、

このような内容で、フリーペーパーに載り、ポスティングされています。

建築士の会社とは何か? 理解しにくいことはありますが、

建築設計事務所としては、至極当然な業務をしており、

特段変わったことは何もございません。

一級建築士が請負工事まではせず、住宅の設計と工事監理をして、

請負工事は工事会社が直接に契約が出来ることで、

事務所ビルやマンションなどの建築工事では当たり前のようにされており、

ランドマークは主に住宅を扱っているのです。

_Q0Y1285修正.JPGフランク・ロイド・ライトという、ユネスコの世界遺産に登録されてる、

世界的に有名な近代建築家の遺した財団に認められた、正規ライセンスで、

その認定書とシリアルナンバー付の家も建築できるのが

ランドマークの家づくりの特徴の一つで、ライセンス契約があります。

_OSG6476ナンバー消し.JPG_OSG6133.JPG奈良市や生駒市などで多くの実績を上げております。

和風住宅もあり、あらゆる住宅の設計ができます。

近々、橿原市と奈良市で建築工事を進める予定もあります。


ランドマークでは、

土地のご紹介から、住宅の設計、各種メーカーのショールームのご案内や、

ランドマークの提携のお得な銀行ローンの手続きなど、住宅会社として普通の

ことをしていますが、

_DSC9144.JPGキッチンやお風呂などの設備や、各種仕様について、メーカーや品番について、

何らの制限も無く、国内外のメーカーや品番から、

1点からでもご自由にお選びいただけ、特に奥様からご好評をいただいています。

上質な注文家を、住宅メーカーの定めた規格に限らず、ご自由に建てられます。

<奈良県の一戸建て住宅はランドマークへ>



所長 森下のひとりごとブログ 

フランク・ロイド・ライトのブランドの家づくり 

奈良県で注文住宅の家づくりをしています。

上質な住環境を提案できるのは、

ランドマークが設計事務所として、

世界的な住宅建築の巨匠、フランク・ロイド・ライトの

正統なライセンスを持ち、家のオーナー様にはその証として、

シリアルナンバー付の認定書をお渡ししているからです。


このたび、また新たな、フランク・ロイド・ライトのライセンスの家を

奈良市で建築することが決まりました。


ところで、このブランドの本部より、ライトを紹介する本が発行されたことを

連絡いただき、その本が届きました。

徳間書店から発売の、

「建築家フランク・ロイド・ライトの仕事、・傑作選」

IMG_7330.JPGライトの偉業は、世界遺産で指定されて、世界の人々の評価を受けています。

米国の建築家ですが、このライトが今の日本にいたら、というコンセプトで、

立ち上げられたのが、日本オーガニックアーキテクチャー。

米国のフランク・ロイド・ライト財団とのライセンス契約により、

上質で住み心地良く、優美なデザインで品格の良い家が建築できる仕組みがあり、

当地では、ランドマークがその家を設計施工できることになります。

IMG_7334.JPGあまりにも有名な家が、世界文化遺産に登録された、滝の上のカウフマン邸(落水荘)。

_Q0Y6861修正.JPGこれをモチーフに日本で設計されたのが、愛知県のメンバーの作品、アザレア。

バルコニーが長く、水平線を強調するライトのデザインで、

軒が深く、陽射しにやさしいデザイン。

_OSG6476ナンバー消し.JPG奈良県内にも、ランドマークの設計で、建築されています。

IMG_7337.JPGライトの作品で好きなのは、伸びやかな軒の出(屋根)のロビー邸

IMG_4569.JPGこれをモチーフに日本で設計されたのが、関東のメンバーの作品、ノーブルシップ。

IMG_7351.JPGアーサー・ヒュートレイ邸も人気の住宅です。

IMG_7899.JPGこれをモチーフに日本で設計されたのが、近畿のメンバーの作品、フォレスタ。


みんな、素敵な家々ですね。

そんなフランク・ロイド・ライトも、一時期、日本で活動されており、

IMG_7353.JPG帝國ホテルが有名で、ご存じの方も多いものと思います。

IMG_7357.JPG芦屋にも、現在はヨドコウ迎賓館となった作品があります。

芦屋市の酒造家・山邑太左衛門氏の別邸として建てられた住宅。

IMG_7346.JPG最近は平屋の家が脚光を浴びていますが、

ライトは、当時から平屋の家、ユーソニアンハウスの作品を

数多く、遺しています。

IMG_7340.JPG

フランク・ロイド・ライト財団はアリゾナのタリアセン・ウエストに現存していて、

ライセンスの管理をされています。

そのような、サブライセンス契約を保持して、

ランドマークは、そのライセンスの正統な家が建築できる立場にあり、

認定書もオーナー様にお渡しをしています。

OP外観2.JPG

一生に一度の家ですから、

ワクワクする感動の家で、住み心地が素晴らしく、優美なデザインで、

正統なシリアルナンバー付の家を、ご検討ください。

<奈良県の注文住宅一戸建てはランドマークにお越しください>



所長 森下のひとりごとブログ 

本の準備をしています。 

奈良県で上質な注文住宅を建てるランドマークです。

設計事務所が主体になり、工務店に直接に工事契約が出来る仕組みで、

家を建てる方々には、安心と価格の価値をご提供できるのは、

ランドマークしかないとの思いで、日々の活動をしています。


家づくりは、多くの皆様は初めてで、

何から始めて、何に注目するとよいかわかりにくいものです。

建売住宅は、チラシ広告などを見て、金額が合えば住宅ローンの審査をし、

買うだけです。


しかし、自由設計の家はそうはいきません。

家のプランや性能、機能、家族構成などいろいろな要素を解決しなければ

なりません。


ネット情報も多々ありますが、

なかなか正しい情報がなく、玉石混交でかえって悩みが増します。

それは、ネットの情報は、建築の専門家が書いた情報以外は、

専門知識のない方々が、思いを寄せられてる場合が多く、

何が正しいか、かえって判りにくくなります。

ランドマークにお越しの方は、

「事前にネットでこのように書いてあった」など、多くの情報をお持ち

いただくことがありますが、必ずしも正しい情報ではありません。

22546742.jpg

やはり、本が重要な情報源の一つになります。

ランドマークでは、毎年複数の本で紹介されており、

このたび、出版社の渕上編集長様が来社され、掲載方法について打合せをしました。

ランドマークの家づくりの考え方や、実例が紹介される予定です。

OP外観1.JPGこの6月に本が出ますので、

ぜひご参考にお読みください。

後日、ライターの先生との打ち合わせがありますので、

今回は、どの家をご紹介するか、検討しています。

お役に立てる家づくりの情報を載せる予定です。

ワクワクしますね。

<奈良県の注文住宅、一戸建てはランドマークにお越しください>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン