所長 森下のひとりごとブログ 

桧の専門店、桜井市の吉田製材のカタログが改訂されました 

奈良県で工務店直接契約の家づくりをするランドマークです。

住宅会社では得られない、安心と価格の価値は、

建築士の会社ならではとの想いで、施主様側に立って家づくりをしています。

IMG_4032.JPG

ランドマークの家づくりにご理解と協力のある業者さんに支えられ、

奈良県の方々に、住み心地良い家をご提供していますが、

弊社を支えていただいてる会社の一つが、

桜井市の大手製材所で、桧専門店の吉田製材。

 

そのカタログが改訂されて、本日届けていただきました。

IMG_4034.JPG

林業の奈良県ですから、植林や伐採から、山を管理される、

その想いが伝わります。

人間は太古の昔から、樹木に囲まれていましたから、

人体が桧をはじめとする木材になじむのは言うまでもありません。

IMG_4036.JPG

IMG_4037.JPG

桧と一言で言いましても、フローリングのようなもので、

平滑に仕上げ、無節のものから、上小節材まで、さまざまなものがあり、

味わい深いものですが、 「なぐり」 「うずくり」 など、さまざまな加工をされて

います。

IMG_4039.JPG

IMG_4040.JPG

敷居、鴨居、縁甲板、框など、、自由にオーダー出来て、

弊社のお客様にも、オーダーで注文をしています。

IMG_4041.JPG

玄関を桧で造ると、とてもやさしい肌合いになります。

IMG_4042.JPG

桧専門店ですが、ウォールナット、カリンなど、ほかの樹種も扱われます。

カリンは色が濃く、硬いので、直に靴で歩く床にも使えて、

アベノハルカスの高級貴金属ブランドの店の床にも採用されています。

IMG_4043.JPG

近鉄奈良駅の大きな柱、

IMG_4046.JPG

桜井木材協同組合の建物、

IMG_4048.JPG

橿原市役所新館、

IMG_4050.JPG

JR桜井線 京終駅舎、

IMG_4051.JPG

道の駅 大淀など、

施工実績は目を見張るものがありますが、

IMG_8227.JPG

エネルギッシュな、吉田専務のご活躍の功績になります。

<奈良県の木造住宅は、ランドマークにご相談ください>



奈良市のYT様、既設建物の解体着手です。 

奈良市で注文住宅を建てるランドマークですが、

このたび、奈良市内でYT様の既設建物の解体工事を着手しました。

IMG_3501.JPG

このゆったりした、心地よい街並みの一角になりますが、

ちょうど条件に合った、古家付きの土地を購入されての、新築住宅の建設になり

ます。

ランドマークは土地のご紹介からの家づくりをしています。

この土地は、売りには全く出ていないものを、所有者を調べて、売りの交渉からで、

いわゆる地上げの一種になります。

提携の不動産屋さんは、お客様のご希望や条件に合う土地を、

ランドマークと共同で探すこともします。

IMG_4210.JPG

解体工事は、いきなり、ガサっと壊すことはなく、

周囲に迷惑のかからないように、養生シートを架設することからになります。

IMG_4218.JPG

前面道路以外に、隣接地に面しても養生シートで入念に覆います。

また、解体については、規模により、市役所に届けを出すのも怠りません。

IMG_4217.JPG

塀や庭は、どこまで解体するか、残すか、綿密な打ち合わせをします。

 

今後、住まいを始められる施主様のYT様の家ですから、

周辺への配慮も慎重に行います。

 

一つ一つが丁寧な家づくりを心掛けるのが、

ランドマークの協力業者の皆さんです。

 

9月下旬からは、いよいよ基礎工事に入ります。

素敵な家への期待を胸に、工事を着手しました。

<奈良県の施主様とご一緒の家づくりは、安心の協力業者のランドマークへ>



特許ウレタン遮熱工法は宇宙服の断熱性が参考。 

奈良県で、工務店直接契約の注文住宅を建てています。

価格と安心の価値をご提供できるのは、

営業マンの売る家でなく、建築士の会社ならではになります。

 

そのランドマークの家は、特に断熱工法で、特別な特徴があります。

ウレタン遮熱③.jpg

特許ウレタン遮熱工法は、外壁の外部に貼るアルミシートが、

太陽光の熱い輻射熱(電磁波)を100%近く反射します。

ウレタン遮熱⑬.jpg

アルミシートはその金属の特性で、電磁波である輻射熱を遮熱するのですが、

3146028e6990515edeb29527541e8011_l.jpg

宇宙服の構造と、共通点があります。

プラス、マイナス数100度の温度差の中、宇宙の船外活動をする宇宙服は、

従来の「断熱」では体を守れませんので、アルミを混紡した複合素材で

出来ています。

建築学では、現在も、 「遮熱」 の概念がなく、

今でも 「断熱」 になり、今だにグラスウールが主流ですが、

これは、夏場にジャンパーを着てるようなもので、暑い夏の太陽光を

効果的に防げません。

180822-img01.jpg

このことに着目したのが、ウィンゲートの高屋社長で、

立命館大学の近本教授の研究室で環境試験で効果は確認され、

特許も得られています。

 

今日は、そのウィンゲートに久しぶりに行き、勉強会です。

IMG_4055.JPG

IMG_4060.JPG

京都府にあるウィンゲート社の場合は、電車で行くことが多いのですが、

その理由は、移動中にお客様や関係各社との連絡を連続的にできるからです。

京都駅のアトリウムの喫茶店で、スマホの充電も必要になります。

IMG_4062.JPG

IMG_4065.JPG

京都からは、嵯峨野線(山陰本線)で、園部に向かいますが、

その途中では保津峡の景観を眺められます。

IMG_4071.JPG

のどかな町ですが、住宅会社でもあるウィンゲート社が、その南丹市周辺で、

年間60棟の施工実績があり、地域でダントツの一位になるのは、

特別な遮熱工法が評価されてるからにほかなりません。

IMG_4082.JPG

これは、弊社にもあったデモキットですが、

この夏に、至近距離から電気ストーブで加熱した場合、

右の一般の家屋では、室内の温度が44度になりますが、

左のウレタン遮熱工法の壁では、室内の温度が27度にしかなりません。

ほとんど熱が通ってないのがわかります。

(宇宙服の家ですね)

IMG_4089.JPG

IMG_4122.JPG

内部は、高価な密度の高いウレタン断熱材を採用していて、

冬の断熱にも、特別な効果があります。

IMG_4115.JPG

別の施工現場にも向かいましたが、常に10棟以上の施工現場があり、

いつでもいろんな工程の現場を見学できるのがウィンゲート社の強みです。

ウレタン遮熱③.jpg

この特許工法の認定会社になるランドマークは、

ずいぶん前から、当地で多くの家を、特許ウレタン遮熱工法で建築していますが、

IMG_4104.JPG

今日は、ウィンゲート社の高屋社長から、

その事業展開について、熱い想いを伺いました。

 

この工法が、日本中で爆発的に普及しても良いはずですが、

ウィンゲート社としては、大手住宅メーカーには特許を提供しないことに

していて、弊社のような地域の有力なビルダーにだけ供給されています。

過去に、大手住宅メーカーからの相談はあったとのことですが。

 

建築学の環境工学で、「遮熱」の概念がなく、「断熱」しかないため、

当分はこの宇宙服のような遮熱の家は、奈良県でもそうたくさん建つことに

なりませんが、ランドマークのお客様には、素晴らしい効果の家を

お建ていただくことができます。

IMG_4130.JPG

IMG_4141.JPG

帰りの特急電車は、コンセントのない車両でしたので、スマホのバッテリーは、

パソコンから充電します。

IMG_4150.JPG

西大寺に来ますと、帰ってきた実感がわきます。

近鉄も女性運転士が増え、颯爽と走って行かれました。

私の2人の子供が女の子ですので、女性の活躍はうれしくなります。

<奈良県の価格と安心の価値の家、注文住宅はランドマークへ>



一戸建てかマンションか・・・・・永遠の課題ではない 

奈良県で注文住宅を建てるランドマークです。

 

住まいづくりで良く議論になることは、

「一戸建て」 か 「マンション」 か、

いつまでも答えのない永遠の課題のようですが、

そうではないように思います。

価値観は人それぞれですが、

1192270.jpg

 

お若くして、立派なマンションを購入されて、快適な住まいをお持ちになって、

1192266.jpg

年老いた場合、

マンションは資産でしょうか。

建物はいずれ価値がなくなり、

特に給水排水や、電気設備、電話やネットなどの情報設備は、

いずれ修繕の時期が来ます。

1197000.jpg

 

このようなタワーマンションでも。

1960年代以降の、住宅公団が大量に建てた鉄筋コンクリートの共同住宅も

建替えがなかなか進まない問題が起きてることが、その参考になります。

477611.jpg

一戸建ての家は、解体工事は100~300万円程度ですが、

大規模なマンションは金額の桁が異なり、

住民の総意での事業はまず、解決ができなく、

もし建替えの合意ができても、法令の改正で、建替えの際の戸数が減少する

こともあります。

 

その際に、新たな部屋を希望しない方に金銭で解決とした場合、

おそらく、住宅公団などの物件でない限りほぼ解決不能の問題が、

いずれ、全国的な課題になるのは火を見るより明らかです。

 

後日、相続の際に、相続放棄や相続税の物納が一つですが、

国も価値のない物件の物納を受けるはずがなく、無限に債務を残すことになる

ことにも。

耐震補強も改修工事もできないマンションが、

大小にかかわらず無数に存在することが、国家的な問題になることは、

明らかですが、今、誰もその火中の栗を拾い、

解決しようとはしていません。

 

例えば、資金のファイナンスの方法はいろいろな金融工学を駆使し、

新築マンションの建築の際に、リサイクル法のように、

その裏付けをもとに建てなければならないようにすべきではないでしょうか。

1061849.JPG

東京など、一局集中し、一戸建てを建てたくても、マクロ的に見て、土地や

資金的に無理の場合、そのように、今、コストを大幅に上乗せして建てるように

しなければなりません。

 

ヨーロッパのイギリスやフランスのように、住まいが、道路面にすぐに面して、

建蔽率100%で、築100年以上でも、大切に改修しながら住み続ける、

そのような街並みも考えられます。

耐震改修や設備の改修はできないながら。

 

英国や米国の首相や大統領、王室の人々が、取材陣の前で、

家のマンションから僅か数段の階段を降り、道路に出てる家の道路付きが

目に出来ますね( 行ったことはないですが(;´・ω・) )。

 

奈良県の一戸建て、注文住宅は、ランドマークにご相談ください。

ただただ安い家でなく、しっかりした注文住宅で、原価の高い家ながら、

工務店直接の契約の仕組みでお得な家をお届けしています。

  861146.jpg

15坪の家から対応は喜んで、お役に立ちたいと活動しています。

<奈良県の家造りはランドマークにご相談ください>



橿原市のE様、基礎工事が完成です。 

奈良県橿原市で、工務店への直接契約ができるランドマークです。

 

このたび、橿原市のE様の基礎工事が完成しましたので、

現況確認をすることに。

IMG_3988.JPG

基礎内部は床下になる部分です。

建物が完成した際に、見えなくなる部分ですから、精巧に作り込みをしています。

一か所の点検口から床下に入れば、建物全体に行けるように、基礎梁に開口を

設けています。

パズルのようですが、すべての部分がつながって、体が入るようになっています。

IMG_3993.JPG基礎の外部には、排水設備が仕込まれています。

また、上棟してからは、施工が困難な給湯器の基礎も予め、この工程で施工

されています。

IMG_3996.JPG

1,2階のキッチンやトイレなどの設備に向けて、施工図どうりに整然と

配管を施工しています。

手慣れた工事になります。

IMG_3999.JPG

基礎の土台へのアンカーも施工図どうりですが、

要所要所には、土台を貫通して、基礎と柱を直接につなぐホールダウン金物という

長いアンカーも、設計どうりに施工されています。

IMG_3143.JPG

後に、上の写真のように、土台を伏せる際に、

地震対策の制震工法の「特許減震ベース」を伏せることになります。

着々と、基礎工事を施工し、近く予定される、棟上げを待つことになります。

<奈良県橿原市の家造りはランドマークにお任せください>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン