所長 森下のひとりごとブログ 

生駒市のS様、外壁の色決めです。 

奈良県の上質な注文住宅を造るランドマークです。

ランドマークの特徴は建築士の会社ですので、

壁、屋根、内外装、キッチンなどの設備なども、全て自由に選べることが

ランドマークの魅力です。

決して、決まったものを売り込む家ではありません。

210928外観01.JPG施主様のご希望の家は様々で、知り合いの家やネットで見た家のお気に入りの

色や材質等は無限にあり、設計者がこれが一番良いと言い切れるものでは

ありません。

IMG_4499.JPG今日はカタログで予めご覧いただいた外壁の見本を取り寄せましたので、

実物をご覧いただきましたが、

室内ではわからない色合いを太陽光の下で見比べていただきました。

カタログは写真ですので、実物を屋外で見ますと、意外な違いが判ります。

納得の家づくりの為、建物の各部位を丁寧に説明し、棚板一枚に至るまで

丁寧に寸法や色合いなど打合せをしているところです。

<奈良県の工務店直接契約の家、丁寧な家づくりはご相談ください>



所長 森下のひとりごとブログ 

現在、設計案件が多く、ブログ更新が少なくなりました。 

奈良県で注文住宅の家づくりをするランドマークです。

このところ、弊社への問い合わせが多く、設計業務に忙殺され、

ブログ更新をなまけていました。


幸せな悩みですが、ランドマークの家づくりにご好評を頂き、

昼も夜中も、次々と住宅の設計をしています。

施主様のご家族様に感動と幸せを届けることの貢献できる喜びを

お客様からいただいてます。

その上質な家は、工務店直接契約の安心と価格の価値を伴います。

これが可能なのは、建築士の会社ランドマークとその想いと共感でつながる

仲間の複数の工務店の社長さんたちの活躍。

210616外観01.JPGランドマークの住宅の企画提案は、

間取り図は当然ですが、

210616鳥瞰01.JPG立体のCGでご覧いただくようにさせていただいてます。

私たちは、大工さんたちと話しあう時は無意識に平面詳細図や展開図などの図で

していますが、

お客様とは、基本はこのような立体のCGを活用しています。

これをご覧にならないと、なかなか設計内容のご理解が進みません。

22040074_m.jpgこの設計図に囲まれる人ですが、実は、私ではありません。(>_<)

やや違います、

頭髪が少なく、身長が低く、やや肥満で、短足で、胴長ですが、

似てませんでしょうか?

ところで、現在の設計業務の手持ちは、橿原市の駅近の分譲地の建物の企画設計ほかで、

複数の家を設計しています。

日夜。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1367929_m.jpg★1★近鉄新口駅徒歩3分の土地。

 土地建物で3500万円前後になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1269635_m.jpg4035770_m.jpg

★2★近鉄耳成駅徒歩15分で、

   JR香久山駅徒歩3分

 土地建物で3500万円前後になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ↓   ↓   ↓

橿原市の分譲地 (lam.co.jp)


土地からの家づくりは、お問い合わせください。
<奈良県の土地からの家づくり、ランドマークへご相談ください>



所長 森下のひとりごとブログ 

生駒市のS様、車庫工事ができました。 

奈良県生駒市で注文住宅の家づくりをしています。

このたび、S様の地下車庫の変更工事が完成しました。

?????、地下車庫の変更?

奈良県各地では、容積率の厳しい地域があります。

特に、住宅街ですが、建築できる建物の延べ床面積を制限する規制になります。

容積率が60%ということは、敷地面積より、建築できる家の延べ床面積の割合が

60%以下ということになります。

IMG_4054.JPGこの土地は、地下駐車場のある価値の高い敷地で、屋根まである立派なものですが、

逆に、この車庫がとても大きく、この敷地で建てられる家の面積に制限が

かかります。

そこで、車庫の面積を減らす工事(減築)をあえてすることになりました。


車庫の面積は、敷地に対する容積率に「緩和規定」がありますが、

ここはその緩和規定以上に制限がかかりましたので、住宅の面積に影響しないまで、

あえて車庫の面積を小さくする減築の工事となりました。


このたび、その工事が完了しましたので、

やっと、住宅の本体工事に着手することになったのです。

IMG_4582.JPG少し見えにくいですが、車庫の奥の壁が、手前になっています。

この部分に鉄筋コンクリート造の壁を設けました。

IMG_4580.JPGこれにあわせて、車庫への電源の空配管も設け、防水工事もしました。

きれいな打ち放し型枠で、美しい壁になっています。

IMG_4573.JPGこの日は、住宅の着工に先立ち、住宅のGL(設計地盤面)の設定をすること

になり、施主様のS様の立ち合いのもと、レベルを据えて、GLと、

その基準点(ベンチマーク)を決定しました。

いよいよ、S様の家の基礎工事の準備ができました。

<奈良県の注文住宅、工務店への直接契約はご相談ください>



所長 森下のひとりごとブログ 

地盤補強の一種、砕石パイル工法の営業を受けました 

奈良県で注文住宅の家づくりをするランドマークです。

弊社には、住宅会社として、様々な営業の方々が来社されます。

今日は、砕石パイル工法の会社の営業を受けました。

IMG_448896.JPG地盤補強のいろいろな工法を並べた資料をいただきました。

IMG_448891.JPG一般的な住宅の地盤補強は、現場で施工するコンクリート杭の「湿式柱状改良杭」で

弊社は主にその工法を採用しています。

IMG_446692.JPGこのたびの「砕石パイル工法」は、コンクリートの代わりに砕石を使用する工法で、

この営業の方は、安くできるのが特長とのことでした。

しかし、私の関心事は構造的な問題で、地震時の剪断について質問をしました。

また、地震力は水平だけでなく、鉛直方向で、下から突き上げるものもあります。

いろいろなリスクに対して、構造設計者として関心のあることに対して、

質問をしたのですが、全くそれにたいするお答えがいただけず、

ただ、安いですとか、年間何棟の施工ですかとの話だけで閉口しました。(>_<)

いじわるをした訳ではないのですが、特殊な施工工法の営業ですから当然に

適切な回答をいただく必要があります。

どうも一方的な営業トークではなく、変化球のような質問は対応が出来ないようです。

IMG_449005.JPG

営業は大変な仕事ではありますが、歌を歌うように、決まった流れの話は延々

できますが、その途中で変化球がくると困ります。

この工法では、地震時の液状化の対策にもなるとのことで、それは理解しましたが。

要は営業の方で、技術的なことは説明が出来ないようで、売るだけの方でした。


この工法は、実は旧知の工法でしたが、地震時の剪断の問題など疑問が多々あり、

安いからといって、大切なランドマークのお客様の家には採用できないと

思っていた工法です。

私、森下は今や、デザインの優れた家、住まいとしての環境性能の良い家、

感動と幸せの家を造るのが主な事業になりますが、

AZ外観.JPG

元は構造系の技術者で、大学の時はセメントと水と砕石と砂を手練をして、

コンクリートの供試体や鉄筋コンクリート造の構造モデルを作り、

圧縮試験機やジャッキなどで試験をしていました。

私たち科学者は、構造等の課題について、仮説を立てて、それを裏付けする実験を

繰り返すことで、自分の科学的な課題を解決するものです。

このたびの営業の方は、失礼ですが建築構造技術者ではなく、

文系の方のようで、残念ながらランドマークにはこの工法は採用されませんでした。

営業の方、お疲れ様でした。

ご期待のそえず申し訳ございません。

住宅を購入される方は、営業マンの説明を受けることになりますが、

説明される営業の方が、必ずしも建築の専門家でない場合があります。

過去に、「耐震等級」が高くても家族の安全には寄与せず、「制震工法」が

住宅には必要と説明させていただきましたが、

ぜひ、信頼できる方に大切な家の相談をし、納得の価値ある家をお建てください。

<奈良県で性能が良く安心の家をご提供するランドマークです>



所長 森下のひとりごとブログ 

生駒市のS様、キッチンなどの設備のショールームご案内です 

奈良県生駒市で家づくりをするランドマークです。

工務店直接契約で、丁寧な打合せのオーダーメイドの家ができます。

901外観01.JPGこのたび、生駒市のS様の家づくりを始めるにあたり、

キッチンなどの設備機器のショールームをご案内させていただきました。

この地下車庫は、既存の車庫を改修して利用します。

すべてが、オーダーメイドになります。

パナソニックのショールームをご覧いただきました。

IMG_4256.JPG

IMG_4265.JPGキッチンや、

IMG_4259.JPGシャワーヘッドなど、各種の設備機器は、奥様がとても気になる部位になりますね。

IMG_411397.JPGさらに、別の日の午前に室内建具や床材などの建材もご覧いただき、

丁寧に色決めをし、

IMG_440007.JPGその日の午後に、LIXIlのショールームをご案内となりました。

IMG_4413.JPGパナソニック、LIXILともそれぞれ特徴があり、魅力の商品群で、迷います。

この度のポイントは、外国製の食器洗浄機が納められるかを検討しました。

両メーカーのショールームとも、ランドマークと工務店の社長が同行しました。


また、別の日に、ご本人様だけで、タカラスタンダードのショールームを

見学されています。

このように、ランドマークでは。どのメーカーでもどの商品でも全く制限なく、

お選びいただけます。

ここが設計事務所の家づくりならではになります。

いろいろなメーカーの商品を1点ずつお選びいただいても、特に金額が上がること

なく、ご納得いただけるまで、お選びいただけるのが、

ランドマークの家づくりになります。


ところで、この日のパナソニックショールームで、橿原市で建築予定のY様

ご家族様とお会いしました。(^^♪

予約なしの見学とのことでしたが、世の中狭いですね。

この日はランドマークのお客様2組がショールームご来店です。

<奈良県の工務店直接契約の家は、ランドマークへ>



 
お問い合わせはコチラ
資料のご請求はコチラ
注文住宅 奈良県 施工作品 メールマガジン