所長 森下のひとりごとブログ 

奈良市の売り土地情報・・・調査してます 

奈良県で家づくりをしています。

住宅の設計や建築工事とともに、売り土地情報の収集と調査も大切な業務です。

奈良市内で、数年前から関心を持ってる土地があります。

IMG_295541.JPG角地で、広い土地、

IMG_297749.JPG

この閑静な住宅街の入り口の1等地になります。

不動産のレインズに登録もない物件で、お手頃な価格で気になっています。

この土地の同じ売り主の他の土地を購入された方の家は完成していますが、

この土地はまだです。

実は良い土地ですが、都市計画法や宅造規制法の複雑な規定を解決しないと

利用できないように思っています。

IMG_298871.JPGそこで、奈良市役所に入り、

IMG_299977.JPG担当課に調査に入り、対応を協議しました。

解決できることですが、解決には複数の手続きが必要と考えました。

都市計画法34条許可、同43条許可さらに場合により、法29条許可も関係し、

官民境界明示や風致地区許可なども必要な場合もあります。

このような、魅力の土地は複数あり、弊社の業務の多くは、役所の調査協議になり、

奈良市以外でも、奈良県内、大阪府内と広範囲で調査に巡っています。

外観2004.JPGお客様のご希望エリア、ご希望価格、ご希望面積により、不動産業者では得られない

土地探しもさせていただいています。

家づくりは、土地からご相談下さい。

<奈良県の一戸建て、工務店直接契約はランドマークへ>



所長 森下のひとりごとブログ 

「賃貸」か「持ち家」か・・・答えは出ています 

奈良県で注文住宅を建てています、ランドマークです。

賃貸か持ち家かという議論は延々とありますが、

家族のリスク管理の面では答えは明らかです。

248754.jpg一般的に、ご主人様の収入で生活が賄えている家庭では、家を建てる際の資金は

多くは、ご主人様の住宅ローンになります。

その住宅ローンには生命保険の条件が付いています(団体信用生命保険)。

この生命保険の掛け金は、わずかな住宅ローンの金利に含まれています。

ご主人様にもしものことは考えたくありませんが、その際は、生命保険で、

残りのローンの残債を相殺され、奥様とお子様だけになったご家庭の住居費は0円に

なります。

612218.jpg賃貸住宅の場合は、もしもの際に、その後の家賃が0円になる仕組みはありません。

そうです、

住宅ローンは財産なんです。

仮に、3500万円をお借りになり、残債が3000万円になった時点でも、残りの

支払いが0円になり、家と土地は奥様名義で残ります。

奥様の収入で賃貸家賃を払い、お子様を育て、生活をするのは大変ですね。

730054.jpg

また、高額の家を建てる際に、夫婦の収入を合算をされる場合がありますが、

その場合は、ご主人様にご不幸があった際は、50%だけが生命保険で返済となり

残りの返済は奥様がすることになります。

安易に収入合算をされるのは考えものです。

家づくりで、考えることは多いですね、

まず、ランドマークに相談にお越し下さい。

<奈良県の持ち家住宅をお建ての場合はご相談下さい>



所長 森下のひとりごとブログ 

奈良市の I 様、アルミシートで家全部を覆いました。 

奈良県奈良市で注文住宅の家づくりをしてますランドマークです。

このたび、奈良市の I 様の家全部をアルミシートで覆いました。

壁4面と屋根の全てです。

IMG_3013.JPG

IMG_293396.JPG

皆様は、自動車で暑い日にアルミサンシェードを利用されますね。

IMG_1099-thumb-380x285-thumb-400x300.jpgそれを住宅全体に覆うようにしたものです。

このアルミシートは、自動車用でなく、完全なアルミ塊を圧延して、2重にした

高価な特許品で、夏の熱い太陽光の輻射熱の95%を反射します。

冬の室内の熱気を逃がさない効果としても、逆に働きます。

IMG_2998.JPGこのような効果の高い遮熱構造で守られ、大きな窓を設けて、快適環境を

創りだしています。

IMG_3009.JPG外部はこのように、完全にアルミシートで覆っています。

特許遮熱工法で、光熱費が少ない、エアコンに依存しない夏、冬に環境が

生みだせます。

特許遮熱工法は、95%の熱を遮断するものです。

<感動と魅力の家は、ご相談下さい>



所長 森下のひとりごとブログ 

桜井市のY様、木工事が順調に進んでいます。 

奈良県桜井市で、工務店直接契約の家づくりが進んでいます。

その価値は、設計者の私が描いた設計の詳細図を基に、

工務店社長が施工図を書きながら、施主様の意向を反映して、各部の

仕様や納まり、住まい方に合わせた最適なオーダーメイドの家が出来ることで、

感動と幸せを共有できることです。

奈良県でも全国でも稀有な仕組みになります。

200913内観03.JPGこの広大なリビングに、大きな吹抜け、透明な廊下手摺など、

見どころ満載の素敵な家は、

施主様のY様と、設計者の私、工務店社長の共作により、計画されてきました。

IMG_2988821.JPG

その素敵なLDKの吹抜けが、姿を現しつつあります。

壁と屋根の断熱材も吹いています。

IMG_292336.JPGこのウレタン断熱材は、一般的な100倍発泡でなく、30倍発泡の高価なもので、

その密度から、熱と、湿気を通さない効果は群を抜いた性能になります。

外観のデザイン要素のバルコニーも、CGのとおりに表れてきました。

200913外観05.JPGランドマークの家は、性能が良いのは言うまでもありませんが、

特徴は何といっても、施主様、設計者、工事会社が一緒になって作り上げる

一つ一つが思いのこもったものです。

大きさの大小、和洋の違いは様々になります。

<奈良県の自由設計の家は、ご相談下さい>



所長 森下のひとりごとブログ 

こんな土地は買ってはなりません。 

奈良県で注文住宅を建てるランドマークです。

新築のお客様の、だいたい8割の方は土地を購入からになります。

ランドマークでは、お客様の家づくりの課題をお伺いして、

住宅建築の総額が判る企画をし、土地代、建築費、諸費用の配分を決めてから、

土地の選定条件を決め、ご紹介をさせていただいてます。

時には、お客様がご自身で、ネットなどで土地探しをされてる場合もありすが、

その場合も、その物件が住宅に適してるか、土地購入後に過大な二次造成工事が

必要になるかを調査をさせていただいています。

特に高低差のある傾斜地の住宅地の場合、敷地そのものだけでなく、

隣地の違法な造成工事により、建築できない土地が、売り土地の中に多くあり

ますので、購入は慎重にならざるを得ません。

買って良い土地02.JPGこれはよくある事例で、山地などで、敷地の隣に高い崖がある場合です。

この例では、敷地全面が利用可能で、買って良い土地になります。

買って良い土地01.JPGしかし、このように、隣地に違法擁壁(崖)がある場合は、

奈良県では、その崖の高さの距離の2倍の距離を離して建てなければなりません。

この事例では、買った土地の半分は使えない土地になり、買ってはなりません。

このように、

単に売り物件の価格や面積で、判断することは危険です。

法律や条例の基準があり、注意を要します。

安心の土地探しは、弊社にご相談下さい。

買ってからでは取返しのつかない場合があります。

<奈良県の注文住宅は、土地選びからお任せください>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン