所長 森下のひとりごとブログ 

橿原市で上質でデザインの魅力の家づくりが始まります。 

奈良県で注文住宅の家づくりをするランドマークです。

橿原市のK様の家づくりが始まります。

IMG_4270.JPG市内の中心地にありながら、空間の多い台風の目のような素敵な住宅地で、

住まいづくりを始めます。

IMG_4285.JPG大規模開発でなく、徐々に伸びる道に面した住宅街は、

通り抜けの車が無い、お子様には安全な街並みで、住み心地の良い街のようです。

210909外観603.JPG煙突がある、存在感のある家は、南西の眺望や陽射しの取り込める

方向性のあるデザインの家になります。

なんとなく間取りをした家でなく、この土地特有の形状にあわせた建物を

設計しました。

210909外観601.JPGランドマークの家は、屋根(軒)の出が大きな家が標準になります。

少しコストが高くなりますが、

屋根(軒)の出が大きな家は、雨が壁に当たらず、外壁の劣化が少なく、

10年20年先の壁のメンテナンス(塗装)には、とてもよく、

長く美しい外観を保ち、歳を重ねて違いの出る家になります。

210909外観602.JPG様々な方角からの見え方など、施主様のK様のご要望を設計に取り入れ、

修正を加えながら設計を進めました。

これから、建物内外の詳細図をもとに、丁寧な打合せで家づくりが始まります。

<奈良県で工務店直接契約で、価格と安心の家づくりをしています>



所長 森下のひとりごとブログ 

書斎は必要でしょうか? 

奈良県で注文住宅を、工務店直接契約で建てるランドマークです。

ランドマークは一つづつ丁寧に、設計をする家づくりで、

プラン集から選ぶ家づくりではなく、ご家族様それぞれの課題に応えています。

私は、プラン提案の際に、時々、希望されていない書斎を組み込むことがあります。

3287193_m.JPGこれをご覧になった際のご主人様の感動はひしひしと伝わります。

しかし、奥様は、言下に「こんな部屋は要りません」と仰るのがほとんどです。

こんな余裕があれば、ウォークインクローゼットが欲しいとのことです。

4193334_m.JPGなかよしのご夫妻でも、関心事は全く異なります。

奥様は堅実で現実的で、実利を求められます。

家族の真ん中で居場所を確保し、家族の関係性を好まれます。

4577409_m.JPG少しでも多くの収納があることが好きですね。

男性は、論理的な思考回路を持ちますが、実利のない夢が好きで孤独を好みます。

そこで、家族の居ない部屋が欲しいと思う場合が多いのです。

・・・・・けっして奥様が嫌いではないのですが。

4956833_m.JPG子供の時に公園で造った秘密基地のような、自分だけの空間が好きです。

5080262_m.JPG土管の中の秘密基地に隠れて、わくわくしたものですね。

他人に邪魔されない部屋、たとえ大好きな奥さまも入らない部屋。

これは、奥様には理解不能です。

4853152_m.JPG同居をしてますが、男女は全く別物なんです。

5096181_m.JPG家族はその性差を認めあいながら、仲良く暮らすものと思います。

書斎のある間取りに、一瞬感激されたご主人様が、残念ながら、

奥様の猛反対であきらめざるを得ないことになっても、

4645995_m.JPG奥様のお気に入りのクローゼットの一角に、造り付けの机を設けることを

許されますと、ひとまず安心です。

22071075_m.JPG

家族は、お互いの違いを認め合いながら、適度に主張もして暮らすものと思います。

私は、毎日、異なるご家族様の課題の調整で、楽しく設計提案をしています。

<奈良県の自由設計の家、それがランドマークの家づくりの醍醐味です>



所長 森下のひとりごとブログ 

土地探しからの家づくり。桜井市のA様 

奈良県で注文住宅の家づくりをしています。

ランドマークの家づくりは、土地のご紹介からになります。

既に土地をお持ちで、建替えという方は少数です。

現在も土地探し中のお客様が大勢いらっしゃいます。

その中で、奈良県中南和の郊外で、田舎暮らしのA様の為、

桜井市の山中の売り物件の現地確認をしました。

IMG_4080.JPGまさに田舎住まいの物件です。

しかし、この物件はお気に召さず、ほかの物件をご紹介することに。

次に向かったのは、明日香村。

明日香村は、村を上げて「空き家バンク」で新規の入村者を募集されています。

ランドマークでも、昨年、その空き家バンクで土地を購入され、家を新築された

お客様がいらっしゃいます。

IMG_0608.JPGこの、伝統の街並みに、

IMG_3878.JPGいぶし瓦葺きの、モダン和風の家が建ちました。

伝統的な和風住宅とは、やや趣が違うように見えますが、

それは、高さが2200ミリと、とても大きな窓があることによります。

昔の家は、窓高さが5尺8寸で、1760ミリと低く、2階の軒も厨子二階と言い、

意図的に上階を小さくして、どっしりした外観にしています。

ランドマークとして、それは知りながらも、モダン和風とし、明るい住み心地を

優先した住宅を設計しています。

今日は、この明日香村の空き家バンクの担当の方に、相談に行きました。

IMG_4104.JPGさらに、別の情報で、明日香村内の売り物件の現場確認もしました。

ここは明日香村から橿原方向の眺望が良く、雰囲気も良いところでしたが、

今日は、お客様の想定される田舎住まいの物件はありませんでした。

ランドマークは、土地からの家づくりで、売り物件は書類だけでなく、

必ず現地確認をします。

私が納得した物件だけをご紹介するようにしています。

手間はかかりますが、ひとつひとつが、お客様の人生をかけた家になりますので、

そこは、丁寧に土地を調査して、一つづつ企画設計をして、お客様それぞれの

想いを実現できるようにしています。

明日から、また土地探しになります。

A様は中南和の田舎住まいでしたが、H様のならまちの家、O様の北和の家、

H様の王寺町の家など、土地探し中です。

<奈良県の注文住宅は土地からご相談ください」



所長 森下のひとりごとブログ 

奈良市の I 様外構工事中です。 

奈良県奈良市で注文住宅の家づくりをしています。

このたび、奈良市の I 様の住宅の完成後の外構工事を施工中です。

IMG_40525.JPG家の完成前に、3D画像を含む提案をもとに打ち合わせをした外構ですが、

その立体画像どうりの工事が進んでいます。

この外構や門から家に至るアプローチの設計は、施主様のご希望により作成され

3Dで確認の上、決められました。

IMG_40526.JPG細部の仕様や寸法も設計図で確認されています。

IMG_4077622.JPG感動の内外観と合わせ、デザインと住み心地のご満足いただける家づくりが進んで

います。

I 様ご家族様の家づくり、まだまだ進行中です。

<奈良県の自由設計の家、工務店社長との家づくりが出来る仕組みはご相談ください>



所長 森下のひとりごとブログ 

台風のシーズンが来ました。備えは万全ですか? 

奈良県で注文住宅を建てるランドマークです。

台風シーズンになりました。

住宅の構造のリスクは、台風や地震です。

住宅の耐震工法に参考になるのが風圧力の対応。

このところ、耐震等級が高いなどの誤った情報があふれていますが、

これをご覧ください。

5032312_m.JPG海辺の強風に耐える松。

風に逆らわずに、風をいなして、かわしてます。

頑張ってないから、立ち続けています。

松のようですが、まさに「柳に風」ですね。

4970088_m.JPG頑張るとこうなります。

太くて剛な木のほうが倒れます。

風に逆らうからです。

ビクともしない太くて強そうな気がしますが、粘りが無く柔軟性が無いので、

ビクとしたら倒れます。

_OSG6177.JPG住宅もそうですが、ランドマークの家は柔軟に地震力に逆らわずに、

地震力をいなす、制震工法になってます。

e444f00711cf2b62a0afc6dd46b513fdbb9fdef0.JPG国の地震の加震試験機の実験棟では、耐震等級が高い家が倒れ、

固さを下げた家が残りました。

建築と土木では、土木設計の方が先を進んでるように思います。

5186290_m.JPG私たちが利用する道路橋や高速道路は、橋脚と上の橋梁はくっついてません。

支承という点のようなもので載っていて、上の橋梁が地震などで自由に動くように

なっていて、これで地震力をいなしています。

4880164_m.JPGそして、橋梁が抜け落ちないように、鎖が付いています。

・・・・この鎖のゆるみの分、動くようにしてるのです。

これで地震の揺れが小さくなります。

なぜ、木造住宅にこのような工法をとらないのでしょうか。

IMG_4963.JPG特に難しい工法ではなく、合理的な工法がこの減震ベース。

この特許工法をランドマークは標準にしています。

当地ではランドマークが使用できる、特許工法です。

耐震と制震0101.JPG

こうですね。

   ↓

こうはなりたくありません。

耐震と制震0151.JPG4879604_m.JPG地震に安心の家はご相談ください。

特許工法が家族を守ります。

<奈良県の地震に安心な家、ランドマークにご相談ください>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン