所長 森下のひとりごとブログ 

奈良市のY様、完成に向けて木工事などが進んでいます。 

奈良県で、注文住宅を建築するランドマークです。
奈良市のY様の家が、高級住宅街にふさわしい威容を呈しながら工事が
進んでいます。

パースで確認したとおりの、南東の日差しに開けた外観になります。

IMG_5382.JPG

フランク・ロイド・ライト財団の日本全体の正規ライセンスを持つ、
オーガニックアーキテクチャー社の伊藤取締役の視察も受けています。

大絶賛です。

追って、同社を通じ、米国のフランク・ロイド・ライト財団が承認の
認定書やオーナーズプレートが施主様に授与されます。

プレート-thumb-280x236_01.JPG

IMG_5439.JPG

IMG_5440.JPG

2階の大きなバルコニーは、優しい日差しを吹抜け空間に導きます。
その長ーーいバルコニーは、ライトの作品「落水荘」をモチーフにした商品
アザレアの特徴です。

IMG_5455.JPG

室内からも、吹き抜けの窓と、バルコニーのマッチングの良さがわかります。
窓が、天井まであるのも、ランドマークの家の特徴で、住み心地を重視です。

IMG_5453.JPG

吹抜けは、仮の床を工事用に設けていましたが、徐々に撤去しています。

IMG_5467.JPG

1階の居間からも、その吹抜けの全容が表れつつあります。
大きな嵌め殺し窓をできるのは、特許ウレタン遮熱工法で、夏の日射が
効果的に遮断できるからで、デザインには、性能の裏付けがあります。

IMG_5459.JPG

IMG_5460.JPG

IMG_5461.JPG

大きな大きなバルコニーは、雨に濡れない洗濯物干しもあり、壁が後退して
入込みになってるのには意味があります。

IMG_5462.JPG

階段・廊下の幅は、1137mmと、余裕のサイズになります。

IMG_5211.JPG

ユニットバスは、ヒルトンホテル等の外資系高級ホテルに施工実績の高い
日ポリ化工の特注品で、内部は天然石、洗面所との窓はステンレス鏡面で、
枠なしの強化ガラスドアになり、石の素材と加工品の肌理の対比が美しく調和。

IMG_5445.JPG

玄関の特殊庇も美しい形状を表しています。

工務店直接契約のランドマークの家づくりが、また一つ完成に近づいています。

平屋や25坪の2階建てなど、いろいろな家を建てています。
価格と安心の価値をご提供させていただきます。

家づくりで、課題をお持ちの方は、まず、無料相談にお越しください。
喜んで、随時お受けさせていただいてます。

<奈良市の自由設計の住宅は、ランドマークにご相談ください>



耐震設計の肝、木造住宅に安全に住むための資料 

奈良県で、木造住宅を主に建てて続けるランドマークです。

 

少なくとも、ランドマークでお建てになるお客様だけには、地震に対する安全性と、

価格の価値を併せてお届けしたいとの思いで。資料を作っています。

IMG_5306.JPG

ランドマークにお越しいただいたお客様や、資料請求いただいたお客様には、

弊社の家づくりへの想いをお伝えする資料をお渡ししています。

 

その一部が、上の資料で、

この中には、地震対策の資料もあります。

一級建築士事務所のランドマークとして、長年の実績から、選定したもので、

価格と価値のバランスの最も良い木造住宅をお薦めしています。

 

まず、基本は、「耐震設計」で、地震による水平力に耐えるだけの耐力壁を設けます。

これだけでは、実は、室内の家族の安全は守れません。

 

と言いますのも、先の阪神大震災や熊本地震の結果からもわかりますように、

建物は残っても、内部は、家具が吹き飛び、冷蔵庫などの物が倒れ、家族の人には

甚大な被害が発生しているものの、それは、あまり報道されません。

「倒れた家だけ」が伝えられます。

 

その経験から、建物の地震の揺れ(加速度)を抑える概念が求められます。 

 

「免振工法」は、

建物を基礎に直結せずに、接点をルーズにするコロや鋼球をお皿に載せる

ような工法ですが、反面、通常の風などの揺れを抑えるダンパーや

ストッパーが必要でとても高価な工法になります。

 

「制振工法」は、

建物が変形してから、ダンパーなどで建物の変形を抑えるものですが、

これは、変形が大きく進んでから効きますので、

耐震設計法とは整合性がなく、耐震の筋違などと併用するのには矛盾があります。

やや、免振より価格は安いですが。

 

そこで、新しい画期的な工法として脚光を浴びてるのが、「減震工法」です。

IMG_5313.JPG

免振工法のように、地震の振動が、建物に直接に伝わらないように

なってますが、小さい地震には働かず、大地震の時だけ、

地震の振動から建物を離す仕組みで、

きわめて単純な仕組みですので、価格は安くなっています。

IMG_4965.JPG

「基礎」と「上部の建物」の間にこの減震金物をはさむことにより、

大地震時に基礎から、上部の建物がずれて、

金物の摩擦でずれのブレーキをかけるとともに、

大きなずれを許す、ルーズな穴を介したアンカーボルトの仕組みに

なっているのです。

 

これにより、地震の揺れを50%程度減らします。

 

熊本地震の際も、この工法の建物には、損傷もなく、内部の家具などにも影響は

なかった実績があります。

廻りの家が大被害がある中で。

 

このように、単純な仕組みが一番効果的で、安定的です。

シンプルなメカはいい!!!

 

ランドマークでは、標準でお薦めしています。

IMG_5311.JPG

さらに、進化した工法は、「スマート免振」工法。


これは、基礎の下に免振機能のある構造物を設置するものですが、

減震よりさらに効果が高く、先の熊本地震では、隣家が倒壊した中で、

室内は花瓶が一つ倒れただけという事例があります。

IMG_4967.JPG IMG_4969.JPG

IMG_4970.JPG

「減震」より高価ですが、1億円までの地震保険が安く入れる提携があります。

この地震保険は、たしゃにはありません。

特に地震に関心のある方にはお薦めです。

一般の地震保険では、50%までしか保証されません。・・・制度的に。

IMG_5312.JPG

次に、オプションの外気清浄機ですが、

屋外の空気を取り入れる際に、外気清浄機を通すことにより、

花粉や、PM2.5などの微粒子を集塵し、快適環境にします。

フィルターを使わない、電子式集塵方式で、目つまりを起こさない優れものです。

IMG_5315.JPG

さらに、このエアレーションは、全館冷暖房で、居間だけでなく、廊下や洗面所、

トイレなど、すべての部屋が快適空間になる工法もオプションです。

 

いろいろ、お伝えしたいものが、長年の蓄積でありますが、その一部は資料請求を

いただいた際にお届けしています。

IMG_5307.JPG

IMG_5310.JPG

DSCN3332.JPG

また、フランク・ロイド・ライト財団の正規ライセンスによる家の資料も

あります。

そのご説明のDVDがあり、その中には、イメージキャラクターの

江口ともみさんとの 対談も収録されています。

IMG_5305.JPG

いろいろなことをお伝えしたく、今日も、いただいた請求に対し、

深夜に、奈良中央郵便局に 来ました。

IMG_5151.JPG

IMG_5153.JPG

この、深夜のゆうゆう窓口は、おなじみになりました。

奈良県では、24時間はこの奈良中央郵便局だけで、大阪でも数か所です。

夜型人間ですから、体力が持つ限り、お届けさせていただいてます。

<奈良県の注文住宅は、無料相談をお受けしていますので、ご相談ください>



分譲住宅用地です。 

奈良県橿原市で家づくりをするランドマークです。

注文住宅用地として、近鉄新口駅徒歩3分に、分譲住宅用地があります。

■170506販売計画図南なし.jpg

駅から徒歩3分の土地で、坪単価34万円で、1370万円からですから、

まず、なかなか出ない、魅力の分譲地になります。

DSCN3532.JPG

前面道路は6m。

DSCN8643.JPG

この土地のほかに、同じ

橿原市葛本町で、新口駅徒歩8分に1100万円の土地もございます。

 

土地探しからの家づくりは、ランドマークにご相談ください。

弊社の分譲地以外の土地探しからの家づくりもさせていただいています。

<奈良縣橿原市の分譲住宅用地、注文住宅はランドマークへ>



フランク・ロイド、ライトの家、新商品「ノーブルシップ」 

奈良県で、自由設計の家を建築するランドマークです。
このたび、2商品が新発売になり、展示場の見学ですが。
その第二弾、ライトの代表作  「ロビー邸」 をモチーフにした堂々の外観、その名も、

「ノーブルシップ」 。 ・・・・世田谷区の瀬田展示場。

IMG_4583.JPG

ライトの代表作 「ロビー邸」 の特徴の、三角の壁、大きな大きな軒の出、
この特徴をよく表現されています。

IMG_4399.JPG

IMG_4361.JPG

この大きな「連窓」の写真のアングルは、あまりにも有名な部分です。

IMG_4496.JPG

IMG_4482.JPG

このブラケットやスタンドの照明は、ヤマギワで商品化されています。

IMG_4416.JPG

キッチンは、 I 型キッチンに対面の造り付け棚や、レンガタイル壁を設けますと、
アイランドキッチン風になります。
この柱の大谷石の照明は、博物館明治村にある、帝國ホテルの柱と同様のデザイン。

IMG_4420.JPG

洗面化粧台は、普通に造作できます。
大きなミラーやダウンライトは、豪華さを演出します。

IMG_4474.JPG

浴室の天然石の粗面と、ステンレス鏡面の対比は美しいですが、
この風呂は、やや、展示品という感じです。

ただ、このステンレス枠の浴室は、趣きがあり、
ヒルトンホテル等の外資系ホテルの実績が多い
日ポリ化工の得意とするもので、
現在、奈良市で施工中の家にご採用いただいています。

IMG_4514.JPG

室内、屋外に多用するレンガタイルは、縦目地をなくし、横目地だけにして、
水平線を強調するライトの家らしくなっています。

このような優美なタイルの貼り方は、奈良市と橿原市で工事中の家にも採用されて
います。

IMG_4563.JPG

IMG_4576.JPG

  これは、3階建てですが、2階建てなど、お客様の敷地に合わせて、
個別に設計させていただきます。

IMG_4349.JPG

フランク・ロイド・ライト財団の正規ライセンスの家、

このホームページを御覧いただいたご縁に、ぜひご検討ください。

「工務店直接契約の価格と安心」 の価値、 ランドマークがご提供する仕組み。

30坪 1400万円(税抜)から、お手頃な家をご提供しています。

<奈良県の注文住宅、工務店直接契約の家は、ご相談ください>



斑鳩町のM様、竣工写真です。 

奈良県斑鳩町で注文住宅の家作りをするランドマークです。

20161103_RM_001.JPG

M様の家が完成した際に、竣工写真の撮影をさせていただきました。

素敵なランドマークの家の要素が数多くこもっている家になります。

_DSC9201.JPG

大きな軒の出は、雨がかからず、日差しも和らげて、外壁のメンテナンスに効果

があり、その外壁の耐候性の結果は、10年、20年後に証明されることに。

周囲の家と、軒の出が全く異なることが、よくわかりますね。・・・・・この違い。

_DSC6848.JPG

窓が大きいのは、この20~30年の住宅のトレンドですが、

M様の家は、一般的な2mの窓高さでなく、2.2mと20cm大きくなっています。

_DSC9173.JPG

_DSC7060.JPG

「 引き違い窓 」 が少なく、 「 縦滑り出し窓 」という回転窓を主に採用してるのも

大きな特徴で、この窓は、別名 「 ウィンドキャッチ窓 」 で、横風も強く取り込める

採風効果の高い窓になります。

_DSC6937.JPG

ランドマークの家のプランの特徴は、「 奥様中心の目線 」 です。

奥様が家の中心にいて、ご主人様やお子様がその傍にいる、

この距離感が家の基本と考えてプランニングしています。

_DSC6917.JPG

逆から見ますと、このように、作り付けの食器棚は、ほかの建具と同じもので、

閉めますと、居間の雰囲気を食器棚が壊すことがありません。

その食器棚の棚の高さや枚数などは、完全なオーダーになります。

_DSC6895.JPG

閉めると、このように。

_DSC6784.JPG

床材は、天然桧をご採用いただいてます。

一般的なフローリングと異なり、温かく、柔らかい肌触りは、真冬の家族団欒に

効果が体感されることになります。

大工さんも丁寧に丁寧に施工しています。

_DSC7158.JPG

子供室の計画の際は、主寝室の隣とし、できる限り一つの大きな部屋にします。

お子様が、自分ひとりの個室がほしい時期は限られていますからね。

20161103_RM_021.JPG

あえて、大きく後退した壁で、雨に濡れない物干し場を設けています。

お買い物の途中に雨が降ってきても、余裕ですね。

_DSC9292.JPG

玄関のアプローチは曲げて、できる限りお客様に 「 歩いて 」 いただくことで、

奥行を表現するのも、手法の一つです。

20161103_RM_029.JPG

夢いっぱいのご家族に、精一杯のノウハウのこもった家をご提供できること、

若い工務店ともども、永いお付き合いが始まることの、喜びでいっぱいです。

<幸せの広がる家、ランドマークは、奈良県で日々、誠実に奮闘しています。>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン